読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の踏切番日記

人生LARKしたい

シャーロック・ホームズとスチームパンクとマリア・アマンダ

雑記 読書 steampunk

MY LIBRARYーーーーーーーーー

シャーロック・ホームズヴィクトリア朝の怪人たち(1・2)

ジョージ・マン/編 尾之上浩司/訳

扶桑社ミステリー(2015/09/10・11/10)

★★★

────────────────────────────
f:id:morifumikirikita319:20170313094517j:image

Sherlock Holmes by Sydney Paget(1904)

 

 

🐱先週はピンタレストPinterest)でスチームパンク・ファッションのピン(画像)を集めるのについ夢中になってしまった。ピンタレストは元々ファッション関係に強いので色んなファッションのピンが豊富にあって次から次へと良いなと思うピンが出てくるのでキリが無いのだ。

Steampunk Girls - 森の踏切番日記

 

🐱スチームパンク・ファッションの中でも特にスチームパンク・ゴスが好きなのだけれど、スチームパンク・ゴスのピンを探すと、ゴシックのピンも当然出てくる。ゴシックが出てくれば、ゴスロリも当然出てくるし、ゴスロリが出てくれば、ロリータも出てくるし、ロリータが出てくれば、ロリータパンクも出てくる。ロリータパンクが出てくれば、当然昔ながらのパンクも出てくるし、アフロパンクも出てくるし、サイバーパンクまで出てくるし、普段は目にしない世界を色々垣間見られて興味深かった。

🐱ゴシックは、昔から好きだったのだけれど、やはり良いなあと改めて思った。特にMaria Amandaという人がすごく素敵だ。デンマーク人のモデルのようだ。推定28歳。思わず「MariaAmanda」ボードを作ってしまった。

🐱そう言えば、桜庭一樹の『GOSICK RED』をまだ読んでなかったな。読まなくては。

 

 

🐱こちらが Maria Amanda

 

f:id:morifumikirikita319:20170307190323j:image

✝✞✝ ᾔ૯ℴ~√ḯℭィℴ૨ḯaᾔ Ɠℴ†ℎḯℭ ✝✞✝ | MariaAmanda | Pinterest | Goth dress, Victorian gothic and Skirt pants

 

 

🐱エルサそっくり


f:id:morifumikirikita319:20170307214335j:image

MariaAmanda (Maria Amanda) - DeviantArt

 

 

🐱それはともかく、実を言うと、スチームパンク作品自体にはあまり興味がない。スチームパンクは設定が全てで内容的には他愛のないものが多いという印象(偏見)がある。小説にいたっては、ほとんど読んだことがない。スチームパンクは蒸気が出てナンボのものだから絵がないと面白くない。

 

🐱スチームパンクは設定が全てだから、スチームパンク・パイレーツとか、スチームパンク・バンパイアハンターとか、スチームパンクシェイクスピアとか、スチームパンク不思議の国のアリスとか、スチームパンクスターウォーズとか、スチームパンクスパイダーマンとか、スチームパンク・ニンジャとか、とにかく何でもありである。

 

 

🐱こちらはスチームパンク・赤頭巾


f:id:morifumikirikita319:20170307202306j:image

Steampunk Red Riding Hood | Steampunk | Pinterest | Steam punk, Red riding hood and Steampunk fashion

 

 

🐱こちらはスチームパンクハローキティ


f:id:morifumikirikita319:20170307190748j:image

Etsy.com | 世界中のクリエイティブな人々からユニークなショッピング体験より

(現在は販売していません)

 

 

🐱そういう訳なので、当然のことながらスチームパンクシャーロック・ホームズもあるのだ。上に挙げた『シャーロック・ホームズヴィクトリア朝の怪人たち』は、ホームズ・パスティーシュのアンソロジーで、全部で14本の短編が収録されている。作者はプロフィールから判断して、英国を中心としたB級の作家が多いという印象である。内容の方もB級の作品が多いが、そのB級の味わいが良いといえる。

🐱H・G・ウェルズの『宇宙戦争』の世界観で描かれたエリック・ブラウンの「火星人大使の悲劇」では火星人が出てきたり、デイヴィッド・バーネットの「ハドソン夫人は大忙し」では、実はハドソン夫人が名探偵だったり、本格的なホームズ・パスティーシュもあったりと、バラエティーに富んだ内容なので、それなりに楽しめた。

🐱中でも気に入ったのが、ニック・カイムの「シャーロック・ホームズフランケンシュタインの怪物」である。これには、フランケンシュタインの怪物だけでなく、スティーヴンスンのあの有名なキャラクターまで登場するという破天荒な内容である。そう言えば、『屍者の帝国』を本棚に突っ込んだまま未読だった。読まなくては。

🐱そして、編者ジョージ・マン自身の作品「地を這う巨大生物事件」がスチームパンクの世界で活躍するシャーロック・ホームズを描いている。ジョージ・マンはスチームパンクのシリーズ物を手がけていて、そのシリーズの世界にホームズとワトソンを登場させているのである。話としては他愛のない話だが、蒸気仕掛けの怪物と対決するホームズが見物である。

 

 

🐱こちらは、言わずと知れたGuy Ritchie監督によるRobert Downey Jr.Jude Lawの“A Game of Shadows”(2011)

 

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (字幕版)

 

 

 

 

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち1 (扶桑社ミステリー マ 34-1)

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち1 (扶桑社ミステリー マ 34-1)

 

 

 

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2 (扶桑社ミステリー)

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

 

📄関連日記

🔘ピンタレストで見つけたゴスな画像 - 森の踏切番日記 

🔘Steampunk Girls 2 - 森の踏切番日記

 

 

 

 

『おんな城主直虎』第9回の感想

TV ドラマ 感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』

第9回 桶狭間に死す


f:id:morifumikirikita319:20170305212738j:image

井伊直盛杉本哲太)は今川義元春風亭昇太)に従い、尾張攻めへ向かった。父親の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に、思わぬ悲報が飛び込む。桶狭間の戦いで今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたというのだ。

負傷兵たちの手当てに次郎法師が奮闘する中、供をしていた奥山孫一郎(平山祐介)から直盛の最期の様子が語られる。一方、松平元康(阿部サダヲ)は空になった古巣の岡崎城に入城し、ついに今川家からの独立を果たす。

 

────────────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20170305210654j:image

今回の桶狭間の戦い


f:id:morifumikirikita319:20170305210715j:image

合戦の場面は少なめだったが


f:id:morifumikirikita319:20170305210734j:image

十分に伝わるものがあったので


f:id:morifumikirikita319:20170305210747j:image

これはこれで良かったと思う。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305212752j:image

今川方、特に井伊隊にしてみれば

 

f:id:morifumikirikita319:20170305210819j:image

訳が分からないまま負けたのだろう。


f:id:morifumikirikita319:20170305210832j:image

無事を祈る井伊谷の人々の


f:id:morifumikirikita319:20170305210846j:image

不安な様子も


f:id:morifumikirikita319:20170305210855j:image

よく表現されていたと思う。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305210904j:image

オープニングまでに桶狭間の戦いが終わっても


f:id:morifumikirikita319:20170305210913j:image

納得のできる作り方だった。

 

 

f:id:morifumikirikita319:20170305211529j:image

今川義元、最初にちょろっと出ただけで死んじゃったな。シュリンプ信長は今回は出なかったし。井伊家目線だとそうなるわな。井伊家と彼らとの距離感が分かるわな。


f:id:morifumikirikita319:20170305210925j:image

この時、松平元康は19歳(満17歳)。

 

f:id:morifumikirikita319:20170305210934j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305210945j:image

