森の踏切番日記

人生LARKしたい

ドラマ

井伊直虎関連本を読む(3)

7月の読書録03ーーーーーーー 女城主・井伊直虎 楠戸義昭 PHP文庫(2016/05/11) ★★☆ ──────────────────────────── 今年は、NHKの大河ドラマを初回から見続けて感想も書いてきたのだが、ちょっと飽きてしまった。毎年思うことだが、やはり一年は長い。 …

『おんな城主直虎』第26回の感想 その3

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第26回「誰がために城はある」(3/3) 『誰がために気賀はある』 『気賀よさらば?』 『龍はまた昇る?』 ──────────────────────────── 動物の使い方がホントうまいなあ。あと、手前のコロコロ転がる丸いのが、西部劇のテンプ…

『おんな城主直虎』第26回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第26回「誰がために城はある」(2/3) 政次「お前は一体どこの党首なのだ」 直虎「り、龍雲党じゃ」 政次「井伊ファーストだろうが!」 ──────────────────────────── どなりこんできた龍雲丸。 (やはり、来おったか) 言う義…

『おんな城主直虎』第26回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第26回「誰がために城はある」(1/3) 龍雲丸(柳楽優弥)が井伊の材木を取り返したことで、直虎(柴咲コウ)の謀反の疑いは晴れる。だが、その材木は数日後、今川の手によって気賀に運び込まれることになる。 今川氏真(尾上…

『おんな城主直虎』第25回の感想 その3

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第25回「材木を抱いて飛べ」(3/3) おとわを抱いて逃げてしまいたい ──────────────────────────── 政次(ちょっと心配) 政次(そこまでするとは思わなんだ) なんとかしてやりたい。 今できることは、これしかない。 政次(…

『おんな城主直虎』第25回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第25回「材木を抱いて飛べ」(2/3) 義兄様を抱いて口説け ──────────────────────────── 関口、嫌な奴だな。 早くも逆風。 直虎(このはげ! 違うだろ!) 関口(われ、誰に物言うとんねん) 今夜は小野家にお泊まり。 直之「…

『おんな城主直虎』第25回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第25回「材木を抱いて飛べ」(1/3) 井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、井伊直虎(柴咲コウ)と瀬戸方久(ムロツヨシ)は張り切る。 一方、井伊を去った龍雲丸(柳楽優弥)たち一味は気賀に戻り、「龍雲…

『おんな城主直虎』第24回の感想 その3

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第24回「さよならだけが人生か?」(3/3) さよならしたたけの幽霊が? ──────────────────────────── 殿のお帰り。 ここからは、特に感想はありません。手短にいきます。 無邪気に爆弾発言をする桜ちゃん。 相手は本来ならば1…

『おんな城主直虎』第24回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第24回「さよならだけが人生か?」(2/3) 左様ならたけがお願いを… ──────────────────────────── 桔梗「あら! では私が代わりましょうか?」 桜「いえ。お姉様、それは…」 六左「ハハハハハ」 (順番からいうと、私が先では…

『おんな城主直虎』第24回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第24回「さよならだけが人生か?」(1/3 ) 龍雲丸(柳楽優弥)は、井伊直虎(柴咲コウ)からの士官の誘いを断った。一方、駿府では、今川氏真(尾上松也)が同盟を破った武田家への報復として塩の売買を禁止する「塩止め」を…

雑記・貴族探偵無惨

ドラマ『貴族探偵』第8回は、あまりのつまらなさに感想を書く気にもならなかった。 第8回は、原作小説『貴族探偵対女探偵』収録の短編「むべ山風を」の内容をアレンジしたもの。 小説『貴族探偵対女探偵』収録の短編の題はすべて百人一首から取られている…

『おんな城主直虎』第23回の感想 その3

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第23回「盗賊は二度仏を盗む」(3/3) 小野但馬は二度おかしなせきを致す ──────────────────────────── 何か他の役目を与えて引き留めるつもりの直虎。 直虎「あれは酔うた勢いというか」 之の字は、一度噛みついてから相手を…

『おんな城主直虎』第23回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第23回「盗賊は二度仏を盗む」(2/3) 南渓和尚は二度寝をする ──────────────────────────── 近藤もみあげ康用胸毛介 南渓和尚とともに近藤家の菩提寺を訪ねた直虎。 御本尊の作者を確認する。 厨子に御本尊がないことを証言…

