森の踏切番日記

人生LARKしたい

『おんな城主直虎』第6回の感想

大河ドラマ『おんな城主直虎』

第6回 初恋の別れ道


f:id:morifumikirikita319:20170212210120j:image

井伊谷への帰還を果たした亀之丞(三浦春馬)は、元服して井伊直親と名を改める。直親は、次郎法師柴咲コウ)を還俗させて、自分の妻に迎えたいと願い出る。

だが、政次(高橋一生)は、まず今川家に直親の帰還を許してもらうことが先決だとして反対する。実は、次郎法師の出家は、今川による井伊の「本領安堵」の条件になっていたのだ。

駿府に出向いた新野左馬助刈谷俊介)は、今川家が尾張の織田攻めに向けて、隙あらば軍役を課そうとしているという噂を聞き、次郎法師の還俗を願い出るのは諦めた方がいいと直盛(杉本哲太)に進言する。それでも夫婦になることを諦め切れない直親は、次郎法師にある提案を持ち掛ける。

 

🐱画像は、ドラマの進行通りになっていない箇所があります。

────────────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20170212210224j:image

🐱まずは先週の続きからですか。


f:id:morifumikirikita319:20170212210238j:image

🐱なんと、南渓和尚まで見守っていたのか。


f:id:morifumikirikita319:20170212210257j:image

南渓「まあ、こういう事になるはのう」

 😽なるはのう。


f:id:morifumikirikita319:20170212210313j:image

弘治元年(1555)、信濃より亀之丞帰国。元服して、井伊直親を名乗る。

🙀コケコッコーて聞こえた。


f:id:morifumikirikita319:20170212210708j:image

🐱一族郎党勢揃い。この中で物怖じせず意見を言う小野政次は、若いながらも既に有力者の風格が感じられるが、親父のこともあるし、他の者からは、どのように見られているのか気になるところ。


f:id:morifumikirikita319:20170212210722j:image

政次「恐れながら、まずは今川の太守様に直親様の帰参をお許し頂く事が先決かと存じます」


f:id:morifumikirikita319:20170212210734j:image

🐱冷静に意見する政次。て言うか、他の人たちがお気楽過ぎだな。この中では、政次は孤立しそうだな。

 


f:id:morifumikirikita319:20170212211418j:image

🐱直親は、おとわが還俗して夫婦になることを当然の事として考えているのだな。苦労したにもかかわらず楽天的な性格なのは父親譲りなのか。それが甘さにならねばいいのだが。


f:id:morifumikirikita319:20170212211433j:image

🙀また、コケコッコーて聞こえた。

🙀コケコッコーを二回かぶせてきたのは、どういう演出?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212211446j:image

😽なんか、既視感があり過ぎ。真田丸ファンへのサービスか?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212211504j:image

😽駿府。このためだけのエキストラ多数。


f:id:morifumikirikita319:20170212211523j:image

😻瀬名様。


f:id:morifumikirikita319:20170212211537j:image

🙀気が強え。


f:id:morifumikirikita319:20170212211552j:image

😽いかにも戦は出来なさそう。


f:id:morifumikirikita319:20170212211604j:image

😽この時、竹千代は満12歳のはず。中学一年生ですよ、言ってみれば。 


f:id:morifumikirikita319:20170212211616j:image

😽八つ当たり?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212214250j:image

🐱南渓和尚の話。昔、超という国に道威という王がいた。王には甲乙つけがたい二人の大臣、中と伯がいた。ところが、ある争いから王はどちらかを追い出さなければならなくなった。


f:id:morifumikirikita319:20170212212219j:image

🐱そこで、王は二人に饅頭を与えた。中は饅頭を人に与えて食べさせた。伯は大事にしまっておいて、饅頭をカビさせてしまった。


f:id:morifumikirikita319:20170212212230j:image

🐱さて、王はどちらの大臣を選んだか? という感じの話だったかな?


f:id:morifumikirikita319:20170212212239j:image

🐱王は伯を選んだ。何故か?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212212251j:image

🐱脚本担当の森下佳子は、政次が月のイメージで、

 
f:id:morifumikirikita319:20170212212301j:image

🐱直親が太陽のイメージだとコメントしているそうだが、直親の方は、単純に陽性のイメージがするけれども、


f:id:morifumikirikita319:20170212212312j:image

🐱政次の方は陰性にしても、もっと屈折していそうな感じがする。

政次「聖人君子でもなかろうに」

 


f:id:morifumikirikita319:20170213201811j:image

😺直親は太陽のイメージだからコケコッコーをかぶせてきたとか? 考えすぎ?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212214201j:image