瀬名の言葉を思い出しても駿府には戻らないとな。薄情な奴め。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305211552j:image

実際は、落ち武者狩りとかで道中大変だったのではないだろうか。


f:id:morifumikirikita319:20170305211612j:image

弟の死も政次のその後の人生に


f:id:morifumikirikita319:20170305211622j:image

大きな影響を及ぼしたということになるのだなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170306110241j:image

ぼっちになり申した。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305211631j:image

こちらは


f:id:morifumikirikita319:20170305211639j:image

駿府のおぼっちゃま。


f:id:morifumikirikita319:20170305211647j:image

ボクちん、知~らない。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305211656j:image

元康「戻れてしまったの」

この元康の描き方には、いまだに違和感を覚えるな。そんなに簡単な話ではないと思うし。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305212823j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305212837j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305212909j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305212925j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305212937j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305212952j:image

泣かせるなあ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305213012j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305213003j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305213026j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305213037j:image

泣かせるなあ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305213050j:image

数日後。


f:id:morifumikirikita319:20170305214551j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305214604j:image

直盛の遺言を伝える孫一郎。


f:id:morifumikirikita319:20170305214622j:image


f:id:morifumikirikita319:20170306105226j:image

直盛の真意を推し量る政次。頭が良くて弁が立つ。理を優先するタイプ。


f:id:morifumikirikita319:20170305214639j:image

直盛は善かれと思っての判断だったのだろうが、やはり変則的な決定は混乱を招きかねない。


f:id:morifumikirikita319:20170305214708j:image

直親が井伊谷に帰還してまだ五年ということもあったのだろうが、義父の奥山朝利が後見を務めれば問題ないのではないか。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305214721j:image

従って、奥山朝利がこの決定に不信を持つのは自然な流れに思われる。


f:id:morifumikirikita319:20170305214733j:image

小野政直の事があるからなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170306105212j:image

孫一郎「立て板に水を流すがごとく申しておられました」


f:id:morifumikirikita319:20170305214744j:image

朝利「再び乗っ取りを始めるつもりなのじゃ」


f:id:morifumikirikita319:20170305214754j:image

親の因果が子に報いとるな。たとえ、政次にそんな気がなくても疑われてしまう。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305214806j:image


f:id:morifumikirikita319:20170306111913j:image

政次は目付として有能なので仕事をテキパキとこなしてしまう。


f:id:morifumikirikita319:20170306111926j:image

直親としては面白くない決定だろうが、人生を前向きに考えるタイプなのか、深く考えるのが苦手なのか、切り替えが早い。朝利に対しても政次をかばっているし、単なるお人好しか?

 


f:id:morifumikirikita319:20170305220258j:image

今年の大河ドラマは、家族愛の様々な側面を


f:id:morifumikirikita319:20170305220314j:image

描いていこうという趣旨のようだ。


f:id:morifumikirikita319:20170305220325j:image

母を気遣う次郎。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305220336j:image

一度、疑い始めたら


f:id:morifumikirikita319:20170306111941j:image

あらゆる行動が怪しく思えてくるもの。 


f:id:morifumikirikita319:20170306112158j:image

主導権争いという一面もあるし


f:id:morifumikirikita319:20170306111955j:image

自身が手負いであることもあって焦っておるな。

 


f:id:morifumikirikita319:20170306130053j:image

朝利から文を受け取った政次は、なつと相談する。

 
f:id:morifumikirikita319:20170306132757j:image

なつ「お方様より、できればこちらに留まって欲しいとの文をいただきました」


f:id:morifumikirikita319:20170306130127j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305220442j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305220454j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305220503j:image

 

f:id:morifumikirikita319:20170305220843j:image

この笑顔に偽りはないと思いたいわなあ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305220859j:image

こちらは完全に頭にきちゃってますな。


f:id:morifumikirikita319:20170305220909j:image

もはや、ただでは済まない展開。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305220919j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305225331j:image

信長と手を組む前は


f:id:morifumikirikita319:20170305225348j:image

そういう解釈もできるはのう。


f:id:morifumikirikita319:20170305225402j:image

じゃが、それは。


f:id:morifumikirikita319:20170305225417j:image

分かっておりまする。


f:id:morifumikirikita319:20170305225431j:image

そこまで考えてますか。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305225450j:image

母を思う娘と


f:id:morifumikirikita319:20170305225503j:image

娘を思う母。


f:id:morifumikirikita319:20170305225531j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305225547j:image

この手紙は、本当に良かった。


f:id:morifumikirikita319:20170305225600j:image

そなたのお父上はお優しく

人の心を大切になさる方でした

それは時として頼りないと映るほどに

けれどお父さまは私心はなく井伊のためとあらば

どこまでも身を削られる覚悟のある

そういうお方にございました

井伊のために出家をし井伊のために還俗も諦めた

そなたはお父上に似ています

さようなそなたが今ここにいてくれる事が

私にとって何よりありがたい事にございます


f:id:morifumikirikita319:20170305225643j:image

直盛「いつか、もし」

直盛「世が治まり、穏やかになったら」

直盛「辻が花でも着せてやりたいのう」

直盛「美しいぞ、きっと」

直盛「あの月とどっちが美しいかのう」

たとえ月のない夜でも


f:id:morifumikirikita319:20170306170122j:image

気丈なあなたのこと我が身は墨染めと

無理をしているようにお見受けします


f:id:morifumikirikita319:20170305225659j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305225711j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305225731j:image

泣かせるなあ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305230450j:image

そこへ、直親としのが訪れる。


f:id:morifumikirikita319:20170305230506j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305230519j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305230534j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305230545j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305230558j:image


f:id:morifumikirikita319:20170305230612j:image

泣かせるなあ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170306134921j:image

朝利に呼び出された政次。

朝利「嫌がってもそなたが戻れと言えば済む話ではないか」

政次「亡き殿が結んで下さった玄蕃となつ殿とのご縁にてございます。大切にしていきたいと存じております」

朝利「亥之助がこちらに来てしまえば、そちが人質を取られた格好になるからか?」

朝利「図星じゃろ」


f:id:morifumikirikita319:20170306134908j:image

政次「さような事は毛筋ほども考えておりませなんだが」


f:id:morifumikirikita319:20170305231909j:image

政次「そのようにお考えになられるという事にございますか?」

政次「つまり、亥之助は小野から取った人質であると」


f:id:morifumikirikita319:20170305231926j:image

スイッチが入った時の政次の弁舌はすごいね。


f:id:morifumikirikita319:20170305231938j:image

いかにも政直の子と思わせる。


f:id:morifumikirikita319:20170305231950j:image

それがまた相手をカッとさせるのだが。


f:id:morifumikirikita319:20170305232001j:image

今回は次郎と千賀のシーンでは泣かせて、政次のシーンは悲劇的な展開でどちらも見応えがあった。


f:id:morifumikirikita319:20170305232011j:image

まさに、ドラマ的展開。 


f:id:morifumikirikita319:20170305232022j:image

理屈の通用しない相手でした。

 


f:id:morifumikirikita319:20170305233110j:image

普段はツンな態度をとりながらも


f:id:morifumikirikita319:20170305233807j:image

いざという時に


f:id:morifumikirikita319:20170305233210j:image

政次が頼れるのは


f:id:morifumikirikita319:20170305233225j:image

おとわしかいなかったのね。

 

 

次回予告
f:id:morifumikirikita319:20170305233832j:image

結局、政次は自分ではどうすることも出来ない運命に翻弄されてしまうのか?


f:id:morifumikirikita319:20170305233841j:image

竜宮小僧、引っ張るなあ。そこまで重要なキーワードになるとは思わなかった。


f:id:morifumikirikita319:20170305234221j:image

薄情な三河のぼんやりクンの瀬名に対する気持ちが今回は分からなかった。


f:id:morifumikirikita319:20170305233910j:image

おぼっちゃま、ブチ切れる!

