森の踏切番日記

読書録など気ままな日記をグダグダやってます

『おんな城主直虎』第5回の感想は無理!

大河ドラマ『おんな城主直虎』

第5回 亀之丞帰る


f:id:morifumikirikita319:20170205213316j:image

天文23年(1554)、春。成長した次郎法師(柴咲コウ)は僧としての修行を積みながら、行方知れずの亀之丞(三浦春馬)の帰りを待つ日々を過ごしていた。駿府では今川義元春風亭昇太)が武田・北条との縁戚関係を背景に一層権勢を振るい、三河平定に乗り出そうとしていた。

この今川家の威光をかさに井伊家中での実力をさらに強めた小野政直吹越満)は、嫡男・政次(高橋一生)と奥山朝利(でんでん)の娘を夫婦にし、その子を井伊家の後継者にしようと画策する。だが、小野家を毛嫌いする直平(前田吟)らは、これに猛反対する。そんな中、政直が突然、病に倒れる。

そして、情勢が変わり、信濃に逃れていた亀之丞を呼び戻す好機が訪れる。間もなく、たくましい青年となった亀之丞が井伊谷に帰還。宿命の三角関係が新たに動き出す。

 

────────────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20170205213212j:image

大人編の初っ端は、軽い下ネタで来たか。それでも、夫婦間の問題は大事だよね。まあ、未婚の若い尼さんに言われたくはないけどね。


f:id:morifumikirikita319:20170205213221j:image

次郎法師と小野政次の関係がよくわかる場面でした。


f:id:morifumikirikita319:20170205213232j:image

二人の関係は、今のところ変化なし。


f:id:morifumikirikita319:20170205213253j:image

井伊家の後継者問題は井伊家にとって重要な問題。むしろ、亀之丞の帰還頼みの井伊家が無策な印象。小野政直に付け込まれても仕方が無いと思う。


f:id:morifumikirikita319:20170205214413j:image

突然の病に倒れる。老け込み方がすごいから、ずっと体調不良だったと推測されるな。末期癌か?


f:id:morifumikirikita319:20170205214035j:image

瀬名来た!


f:id:morifumikirikita319:20170205214012j:image

瀬名キレイ!


f:id:morifumikirikita319:20170205214050j:image

瀬名こわっ!


f:id:morifumikirikita319:20170205214103j:image

瀬名、期待通り!


f:id:morifumikirikita319:20170205214113j:image

三河のぼんやりと結婚するのは三年後。 


f:id:morifumikirikita319:20170205214124j:image

この時、竹千代は満11歳のはず。いくらなんでも無理ありすぎだろ。


f:id:morifumikirikita319:20170205214924j:image

みんなそれなりに年をとったけれども、ひい爺さんは元気だな。後ろで天下一武道会を目指しているクリリンも気になるな。


f:id:morifumikirikita319:20170205214933j:image

小野政直には、性格の善し悪しはともかくとして、一分の理があるように思われる。彼は、井伊家からは毛嫌いされているけれども、戦国時代にあっては、悪と云うほどのものでもないと思う。


f:id:morifumikirikita319:20170205214939j:image

なんだかんだ云っても、井伊家にとって今川家との取り次ぎ役は重要であるし、この十年間井伊家は大過なく過ごせたのだから、小野政直は、やり手だったと云えるのではないだろうか。


f:id:morifumikirikita319:20170206170347j:image

小野政直の性格のやらしさは面白かったので、これで終わりなのは、ちょっと残念だな。


f:id:morifumikirikita319:20170205230315j:image

政直「お前は必ずわしと同じ道をたどるぞ」

同じ道というか、もっと修羅の道というか。
 


f:id:morifumikirikita319:20170205214434j:image

今川義元の跡継ぎ、今川氏真のもとに北条の姫が嫁いできた。

f:id:morifumikirikita319:20170205214423j:image

ああ、めでたやめでたや。

 


f:id:morifumikirikita319:20170205215609j:image

ここからはラブコメ路線に突入。


f:id:morifumikirikita319:20170205215622j:image

やはり、コミカルな感じで行くようだな。


f:id:morifumikirikita319:20170205215650j:image

まあ、見れなくはないが、わざわざ見たいとも思わないな。


f:id:morifumikirikita319:20170205215712j:image

ブコメを見るなら、別に大河ドラマじゃなくてもよいし。大河ドラマにラブコメを求めてはいないし。


f:id:morifumikirikita319:20170205215720j:image

柴咲コウはいい感じ。特に読経は惚れ惚れする。かなり練習したのだろうな。 


f:id:morifumikirikita319:20170205215732j:image

夢の中にこの顔が出てきたら、確実に悪夢だな。


f:id:morifumikirikita319:20170205215700j:image

ハハハハハハハハハハハハハハ


f:id:morifumikirikita319:20170205215750j:image

🙀私事ですが、先週はボケ強化合宿を行いました。


f:id:morifumikirikita319:20170205215759j:image

🙀苦笑したい方はこちらをご覧下さい。


f:id:morifumikirikita319:20170205220407j:image

😽ボケてみました - 森の踏切番日記


f:id:morifumikirikita319:20170205220416j:image

😽今日もボケてみました - 森の踏切番日記


f:id:morifumikirikita319:20170205220427j:image

🙀かなり、レベルの低い出来です。ボケるのは、ホント難しい。


f:id:morifumikirikita319:20170205220450j:image

成長した亀。甲羅は背負っておらんのだな。


f:id:morifumikirikita319:20170205220458j:image

高橋一生三浦春馬の雰囲気も悪くはない。


f:id:morifumikirikita319:20170205220435j:image

ただ、今のところ有りがちな展開と台詞回しで惹きつけられる所が無い。


f:id:morifumikirikita319:20170205220513j:image

イケメンに興味は無いし。


f:id:morifumikirikita319:20170205220522j:image

十代のコが、こういう仕草をすればカワイイと思うのだが。と言ってはいけないのかな。


f:id:morifumikirikita319:20170205221019j:image

もひとつ興味が湧かんなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170205221030j:image

傑山ジッと見守る。何かあった場合は止めに入る気なのか。野暮じゃね?


f:id:morifumikirikita319:20170206112008j:image

亀「俺はおとわと一緒になるつもりじゃ」


f:id:morifumikirikita319:20170205221037j:image

亀はずっと想い続けていたのだな。


f:id:morifumikirikita319:20170205221045j:image

この路線は感想書きにくい! 


f:id:morifumikirikita319:20170205221054j:image

無理!

 

 

 

📄この記事の続き

 

📄この記事の前

(太字のタイトルをタップして下さい)

 

📄関連日記

🔘『真田丸』最終回の感想・その1 「腐縁」 - 森の踏切番日記 

『真田丸』最終回の感想・その2 「馬印」 - 森の踏切番日記

『真田丸』最終回の感想・その3 「敗着」 - 森の踏切番日記

『真田丸』最終回の感想・その4 - 森の踏切番日記

🔘『真田丸』第49回「前夜」の感想 その1(夏の陣開戦) - 森の踏切番日記

『真田丸』第49回「前夜」の感想 その2(道明寺の戦い) - 森の踏切番日記

『真田丸』第49回「前夜」の感想 その3(ずんだ餅) - 森の踏切番日記