『おんな城主直虎』第23回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第23回「盗賊は二度仏を盗む」(1/3) 井伊直虎(柴咲コウ)の元に小野政次(高橋一生)と近藤康用(橋本じゅん)がやって来る。近藤の菩提寺から本尊が盗まれたというのだ。龍雲丸(柳楽優弥)たちを犯人と疑う近藤は、直虎に…

『おんな城主直虎』第22回の感想 その3

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第22回「虎と龍」その3 今夜の飲み会、酔虎伝予約しましたから やっぱ、親睦を深めるには酒とうまい飯でしょ ──────────────────────────── 直虎「互いに近づいてみさえすれば、それも解ける」 異文化交流狩猟大会。 協力しあ…

『おんな城主直虎』第22回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第22回「虎と龍」その2 TO LOVEる -虎舞龍- なんでもないような~ それはTHE虎舞竜 ──────────────────────────── こちらは、Xデイが近づきつつある駿府の蹴鞠野郎。ということは、政次のXデイも近づきつつあるということか…

『おんな城主直虎』第22回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第22回「虎と龍」その1 井伊直虎(柴咲コウ)は材木の商いを始めるため、龍雲丸(柳楽優弥)率いる一団を井伊谷に受け入れることを決める。猛反対する家臣の中野直之(矢本悠馬)に、直虎は彼らの専門技術が必要だと主張する…

『おんな城主直虎』第21回の感想 その3

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第21回「ぬしの名は」その3 禅禅善性 ──────────────────────────── ここからは、次郎法師様の法話を静かに拝聴することに致します。 立ち去ろうとする頭。 直虎「我も逃げずにおぬしの言葉を考えた」 直虎「ならば、おぬしも…

『おんな城主直虎』第21回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第21回「ぬしの名は」その2 誰も気が付いてないけど、前前前回から南渓和尚とにゃんけいの中身は入れ替わっています。 ──────────────────────────── 直虎救出隊。 わざとらしい通せんぼ。 ずっと気にしていたとは。しつこい…

『おんな城主直虎』第21回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第21回「ぬしの名は」その1 井伊直虎(柴咲コウ)は、井伊領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖岸の町・気賀を選んだ。気賀の商人・中村与太夫(本田博太郎)との商談を終え、市場に立ち寄った直虎は、店先に並ぶ異国の…

『おんな城主直虎』第20回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第20回「第三の女」その2 おんな誑師直親 ──────────────────────────── 高瀬ちゃんの鼻歌は、おとわと鶴がよく知っている、亀が笛でよく吹いていた曲と同じだった。 政次(おとわ、大丈夫か?) 直虎「直親の寄こしてくれた…

『おんな城主直虎』第20回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第20回「第三の女」その1 亡き井伊直親(三浦春馬)の娘を名乗る少女・高瀬(高橋ひかる)が井伊谷にやって来た。直親の隠し子発覚に驚きを隠しきれない井伊直虎(柴咲コウ)だが、井伊家の当主として、その真偽が分かるまで…

ドラマ『貴族探偵』第5回の感想と第6回の予想

ドラマ『貴族探偵』第5回 今回は、原作小説『貴族探偵』収録の短編「春の声」を基にした話の前編。桜川家という由緒ある大富豪の邸宅で同時多発密室殺人事件が発生する。 これまでの放送からドラマとしては最早期待していないのだが、原作小説の中で最も複…

『おんな城主直虎』第19回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第19回「罪と罰」その2 なおとらさんといっしょ ──────────────────────────── 政次(ひねくれ城主直虎) 第3R〈直虎直之〉 打ち首にはできぬ時にお使い下さい。 政次(すごい屁理屈を聞き申した。これは何かあるな。あ、奥…

『おんな城主直虎』第19回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第19回「罪と罰」その1 近隣の領主・近藤康用(橋本じゅん)が井伊直虎(柴咲コウ)の元を訪れ、領内の山の木々を井伊の者に盗まれたと訴え出る。直虎は疑いを晴らすため、盗伐のあった現場へ向かう。 荒らされた現場を検証す…