 

 

 

📄この記事の続き

🔘『おんな城主直虎』第10回の感想 - 森の踏切番日記

 

📄関連日記

🔘『おんな城主直虎』第8回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第7回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第6回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第5回の感想は無理! - 森の踏切番日記

 

 

 

 

奄美大島でブラタモリ

TV 感想

ブラタモリ』#66奄美大島

~自然をいかした奄美の“宝”は!?


f:id:morifumikirikita319:20170304204006j:image

近江「あぁ、すごい。あぁ、もう。大好きなんですよ。うぇぁい。うれしい。食べられちゃう💓」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:morifumikirikita319:20170304204157j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304204115j:image

タモリ「太平洋ですよ。これは」

近江「あ~、波の音が」


f:id:morifumikirikita319:20170304204136j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304204218j:image

😽などと言いながら、実はハブが心配なタモリさん。


f:id:morifumikirikita319:20170304204234j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304204254j:image

😽島豚のおいしさを思い出してウットリする近江アナ。


f:id:morifumikirikita319:20170304204306j:image

😽島唄


f:id:morifumikirikita319:20170304204321j:image

町「イモ~レ、タモリさん。ようこそ奄美へ」


f:id:morifumikirikita319:20170305051941j:image

奄美大島。温暖な気候。広大なマングローブ。神秘的な亜熱帯の森。サンゴ。自然の楽園。


f:id:morifumikirikita319:20170304204345j:image

町「ところで近江さん、ソテツってどういう漢字書くか分かりますか?」

 

f:id:morifumikirikita319:20170304204355j:image

🙀いきなり漢字テスト。


f:id:morifumikirikita319:20170304204428j:image

🙀これは難易度高いな。


f:id:morifumikirikita319:20170304204442j:image

 町「奄美の人がいかした自然、実はこれなんです。土です」

タモリ「これが宝ですか」


f:id:morifumikirikita319:20170304210856j:image

タモリ「へ~、何でしょうね?」


f:id:morifumikirikita319:20170304210922j:image

タモリ「どこから…」

近江「無言で」


f:id:morifumikirikita319:20170304210938j:image

🐱土のスペシャリスト。


f:id:morifumikirikita319:20170304210957j:image

🐱赤黄色土。


f:id:morifumikirikita319:20170304211013j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211027j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211043j:image

草彅「そこにたくさんの雨が降ることで」


f:id:morifumikirikita319:20170304211100j:image

草彅「土に残った鉄分は空気中の酸素に触れて酸化」


f:id:morifumikirikita319:20170304211112j:image

草彅「土の色が赤いのは鉄分が多い証拠」


f:id:morifumikirikita319:20170304211126j:image

🐱鉄の単体は天然には存在しない。この場合、四酸化三鉄Fe3O4だろう。四酸化三鉄は、Fe(Ⅱ)とFe(Ⅲ)の混合酸化物(FeO・Fe2O3)。これが酸化されてFeOOHになるということだろう。


f:id:morifumikirikita319:20170304211140j:image

🐱奄美の赤黄色土は、いわゆる赤土(アンドゾルまたは火山灰土壌)とは種類が異なる。また、本土の古い土壌の遺物と考えられる赤黄色土とも異なる。


f:id:morifumikirikita319:20170304211157j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211208j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211226j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211240j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211252j:image

奄美大島に多く自生している木。


f:id:morifumikirikita319:20170304211315j:image

1回煎じるのに600kgぐらい。


f:id:morifumikirikita319:20170304211329j:image

常温に戻す。


f:id:morifumikirikita319:20170304211347j:image

金井「すると、こういう…」

金井「赤っぽい色になっていきます」


f:id:morifumikirikita319:20170304211357j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211408j:image

完成品


f:id:morifumikirikita319:20170304211418j:image

タモリ「渋いね」


f:id:morifumikirikita319:20170304211432j:image

🙀200万円!


f:id:morifumikirikita319:20170304211441j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304211449j:image

🙀大島紬といえば、黒。


f:id:morifumikirikita319:20170304211458j:image

町「染めているのは赤い色ですよね」


f:id:morifumikirikita319:20170304211507j:image

土スペ「鉄分の多い土壌をいかして、この大島紬ができます」


f:id:morifumikirikita319:20170304211524j:image

金井「この中で泥染めを行うんですけど」


f:id:morifumikirikita319:20170304212530j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304212548j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304212600j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304212613j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304212629j:image

なぜこのような変色が起こるのか?

 

 

ブラタモ実験コーナー
f:id:morifumikirikita319:20170304212640j:image

🐱鉄分を溶かした水とタンニン酸が含まれるお茶を


f:id:morifumikirikita319:20170304212652j:image

🐱泥田とテーチ木の染料に見たてて


f:id:morifumikirikita319:20170304212702j:image

🐱混ぜてみると…


f:id:morifumikirikita319:20170304212711j:image

🐱あら不思議!


f:id:morifumikirikita319:20170304212720j:image

🐱どうでしょう?


f:id:morifumikirikita319:20170305155838j:image

カテキンの構造

 

🐱タンニンは、多数のフェノール性水酸基(-OH)を持つ複雑な芳香族化合物の総称で、タンニン酸という化合物があるわけではない。有名なのは、上の茶カテキンの他にワインに含まれるタンニンや渋柿の渋味成分で、それぞれ構造は異なる。テーチ木のタンニンも構造が異なるが共通点はフェノール性水酸基を持つことである。

🐱多分、テーチ木のタンニンがFe(Ⅱ)酸化物(2価)と反応して無色の水溶性第一鉄塩(2価)になり、それが酸化されて黒色の不溶性第二鉄塩(3価)が生成されるのだと思う。


f:id:morifumikirikita319:20170304212729j:image

赤い土を泥田に入れるわけではない。

🐱赤黄色土の鉄分は3価なので反応しない。


f:id:morifumikirikita319:20170304212739j:image

🐱錆びるには水分と酸素が必要。


f:id:morifumikirikita319:20170304212750j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304212800j:image

タモリ泥染めに挑戦。

 

金井「実際は中腰で1時間ぐらいやる」

タモリ「え~ これを!?」

タモリ「黒つくるには相当かかるんだな」

近江「いかがでした、染め師?」


f:id:morifumikirikita319:20170304214358j:image

😽奄美のカエルは冬眠しないのか?


f:id:morifumikirikita319:20170304214412j:image

草彅「しかし、長年同じ泥田で作業を続けると」


f:id:morifumikirikita319:20170304214425j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304214441j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304214455j:image

金井「ソテツの葉を泥田に入れておくと鉄分が補給できる」


f:id:morifumikirikita319:20170304214507j:image

🐱なぜ効果があるのか科学的にはまだ分かっていないとのこと。バクテリアとかが関係しているのか?