🙀このお猫様は、「にゃんけい」と呼ばれているのだな。初めて知った。虎にはならないのか。


f:id:morifumikirikita319:20170212214212j:image

😽千賀「和尚様の師匠は、あの猫なのですね」

 


f:id:morifumikirikita319:20170212213332j:image

😽じじ様元気あり過ぎ! よく考えたら、おとわも直親も、このじじ様の血を引いていたのだった。

 


f:id:morifumikirikita319:20170212213345j:image

😽ということで、直親が暴走するのも無理はないか。

直親「とにかく俺はおとわと夫婦になり子を作る」

 
f:id:morifumikirikita319:20170213012011j:image

🐱直親の考えは、おとわを死んだ事にして、別人に成りすますというもの。


f:id:morifumikirikita319:20170212214232j:image

🐱なんて言うか、おとわの幸せを考えているようで、結局、身勝手な考えに過ぎないのではないかという気がしないでもない。


f:id:morifumikirikita319:20170212215301j:image

😽見守り人傑山


f:id:morifumikirikita319:20170212215312j:image

😽早速、報告。


f:id:morifumikirikita319:20170212214309j:image

🐱どう転んでも、おとわが普通に幸せな結婚をするのは、無理な話だな。というか、戦国時代には、武家の結婚と言えば、政略のためと決まっているものな。

 

f:id:morifumikirikita319:20170212214320j:image

🐱そこのところが、このドラマでは、変に現代的に描こうとし過ぎていると云えなくもないな。

 


f:id:morifumikirikita319:20170212215100j:image

🙀で、こうなる。


f:id:morifumikirikita319:20170212220139j:image

🙀ううむ。やっぱり、無理。

 


f:id:morifumikirikita319:20170212215121j:image

🐱南渓和尚の謎かけを見事に解いた次郎法師

 
f:id:morifumikirikita319:20170212215133j:image

🐱井伊家のためには誰かが犠牲にならなくてはならない。


f:id:morifumikirikita319:20170212215148j:image

🐱それが不幸な人生と考えるかどうかは、本人次第ではなかろうか。


f:id:morifumikirikita319:20170212215202j:image

🐱ようやくドラマが始まったという感じだな。


f:id:morifumikirikita319:20170212215217j:image

😽それにしても、何故BGMがジブリ風?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212220156j:image

🐱これを牽制と見るか、親切な忠告と見るか。直親は、親切な忠告のつもりかも。


f:id:morifumikirikita319:20170212220207j:image

🐱政次は、そのようには考えないだろう。あの父親の子だなあと思わせる演技は見事。後に何かやらかしそうな気配満々だな。男の友情が壊れるのは、金か女か出世がらみ。

 


f:id:morifumikirikita319:20170212220222j:image

🙀雀を手なずけた竹千代。


f:id:morifumikirikita319:20170212220235j:image

😽それで、見直して結婚するってか?

 


f:id:morifumikirikita319:20170212220245j:image

🐱今回は、なかなか見応えがありました。


f:id:morifumikirikita319:20170212220258j:image

🐱特に、高橋一生が良かったと思う。あと、前田吟は、和ませてくれる。


f:id:morifumikirikita319:20170212220309j:image

🐱ただ、次回からの展開がどうなるのか、猫師匠は心配しておるな。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20170212224818j:image

🐱次の記事は『暗渠探偵タモリの事件簿~路傍の温泉』。暗渠探偵タモリと孫娘の近江ちゃんが、別府で難事件に挑む! 暗渠探偵タモリに迫る危機! 果たして事件は解決できるのか? そして、近江ちゃんが迎えた反抗期とは? さらに、女刑事タカラヅカとは何者か? すみません。少しふざけすぎました。

 

😽寒い日が続きますが、さらに寒くなりたい方は、こちらをご覧下さい。🐥

懲りずにボケてみました - 森の踏切番日記

 

 

📄この記事の続き

『おんな城主直虎』第7回の感想 - 森の踏切番日記

 

📄この記事の前

🔘『おんな城主直虎』第5回の感想は無理! - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第4回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第3回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第2回の感想 - 森の踏切番日記

🔘『おんな城主直虎』第1回の感想 - 森の踏切番日記