ドラマ『貴族探偵』第4回感想など

あさぼらけ鳩が来たりて夏に入る 休日の散歩コースはツツジが満開で気持ちの良い季節になりましたが、最近困ったことがあります。それというのも、ハトが明け方からやって来てグオーグオー啼いて目が覚めてしまうのです。ハトの鳴き声を間近で聞くと「ポッポ…

『おんな城主直虎』第18回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」その2 むか~し、むか~し、ソンコちゃんという賢い女の子がおったそうじゃ。喧嘩の勝ち方をよく知っていると近所のガキ大将達から尊敬を集めておったそうじゃ。 ──────────────────────…

『おんな城主直虎』第18回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第18回「あるいは裏切りという名の鶴」その1 井伊直虎(柴咲コウ)が秘かに造らせていた「種子島」を奪った小野政次(高橋一生)は、今川への謀反の疑いを直虎に掛け、虎松(寺田心)の後見を降りるよう迫る。 観念した直虎は…

『おんな城主直虎』第17回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第17回「消された種子島」その1 中野直之(矢本悠馬)は「種子島」と呼ばれる武器を取り寄せ、井伊直虎(柴咲コウ)の前で実演する。その威力に驚いた直虎は、種子島を鍛冶の村・井平で生産しようと考える。 その頃、龍潭寺で…

『おんな城主直虎』第16回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第16回「綿毛の案」その2 赤フンのあんちゃん ──────────────────────────── そりゃ、そうなるわな。 之の字に同情する。 水を汲みに来た直虎。 赤フンのあんちゃん登場。 赤フン野郎「おいらがお汲み致しやしょう」 運命の出…

『おんな城主直虎』第16回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第16回「綿毛の案」その1 井伊直虎(柴咲コウ)は無事、駿府から帰還した。瀬戸方久(ムロツヨシ)は、井伊家の財政を立て直すための新たな産業として「木綿」の栽培を持ち掛ける。乗り気になった直虎は、甚兵衛(山本学)に…

『おんな城主直虎』第15回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第15回「おんな城主対おんな大名」 井伊直虎にございます ──────────────────────────── 翌朝。 小野政次「おとわ」 あえて「おとわ」と呼びかける政次。 その時、木が倒れかかってくる! 斧! 小野? 逃げる直虎を刺客が追う…

『おんな城主直虎』第15回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第15回「おんな城主対おんな大名」 井伊直虎(柴咲コウ)が今川の下知に背き、徳政令をはねのけたことに怒った寿桂尼(浅丘ルリ子)は、小野政次(高橋一生)を呼びつけ、直虎に駿府へ申し開きに来るように命じる。 以前、同じ…

『おんな城主直虎』第14回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第14回「徳政令の行方」 井伊直虎(柴咲コウ)が徳政令の約束を破ったことに腹を立てた甚兵衛(山本学)ら農民は、蜂前神社の禰宜(ダンカン)を通して今川に徳政令を直訴する。 直虎の政策に家臣たちが異議を唱える中、小野政…

井伊直虎関連本を読む(2)

4月の読書録01ーーーーーーー 井伊直虎 女領主・山の民・悪党 夏目琢史 講談社現代新書(2016/10/20) 1704-01★★☆ ──────────────────────────── 本書の著者は、1985年、静岡県浜松市生まれで、近世村落史を専攻する研究者である。 本書は、前半(第一章・…

『おんな城主直虎』第13回の感想(2)

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第13回「城主はつらいよ」その2 改め「政次もつらいよ」? ──────────────────────────── 『おんな城主直虎』第13回の感想(1) - 森の踏切番日記の続き TKOだにい。 農民は農民で強かに生きておるわな。 直之(ほら見ろ…

『おんな城主直虎』第13回の感想(1)

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第13回「城主はつらいよ」その1 次郎法師(柴咲コウ)は「井伊直虎」として、井伊家の領主に名乗りを上げる。直虎は、幼い虎松(寺田心)が元服するまでの間、後見として国を治めることを 宣言するが、家臣たちは反発する。虎…

『おんな城主直虎』第12回の感想 その2

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第12回「おんな城主直虎」その2 小野政次は、ダークサイドに堕ちきってしまったのか? ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 『おんな城主直虎』第12回の感想 その1 - 森の踏切番日記の続き 永禄8年(1565)春、小野政…