 

🐱ちなみに、ソテツ(蘇鉄)とは|ヤサシイエンゲイによると

「蘇鉄」の名前の由来は、この木が衰えたときに幹に鉄くぎを打ち込んだり鉄類を株元に与えるとよみがえって元気になるという言い伝えにちなみます。

とのこと。


f:id:morifumikirikita319:20170304214524j:image

島の自然をフルに利用して生み出された大島紬は、まさに奄美の宝。


f:id:morifumikirikita319:20170304214534j:image

山本「着てるようにすることができます」

タモリ「あ、そうなんですか」


f:id:morifumikirikita319:20170304214552j:image

草彅「なんと、使うのは反物一本」

近江「軽いですね。着やすい」

 

f:id:morifumikirikita319:20170304214602j:image

菱形の中の赤い色がソテツの実を表現、その周りのクネクネがハブを表現している。


f:id:morifumikirikita319:20170304214616j:image

🐱今となっては、高級普段着?


f:id:morifumikirikita319:20170304214627j:image

草彅「奄美の宝、大島紬。自然をいかすために知恵を絞り工夫を凝らして生まれた事が、よ~く分かりました」

 

🔎龍郷町Google マップ
f:id:morifumikirikita319:20170304220607j:image

町「奄美の人たちが米づくりのために工夫した痕跡を見ていきたい」


f:id:morifumikirikita319:20170304220622j:image

町「非常に歴史に詳しいマニアックな方」


f:id:morifumikirikita319:20170304220637j:image

草彅「江戸時代、米をつくる場所の確保が大きな課題でした」


f:id:morifumikirikita319:20170304220658j:image

川元「寒いと昼間は出ないです」

川元「お嫌いですか? ハブ」


f:id:morifumikirikita319:20170304220716j:image

😽ハブに対する警戒心がハンパない森田氏。


f:id:morifumikirikita319:20170304230532j:image

タモリ「ヒャン?」

川元「コブラ科」

タモリコブラ科?」


f:id:morifumikirikita319:20170304220753j:image

タモリ「あ~…」

タモリ「まあ似てなくもないですけど…」


f:id:morifumikirikita319:20170304220814j:image

草彅「工夫の痕跡なんです」


f:id:morifumikirikita319:20170304220830j:image

タモリ「人工堤防だ」

川元「もう、まさにその通りでございます」


f:id:morifumikirikita319:20170304220847j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304220900j:image

川元「潮の満ち引きで決壊する恐れが」


f:id:morifumikirikita319:20170304225209j:image

潮が満ちてくると水圧に耐えられない恐れがあった。


f:id:morifumikirikita319:20170304225223j:image

草彅「そこで自然を生かした工夫でこの問題を解決したんです」


f:id:morifumikirikita319:20170304225237j:image

川元「とおし穴は、堤防に押し寄せる潮の逃げ道」


f:id:morifumikirikita319:20170304225247j:image

草彅「堤防にかかる水圧を減らしたんです」


f:id:morifumikirikita319:20170304225301j:image

草彅「海水が水田に入らない工夫をしました」


f:id:morifumikirikita319:20170305133109j:image

草彅「新しくつくった水田を守る工夫をしたんです」


f:id:morifumikirikita319:20170304225317j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305133832j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305133841j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304225336j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304225347j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304225356j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304230600j:image

タモリ「サトウキビですね」


f:id:morifumikirikita319:20170304230627j:image

タモリ「実際に見るのは初めてなんです」

f:id:morifumikirikita319:20170304230729j:image

初体験!


f:id:morifumikirikita319:20170304230756j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304230812j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304230834j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304231103j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304231117j:image

町「サトウキビからできるものこそ奄美の2つ目の宝です」


f:id:morifumikirikita319:20170304232847j:image

🙀ボケようがない。


f:id:morifumikirikita319:20170304232923j:image

搾った汁をどんどん煮詰めていく。

🐱以前テレビで見たことがあるけど、サトウキビを機械で圧搾するところも見たかったな。


f:id:morifumikirikita319:20170304232941j:image

タモリ「石灰を入れるんですか?」

水間「固めるため」

🐱正確に言うと、不純物を沈殿させるため。


f:id:morifumikirikita319:20170305135534j:image

水間「クイズです」


f:id:morifumikirikita319:20170305135547j:image

🙀すぐにサンゴが出てくるところがすごい。


f:id:morifumikirikita319:20170304233012j:image

水間「サンゴを焼いて砕いたものを(入れてた)」

 

🐱サンゴの主成分は炭酸カルシウムCaCO3。これを焼くと生石灰酸化カルシウムCaO)が生成される。

 CaCO3➡CaO+CO2 


f:id:morifumikirikita319:20170304233033j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233047j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304234143j:image

タモリの黒糖づくり体験。


f:id:morifumikirikita319:20170304233100j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233114j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233132j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233148j:image

草彅「徐々に粘りけが出てきます」


f:id:morifumikirikita319:20170304233215j:image

草彅「この状態のものを特別に食べさせてもらいましょう!」


f:id:morifumikirikita319:20170304233242j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233255j:image

😽うぇぁい?


f:id:morifumikirikita319:20170304233312j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233330j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304233416j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304234125j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304234204j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170304234218j:image

タモリ「あったかいと、またおいしいですね」


f:id:morifumikirikita319:20170304234248j:image

😽外に出ても盛り上がる二人。


f:id:morifumikirikita319:20170304234311j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305042233j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305042248j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305042301j:image

草彅「…という記述まで残ってるんです」


f:id:morifumikirikita319:20170305042323j:image

町「指についた黒糖をペロッと舐めたりしただけでもムチでたたかれた」


f:id:morifumikirikita319:20170305042338j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305042355j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305042411j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305042426j:image

タモリ「一面サトウキビ畑だったわけですね」


f:id:morifumikirikita319:20170305042441j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305045812j:image

🐱道中、テーマにちなんで宝話。


f:id:morifumikirikita319:20170305045835j:image

🐱タモリさんの宝。


f:id:morifumikirikita319:20170305045855j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305045913j:image

町「みんなソテツの実を使うんですね」

🐱途中で、ソテツの実を発見。


f:id:morifumikirikita319:20170305052031j:image

🐱近江アナの宝。


f:id:morifumikirikita319:20170305052042j:image

😽人に言えない恥ずかしいものが宝なのかな?


f:id:morifumikirikita319:20170305052250j:image

🐱黒糖が招いた大変な事態の痕跡を探る森田氏。ハブへの警戒は怠らない。


f:id:morifumikirikita319:20170305050135j:image

斜面に沿って段々がある。


f:id:morifumikirikita319:20170305050037j:image

町「集落の裏は全部この段々だったんです」

タモリ「全部段々畑」


f:id:morifumikirikita319:20170305050057j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050120j:image

奄美大島には石垣にできるような石があまり無いので、ソテツが土留めの役割を果たした。


f:id:morifumikirikita319:20170305050158j:image

自分たちの食糧をつくるために苦労して開拓した畑まで


f:id:morifumikirikita319:20170305050214j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050227j:image

🙀知識としては知っていたが、薩摩藩の鬼畜ぶりはハンパないな。


f:id:morifumikirikita319:20170305050255j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050333j:image

草彅「ここで奄美を食糧不足から救った最後の宝が分かるんです」


f:id:morifumikirikita319:20170305050352j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050409j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050429j:image

風が強くて畑をつくることができなかった。


f:id:morifumikirikita319:20170305050449j:image

この一帯に6万本のソテツ。


f:id:morifumikirikita319:20170305050507j:image

🐱サイカシン(Cycasin)C8H16N2

 
f:id:morifumikirikita319:20170305050534j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050543j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050551j:image

🐱「ソテツ地獄」という言葉もあったようだ。


f:id:morifumikirikita319:20170305050608j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050627j:image

 

 

f:id:morifumikirikita319:20170305050659j:image

近江「味はないですね」


f:id:morifumikirikita319:20170305050729j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305050746j:image

😿地獄を乗り越えたんだな。 

 

f:id:morifumikirikita319:20170305050821j:image

 🐱今回は、日本史の暗黒面にも光を当てたところが良かったと思う。

 

 

次回は
f:id:morifumikirikita319:20170305052103j:image

🐱来週は久し振りに1回休みだな。


f:id:morifumikirikita319:20170305052118j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305052130j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170305052148j:image

📄こちら➡奄美の森でブラタモリ(1) - 森の踏切番日記
 
 
おまけ
f:id:morifumikirikita319:20170305052218j:image

 

 

 

📄関連日記

🔘神戸の街でブラタモリ - 森の踏切番日記

🔘神戸の港でブラタモリ - 森の踏切番日記

🔘別府でブラタモリ - 森の踏切番日記

🔘別府温泉でブラタモリ - 森の踏切番日記

🔘水戸でブラタモリ - 森の踏切番日記

 

 

 

Steampunk Girls

雑記 steampunk


f:id:morifumikirikita319:20170302185732j:image

 

そんなこんなで

Pinterest

Steampunkのボードを

新たに作ったので

その一部を紹介します

 

 

f:id:morifumikirikita319:20170302185955j:image

#steampunk #fashion #costumes | Steampunk | Pinterest | Steam punk, Steampunk fashion and Gothic

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190023j:image

steampunkopath: Steampunk Girls | Steampunk | Pinterest | Girls, Gears and Steampunk girl

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190033j:image

Steampunkopath : Photo | Steampunk | Pinterest | Technology, Girls and Fiction

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190118j:image

Emilie Autumn | Steampunk | Pinterest | Female photos, Mad hatters and Autumn outfits

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190047j:image

Steampunk. Alexandra by Allsteam.deviantart.com on @DeviantArt | Steampunk | Pinterest | Gothic flowers, Blossoms and Girls

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190057j:image

steampunksteampunk: LahmatTea | Steampunk | Pinterest | The hatter, Girls and Search

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190107j:image

Steam punk; Love the skirt | Steampunk | Pinterest | Steam punk, Skirts and Love the

 


f:id:morifumikirikita319:20170302190008j:image

This is cute, and I can see Dagger wearing something like this. Perhaps as the bridesmaids dress for angelic wedding. Although, I kind of picture… | Pinteres…

 


f:id:morifumikirikita319:20170302193421j:image

amywilderness:First new picture of the New Year! Geno Howard rocks my socks. <3 Photographer - Geno Howard Corset - brute-force-studios Ruffle Ski… | Pinteres…

 


f:id:morifumikirikita319:20170303140434j:image

Steampunk time ~ by Ha #SteamPUNK ☮k☮.... Love the accessories! | Steampunk | Pinterest | Creative, Steampunk and Steampunk fashion

 


f:id:morifumikirikita319:20170303140445j:image

Steampunk cat. :) | KAT ぬこ | Pinterest | I love cats, Steampunk cat and Steam punk

 

 

 

📄この記事の続き

🔘シャーロック・ホームズとスチームパンクとマリア・アマンダ - 森の踏切番日記

🔘ピンタレストで見つけたゴスな画像 - 森の踏切番日記

🔘Steampunk Girls 2 - 森の踏切番日記

 

 

 

少し前のアニメが私気になります

雑記 アニメ


f:id:morifumikirikita319:20170301224052j:image

 

🐱ピンタレストPinterest)では、アニメやマンガのボードを作っている人も沢山いて、それも海外の人が日本のアニメやマンガのボードを作っていて、本当に日本のアニメ・マンガ文化が海外に浸透していることを実感できる。それらのボードを見てみると、オリジナルも二次作品もごゃちゃまぜになっていることが多い。最近のファンアートは本当にレベルの高い作品が多いなと思う。

 

🐱最近は、テレビ自体をほとんど見ないのだけれども、久し振りにはまったアニメが『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』だった。これは、良きアニメであった。もう一度最初から見直したいと今でも思っている。このアニメは昭和世代の方がはまるかもしれない。絵のタッチといい、元ネタといい、挿入歌といい、昭和世代のハートをくすぐる要素が満載である。

 

🐱数年前までは、たまに深夜放送のアニメなどを見ていたので、ピンタレストのアニメやマンガのピン(画像)を見ていたら、なんだか懐かしくなってきて、自分でも「JAM」(Japanese Anime and Manga)というタイトルでボードを作ってしまった。

 

Pinterestはこんな感じ

 

🐱とはいっても、好きなアニメ・マンガのピンを集め出すとキリが無いので、取り敢えず、ちょっと前のラノベ原作のアニメで、今でも見たいなあと思うものに限定してボードを作ることにした。ピンを集めやすい作品であることも考慮した。その結果、選んだのが次の作品である。

 

 

 

涼宮ハルヒの憂鬱


f:id:morifumikirikita319:20170301195259j:image

 

😺やはり、これは外せません。三人娘の中では、断然、長門有希です。ただし、いとうのいぢ長門有希に限ります。

😺この正月に、強兄のIT氏がオナ校出身だと判明しまして、益々親近感がわきました。とはいっても、知り合いの知り合いの友人、つまり、全く面識は無いですけどね。『ユーフォニアム』は見てないし。

😺去年、YouTubeで久し振りに第1回目を見てみたけど、やっぱり面白いと思った。4月からNHKのBSで再放送をするそうで。そんなことより、新作は作れないのだろうか。このまま終わらせてしまうのは惜しいよなあと今でも思う。

😺原作では『憂鬱』と『陰謀』が良かったと思います。『消失』がその後の展開を難しくさせたと思います。

 

 

 

氷菓


f:id:morifumikirikita319:20170301224114j:image

 

😺これも強兄だ。先月、YouTubeで第1回目から最終回までと夏休みプール編を全部見た。あの地味な原作をよくアニメ化したと思う。ほぼ原作に忠実にアニメ化してるし、イメージ通りだったのが良い。

😺コメント欄に会話のレベルが高くてついて行けないという書き込みがあったけど、原作を読んでないと、アニメのスピードでは意味をつかむのが難しい部分があるかも知れない。

😺千反田えるは、やはり良い子だなあ。惚れ惚れする。あの距離感は困ったものだけど。実写映画化ですと? よせばいいのにねえ。

😺原作では『クドリャフカの順番』が傑作。『ふたりの距離の概算』も良かったと思う。短編では、「遠まわりする雛」が佳作。アニメでも、よく表現できていたと思う。

🙀と思ったら、続編が出てたではないか! 全然気が付かなかった! 千反田えるが行方不明ですと? 私、気になります! これは読まねば!