『おんな城主直虎』第12回の感想 その1

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第12回「おんな城主直虎」その1 今川からの呼び出しに応じ、駿府へ向かった井伊直親(三浦春馬)たち一行は、次郎法師(柴咲コウ)の必死の祈りもむなしく、道中の掛川城下で今川勢に取り囲まれる。しの(貫地谷しほり)は、…

『おんな城主直虎』第11回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第11回 さらば愛しき人よ 瀬名(菜々緒)を救おうと取りすがる次郎法師(柴咲コウ)の元に、松平元康(阿部サダヲ)からの使者が到着する。桶狭間の戦いでの大敗以降、衰退の一途をたどる今川家の跡を継いだ氏真(尾上松也)と…

『おんな城主直虎』第10回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第10回 走れ竜宮小僧 もみ合いの末、奥山朝利(でんでん)を刺殺してしまった小野政次(高橋一生)が、次郎法師(柴咲コウ)の元にやって来る。次郎法師は、手負いの政次を寺でかくまうことにする。父親を討たれたしの(貫地谷…

『おんな城主直虎』第9回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第9回 桶狭間に死す 井伊直盛(杉本哲太)は今川義元(春風亭昇太)に従い、尾張攻めへ向かった。父親の無事を祈る次郎法師(柴咲コウ)の元に、思わぬ悲報が飛び込む。桶狭間の戦いで今川軍が大敗し、直盛も討ち取られたとい…

井伊直虎関連本を読む(1)

2月の読書録06ーーーーーーー 井伊直虎と徳川家康 中江克己 青春文庫(2016/11/20) 1702-06★★☆ ──────────────────────────── 大河ドラマ『おんな城主直虎』を見続けるかどうか、当初は決めてなかったので、直虎関連本をここまで何も読まずにドラマを見て…

『おんな城主直虎』第8回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第8回 赤ちゃんはまだか 井伊直親(三浦春馬)と夫婦になって4年、しの(貫地谷しほり)はいまだに懐妊の兆しがないことを気に病んでいた。その様子を見かねた次郎法師(柴咲コウ)は小野政次(高橋一生)に、子を授かるため…

『おんな城主直虎』第7回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第7回 検地がやってきた 次郎法師(柴咲コウ)は、井伊家存続のため直親(三浦春馬)との別れを選ぶ。政次(高橋一生)は今川館へ出向き、直親の帰参と家督相続を認めてもらおうとする。これに対して義元(春風亭昇太)の出し…

『おんな城主直虎』第6回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第6回 初恋の別れ道 井伊谷への帰還を果たした亀之丞(三浦春馬)は、元服して井伊直親と名を改める。直親は、次郎法師(柴咲コウ)を還俗させて、自分の妻に迎えたいと願い出る。 だが、政次(高橋一生)は、まず今川家に直…

『おんな城主直虎』第5回の感想は無理!

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第5回 亀之丞帰る 天文23年(1554)、春。成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧としての修行を積みながら、行方知れずの亀之丞(三浦春馬)の帰りを待つ日々を過ごしていた。駿府では今川義元(春風亭昇太)が武田・北条との縁戚…

『おんな城主直虎』第4回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第4回 女子(おなご)にこそあれ次郎法師 今川に許されたおとわ(新井美羽)が無事、井伊谷に帰ってきた。「本領安堵」の条件として、おとわは正式に出家することになり、「次郎法師」という名を与えられる。次郎とは、井伊家…

『おんな城主直虎』第3回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第3回 おとわ危機一髪 鶴丸(小林颯)と夫婦になることを拒み、出家をしようとしたおとわ(新井美羽)の捨て身の行動は、主家である今川義元(春風亭昇太)の怒りを買うことになる。義元は忠義の証しとして、おとわを人質に差…

『おんな城主直虎』第2回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』 第2回 崖っぷちの姫 謀反人の嫡男として今川の追っ手に命を狙われる亀之丞(藤本哉汰)を逃がすため、おとわ(新井美羽)は「ある秘策」を思い付く。おとわの命懸けの策が功を奏し、亀之丞は無事、信濃へと落ち延びる。 井伊…