 

 

 

僕は友達が少ない


f:id:morifumikirikita319:20170301195415j:image

 

😽これは、断然「肉」派ですな。「肉」のニクニクしい肉感とキャラは、絶品ですな。去年、やはりYouTubeで何話か見ました。

🐱原作の方は、一昨年最終巻が出てエピローグを迎えたけど、少しきれいにまとめすぎたかなという印象でした。

🐱『生徒会の一存』もピンの候補に挙がったのだけれど、ピンがあまり無かったので今回は断念しました。生徒会メンバーでは、椎名真冬です。

 

 

 

《Date A Live》


f:id:morifumikirikita319:20170301204529j:image

 

😺作品の存在は以前から知っていたし、内容も大体把握しているのだけれども、アニメは見てないし、原作も読んでないです。イラストの感じが好きなのでピンしてみました。特に、時崎狂三です。

😽ピンタレストを始めて気が付いたのだけれど、どうもオッドアイに弱いみたいです。それから、スチームパンク系のファッションが好きなことも判明しました。あと、ゴスは前から好きです。

😺つまり、スチームパンク・ゴスでオッドアイだとベストなようです。時崎狂三が、それに近いと言えます。黒とオレンジという色の取り合わせも良いと思います。

😺いずれ、ブックオフで『デアラ』は、大人買いして読んでみたいと思います。アニメもYouTubeで見るつもり。

 

 

 

灼眼のシャナ


f:id:morifumikirikita319:20170301195521j:image

 

🐱そう言えばあったなあと思い出したです。ヴィルヘルミナさんのキャラが好きでした。

 

 

 

《Another》


f:id:morifumikirikita319:20170309174042j:image

 

😺『時をかける少女』が筒井康隆の代表作の一つになってしまったように、『Another』は、綾辻行人の代表作の一つだと言っても良いでしょう。見崎鳴のキャラは、絶品です。

😺海外でも、この作品は人気のようで、『Monster』や『デス・ノート』と同じ系統で扱われているようです。

😺今月は、YouTubeで『Another』を見るつもり。

 

 

 

📄2017-03-09追記

🐱「JAM」のボードに《GOSICK》を追加しました。

ピンタレストで見つけたゴスな画像 - 森の踏切番日記

 

GOSICK


f:id:morifumikirikita319:20170309174645j:image

 

🐱この作品も海外でも人気のようです。まあ、ソヴュールはヨーロッパにあるし、分からなくはない。

🐱この作品はアニメを見ていないのだけれども、画像を見ればどのシーンかすぐに分かるので、ほぼ原作通りに作られているのだろう。いずれ、YouTubeで見てみようと思う。

🐱原作では『Ⅱ』から『Ⅶ』までが良かった。特に、『Ⅳ 愚者を代弁せよ』の出来が良かったように思う。

🐱短編の『GOSICKs』シリーズの方の出来はもう一つだったが、『Ⅳ』の雪の描写が山陰地方の雪を思わせて好きだった。🐥

 

 

 

 

 

※アニメ『氷菓』より

Hyouka - Ki ni Narimasu! Compilation - YouTube

Zerreth(2′58″)

 

 

※昭和世代には、こちらがおすすめ

氷菓 『千反田えるはラブリー』 / かおりくみこ - YouTube

SuperPopo112(3′01″)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『おんな城主直虎』関連本を一冊読んでみた

読書 歴史 TV ドラマ

2月の読書録06ーーーーーーー

 井伊直虎徳川家康

 中江克己

 青春文庫(2016/11/20)

 1702-06★★☆

────────────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20170228180442j:image

 

🐱大河ドラマ『おんな城主直虎』を見続けるかどうか、当初は決めてなかったので、直虎関連本をここまで何も読まずにドラマを見ていたのだが、そろそろ桶狭間の戦いも始まるので、取り敢えず一冊読んでみた。歴史関係の本は同じテーマのものを複数冊読み比べることにしているので、まずは一冊目である。

 

🐱本書を選んだのは本が薄かったからである。取り敢えず基本的な情報を確認できればよいので何でも良かったのである。

 

🐱著者の肩書きは、歴史作家ということになっている。編集者出身らしい。文献資料をよく読み込んでいるようである。歴史観は標準的かつ平均的な印象。ただし、記述には多分に主観が混じっているので注意が必要である。

 

🐱直虎の生涯だけでは、とてもじゃないが一冊の本にはならないので各書いろいろ工夫しているようだが、本書は徳川家康と絡めている。『おんな城主直虎』では瀬名に注目しているので丁度良いと思ったのだが、だいたいは既知の内容だった。

 

🐱新野左馬助奥山朝利中野直由などの脇役陣の役割や井伊家との関係は参考になった。ドラマを見るときは、脇役陣の名前や役割はあまり気にせずに見ていたのだ。

 

🐱後半はほとんど直政物語になっている。こちらも、だいたいは既知の内容だったが、忘れていたこともあるので確認には良かったと思う。

 

🐱井伊直虎が、大河ドラマで取り上げるのに相応しい人物かどうかは、やはり疑問に思う。直虎が、もう少し長生きしていれば良かったのにと思う。

 


f:id:morifumikirikita319:20170228180515j:image

 

 

🐱直虎の誕生年は諸説あるが本書では、天文3年(1534)としている。ドラマの方もこの説を採用しているようだ。井伊直親小野政次の生年は、ドラマでは直虎と同じか少し上のように描かれているようだが、直親は二つ年下、政次は六つ年上としている。

 

🐱直虎の出家について巻末の年表では、天文23年(1554)としているが、本文には異なる記述もあり混乱が見られる。他に今川と信長を取り違えている箇所がある。

 

🐱瀬名の誕生年は天文11年(1542)としているが、実際は不詳であろう。天文11年12月26日生まれの家康よりも瀬名の方が年上なのは間違いのないところだろう。ドラマではちょっと年上に設定しているようだ。

 

 
f:id:morifumikirikita319:20170228180617j:image

 

 

🐱ここまで『おんな城主直虎』を見てきて最も気になったのは、小野政直・政次父子のことである。

 

🐱天文13年(1544)、井伊直満・直義が家老小野政直の讒言により、今川義元に殺害された。また、直満の子でおとわ(直虎)の許嫁だった亀之丞(直親)も命を狙われ、信州伊那谷の松源寺へ落ちのびた。

 

🐱これは、『寛政重修諸家譜』を典拠としているようだ。政直の目的は、自分の息子の鶴丸(政次)をおとわの婿にして井伊家を乗っ取る事だったとされる。本書では、小野政直は悪家老として描かれているが、そこに引っ掛かりを覚える。

 

🐱『寛政重修諸家譜』の記述は、江戸時代に井伊家によって書かれたものだろうから、井伊家の観点と江戸時代の価値観で書かれていると思われる。戦国時代と江戸時代では価値観が全く異なるし、小野政直を単純に悪家老と決めつけてしまってよいものだろうか。戦国時代においては内通とか讒言などはよくある話であるし、本当のところは分からない。小野にも一分の理があると思う。

 

🐱ドラマでも同じような流れだったが、小野政直をはっきり悪とは描いていなかったように思う。含みのある描き方だったように感じた。それが分かりにくい印象を与えたかも知れない。

 


f:id:morifumikirikita319:20170228181617j:image
 

 

🐱本書では、直虎の出家の理由を政次との婚姻を拒否してのこととしている。ドラマでは、おとわの亀之丞に対する幼い恋心として描かれている。鶴丸との婚姻を拒否するというよりも亀之丞との約束を果たすためという意味合いが強かったと思う。そのため、あまり深く考えずに出家したという感じである。おとわにとって鶴丸は頼りになるが単なる幼なじみに過ぎないのだろう。おとわからすれば亀之丞は同族であり鶴丸は家臣の子に過ぎないという事だろう。

 


f:id:morifumikirikita319:20170228180724j:image

 

 

🐱小野政次は複雑な性格である。子供時代は、子供らしい正義感で父親のやり方に批判的だった彼がいつ変化したのか。鶴丸は、おとわに恋心を抱いていたが、それがかなわぬ恋だと知っていた。鶴丸とおとわの関係は、亀之丞の帰還までは変化が無かったものと思われる。鶴丸にとっては幸せな時代だったかも知れない。政直の死が亀之丞帰還の契機となったのは皮肉なことである。政次(鶴丸)は、亀之丞が帰還したことで明らかに変化する。彼のダークな部分が呼び覚まされたという感じだ。

 

🐱本書では、政次は単なる悪家老2代目としてしか描かれていない。恐らく情報が少ないのであろうが、わずかな文献資料からだけでは生身の人間の心情を読み解くことはほとんど不可能である。彼がどういう人間であったかは分からない。

 

🐱ドラマにおいては、目付の仕事をそつなくこなしているという印象である。井伊家から見れば、「今川にばかり尻尾を振りおって」という事になるが仕方ないだろう。

 

🐱ドラマ第6回で、政次と直親の間に早くも確執が芽生え始めた感がある。第7回でその確執が広がった感がある。これは、一方的に政次の方が亀裂を深めている印象である。直親の存在が政次を落ち着かなくさせているという感じである。この先悲劇が訪れることは分かっているのだが、それをどのように描くのか楽しみである。

 


f:id:morifumikirikita319:20170228180830j:image

 

 

🐱戦国時代の国衆について、近年研究が進んで新たな知見がいろいろ出てきているという。真田氏も井伊氏も国衆なのだが2年続けて国衆が大河ドラマの主役になるというのも、そういった流れを受けてのことかも知れない。

 

🐱南北朝時代には南朝方だった井伊氏は、中世的な古いタイプの国人衆という印象である。今川氏は由緒ある足利氏系であり北朝方であったが、戦国大名に転身を遂げることに成功している。『おんな城主直虎』は、中世から近世への過渡期において、近世的な秩序へと向かう今川氏と中世的な秩序を守ろうとする井伊氏の攻防という側面がある。小野氏が時代の変化に敏感だったのに対して、井伊氏は時代の変化について行けなかったということだと思う。

 


f:id:morifumikirikita319:20170228181745j:image

 

 

🐱徳川家康井伊直政を特別に引き立てたのは、直親の死について家康も関係していたこともあったかも知れないが、瀬名との血縁が大きかったのではないだろうか。家康にとって瀬名の殺害は不本意なことだっただろう。瀬名は井伊直平の孫にあたるから、その血縁の直政をことさら引き立てたとしても不思議ではない。それが無ければ、井伊氏は古いタイプの国人衆として歴史から消えていったことだろう。🐥

 

 

 

 

井伊直虎と徳川家康 (青春文庫)

井伊直虎と徳川家康 (青春文庫)

 

 

 

 

📄関連日記

🔘『おんな城主直虎』第1回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第2回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第3回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第4回の感想 - 森の踏切番日記

 

🔘『おんな城主直虎』第5回の感想は無理! - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第6回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第7回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第8回の感想 - 森の踏切番日記

 

 

 

 

『おんな城主直虎』第8回の感想

TV ドラマ 感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』

第8回 赤ちゃんはまだか


f:id:morifumikirikita319:20170226233933j:image

井伊直親三浦春馬)と夫婦になって4年、しの(貫地谷しほり)はいまだに懐妊の兆しがないことを気に病んでいた。その様子を見かねた次郎法師(柴咲コウ)は小野政次高橋一生)に、子を授かるための妙薬を買い求めてくるよう願い出る。

その頃、駿府では、今川義元春風亭昇太)が家督を息子の氏真(尾上松也)に譲り、尾張の織田攻めに向けて着々と準備を進めていた。直親は、この戦で初陣を飾りたいと、直盛(杉本哲太)に参陣を申し出る。

 

────────────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20170226212608j:image

梅雀「夫婦になってから4年。しのはいまだ子に恵まれず、つらい日々を送っておったのじゃ」

🐱ということで、早くも永禄2年(1559年)になったのじゃ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226210548j:image

🐱今川家は「我が世の春といったところ」だそうじゃ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226210604j:image

🐱三河のぼんやり松平元康と夫婦になった瀬名。この年、長男竹千代(信康)が生まれる。家康はこのころ「元信」を改めて「元康」と称した。瀬名は、早くも二人目の子を授かり、しのとは対照的。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226210617j:image

🐱しの被害妄想。精神状態がかなり悪い。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226211228j:image

😽旦那は人の気持ちが読めない。


f:id:morifumikirikita319:20170226211244j:image

😽嫁は面倒くさい性格。


f:id:morifumikirikita319:20170226212536j:image

🐱今回は、しのの不妊がテーマということで、現代ドラマに近い内容という印象。直親は、嫁に気を配れないダメな夫という役回りか。


f:id:morifumikirikita319:20170226212549j:image

🙀このタイプの女性は、戦国時代向きではないな。

 


f:id:morifumikirikita319:20170227052318j:image

🐱元康は、この時18歳(満16歳)。このドラマにおける瀬名の年齢設定が気になっていたのだが、元康以上、氏真以下だろうから、18歳~22歳(満17~21歳)だろう。子供時代の蹴鞠のエピソードから考えれば22歳の方に近いということになるか。面倒なので21歳(満20歳)にしておこう。(家康は天文11年12月26日生まれなので、西暦では1543年生まれになる)

 


f:id:morifumikirikita319:20170226212706j:image

🐱政次の次郎に対する気持ちを前回から考えているのだが、よくわからない。子供時代から変化が見られなかった二人の関係は、亀之丞の帰還によって大きく変わってしまったわけだが、かわいさ余って憎さ百倍なのか、想いを断ち切るために、わざと憎まれ口をきいているのか。どちらだろうか。


f:id:morifumikirikita319:20170226234009j:image

🐱他の人間にも容赦のない言動だから、性格的なものと解釈すべきか。大人になって父親に似てきたな。


f:id:morifumikirikita319:20170226212731j:image

🐱それでも、次郎には特にきついような気がする。


f:id:morifumikirikita319:20170226212749j:image

😽子供をつくるには薬を飲むだけじゃダメでしょ💕


f:id:morifumikirikita319:20170226212801j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226213429j:image

次郎「何なのであろうのう」


f:id:morifumikirikita319:20170226234043j:image

😽ノロケか!弟は兄とは対照的。母親似なのか?


f:id:morifumikirikita319:20170226213500j:image

🐱妹なつは子が授かり、姉しのとは対照的。今回は、いろいろ分かりやすい展開。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226234518j:image


f:id:morifumikirikita319:20170226213511j:image

今川義元家督を息子の氏真に譲り尾張攻略に専念。


f:id:morifumikirikita319:20170226213520j:image

😽氏真22歳。いかにも、ボンクラそう。


f:id:morifumikirikita319:20170227053552j:image

🐱前年の永禄元年が元康の初陣だそうじゃ。敵城を焼き落とすなどの戦功をあげたそうじゃ。三河武士たちが頑張ったのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170227053604j:image

😽駿府で肩身の狭い人質暮らしを続けて早10年。すっかり卑屈になったのか。


f:id:morifumikirikita319:20170226213535j:image

😽挙動が不審すぎるぞ元康。


f:id:morifumikirikita319:20170226214442j:image

😽井伊家に槍を200本発注する今川家。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226214502j:image

🙀そうなるはのう。


f:id:morifumikirikita319:20170226214521j:image

🐱普通は、それほど大きな問題ではないと思う。


f:id:morifumikirikita319:20170226214538j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226214552j:image

🐱政次は、気が利く性格。抜け目ない性格とも云えるか。直親とは対照的。


f:id:morifumikirikita319:20170226214629j:image

🙀そして、次郎法師には気を利かさない。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226214645j:image

🙀織田を猫呼ばわりとは。


f:id:morifumikirikita319:20170226214659j:image

🐱真田さんちみたいに弟がいればいいけど、


f:id:morifumikirikita319:20170226214714j:image

🐱直親が死んだら大変だものな。


f:id:morifumikirikita319:20170226214735j:image

😽それにしても、


f:id:morifumikirikita319:20170226214751j:image

😽お前が言うか?

 


f:id:morifumikirikita319:20170226234119j:image

しのに麝香を贈ろうとする次郎。


f:id:morifumikirikita319:20170226234130j:image

😽次郎拒否られる。


f:id:morifumikirikita319:20170226215804j:image

😽不妊ノイローゼが高じて被害妄想が激しいのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226215829j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226215847j:image

次郎「恥を知れ!」


f:id:morifumikirikita319:20170226215913j:image

😽次郎ブチ切れる。


f:id:morifumikirikita319:20170226215926j:image

😽おとわ「お父ちゃんとお母ちゃんに言いつけてやる!」


f:id:morifumikirikita319:20170226215941j:image

😽どちらも大人気ないぞ。


f:id:morifumikirikita319:20170226215956j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170227064318j:image

🐱いかにもありそうな展開。むっちゃリアル。


f:id:morifumikirikita319:20170226220009j:image

🐱さすが女性脚本家だけあって女性心理を描くのが巧みだわ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226220021j:image

😽次郎には気を配る直親。直親の次郎に対する親愛の情は続いているようだな「友情」として。直親のしのに対する優しさは取って付けた感じがする。しのには情愛が湧かないのだろうか?

 


f:id:morifumikirikita319:20170226220039j:image

🐱側女持ちます会議。直親は、直盛の養子となってからしのと夫婦になったはずだが、このドラマではそれを言ったっけ?


f:id:morifumikirikita319:20170226220050j:image

🐱おいおい。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226220104j:image

😽今回のあらすじは、これと


f:id:morifumikirikita319:20170226220124j:image

😽これ。2行で終わる。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224457j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224513j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224532j:image

🐱親からもきつく言われ孤立感を深めるしの


f:id:morifumikirikita319:20170226224557j:image

😽何故にそうなる?

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224618j:image

😽傑山には妙薬は必要なさそうだな。


f:id:morifumikirikita319:20170226224637j:image

😽中島みゆきかっ!


f:id:morifumikirikita319:20170227141723j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170227141733j:image

😽いや、止めろよ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224714j:image

🐱前回は、三浦春馬高橋一生の回だったが、今回は、柴咲コウ貫地谷しほりの演技合戦が見所。


f:id:morifumikirikita319:20170226224734j:image

🐱二人とも気合いの入った演技だったなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170227074334j:image

🐱脚本家も、この手の脚本は得意分野なのだろう。


f:id:morifumikirikita319:20170226224759j:image

🐱セリフが生き生きとしていてリアリティがある。


f:id:morifumikirikita319:20170226224818j:image

🐱分かりやすい話だし。


f:id:morifumikirikita319:20170226224837j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224850j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224907j:image

😽次郎(だからと言って、私を恨むなよ)


f:id:morifumikirikita319:20170227074401j:image

😽次郎、愛想を尽かしたのか、ショック療法のつもりなのか、微妙なところ。


f:id:morifumikirikita319:20170226224923j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224948j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226224936j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170227074313j:image

 😽おとわやなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170226225013j:image

😽見守り人傑山出動!


f:id:morifumikirikita319:20170227074426j:image

😽入ってて良かった!


f:id:morifumikirikita319:20170226225611j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226225644j:image

🐱ここが脚本家の一番言いたかったことなのじゃな。


f:id:morifumikirikita319:20170226225659j:image

🐱妻に気を配らない無神経な男性を糾弾しておるのじゃな。


f:id:morifumikirikita319:20170226234546j:image

🐱そういう意味で、これは現代ドラマじゃな。


f:id:morifumikirikita319:20170227080445j:image

😽傑山(俺は、ここには居ない、ここには居ない)


f:id:morifumikirikita319:20170226225716j:image

🐱ここまで、直親は裏表のない性格だが他人の気持ちが分からない性格として描かれているようじゃな。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226225726j:image

次郎「ちゅうちょなく敵を刺し殺す心強き母になりましょう!」

🐱次郎男前じゃな。 


f:id:morifumikirikita319:20170226225740j:image

😽いまさらジロー。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226231255j:image

🐱側女延期申請。


f:id:morifumikirikita319:20170226231311j:image

🐱釘を刺すのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226231329j:image

🐱おっさん、こればっかりやな。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226231343j:image

🙀これはこれは、猫師匠のにゃんけい様。


f:id:morifumikirikita319:20170226231356j:image

🙀猫和尚は、お酒の飲みすぎで手が震えるのじゃ。それにしては完成品が立派過ぎるから、これはジョークだったのかな。ちょっと分かりにくい。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226231413j:image


f:id:morifumikirikita319:20170226231426j:image

梅雀「龍潭寺にて子宝祈願が行われたのじゃ」

 


f:id:morifumikirikita319:20170306144506j:image


f:id:morifumikirikita319:20170226231521j:image

🐱娘を案ずるが何も言えない不器用な父親

 


f:id:morifumikirikita319:20170226231539j:image

🐱早くも桶狭間に突入か。合戦をどのように描くのか。今川目線の桶狭間は新鮮かも。信長は登場するのか?

 


f:id:morifumikirikita319:20170226231554j:image

😽井伊家フラグ立て会議。


f:id:morifumikirikita319:20170227090732j:image

😽フラグ立ちまくりなのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226231609j:image

😽今年も出たか、オウム返しの術。


f:id:morifumikirikita319:20170227090818j:image

😽子作りも戦なのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226231638j:image

😽今日も元気に暴走するじじ様。そんなこと言ってる場合か。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226232242j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170227090932j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170227090943j:image

😽丼を売りまくるのじゃ~!

 


f:id:morifumikirikita319:20170226232314j:image

😿次回以降を考えると、瀬名と竹千代が不憫なのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226232327j:image

🙀教育ママなのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226232339j:image

🙀目力がコワイのじゃ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170226233104j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170226233127j:image

🙀死相が見えるのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226233141j:image

😽金ピカ先生かっ!


f:id:morifumikirikita319:20170226233203j:image

🙀死相が見えるのじゃ。


f:id:morifumikirikita319:20170226233230j:image

🙀行く手に暗雲が! CG?

 


f:id:morifumikirikita319:20170226234206j:image

😽次回のタイトルはトーマス・マンのもじりか?


f:id:morifumikirikita319:20170226234218j:image

😽毎回タイトルの凝り方がどうかと思う。

 

 

 

📄この記事の続き

🔘『おんな城主直虎』第9回の感想 - 森の踏切番日記

 

📄関連日記

🔘『おんな城主直虎』第7回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第6回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第5回の感想は無理! - 森の踏切番日記

 

🔘『おんな城主直虎』第4回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第3回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第2回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第1回の感想 - 森の踏切番日記