読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の踏切番日記

人生LARKしたい

シャーロック・ホームズとスチームパンクとマリア・アマンダ

雑記 読書 steampunk

MY LIBRARYーーーーーーーーー

シャーロック・ホームズヴィクトリア朝の怪人たち(1・2)

ジョージ・マン/編 尾之上浩司/訳

扶桑社ミステリー(2015/09/10・11/10)

★★★

────────────────────────────
f:id:morifumikirikita319:20170313094517j:image

Sherlock Holmes by Sydney Paget(1904)

 

 

🐱先週はピンタレストPinterest)でスチームパンク・ファッションのピン(画像)を集めるのについ夢中になってしまった。ピンタレストは元々ファッション関係に強いので色んなファッションのピンが豊富にあって次から次へと良いなと思うピンが出てくるのでキリが無いのだ。

Steampunk Girls - 森の踏切番日記

 

🐱スチームパンク・ファッションの中でも特にスチームパンク・ゴスが好きなのだけれど、スチームパンク・ゴスのピンを探すと、ゴシックのピンも当然出てくる。ゴシックが出てくれば、ゴスロリも当然出てくるし、ゴスロリが出てくれば、ロリータも出てくるし、ロリータが出てくれば、ロリータパンクも出てくる。ロリータパンクが出てくれば、当然昔ながらのパンクも出てくるし、アフロパンクも出てくるし、サイバーパンクまで出てくるし、普段は目にしない世界を色々垣間見られて興味深かった。

🐱ゴシックは、昔から好きだったのだけれど、やはり良いなあと改めて思った。特にMaria Amandaという人がすごく素敵だ。デンマーク人のモデルのようだ。推定28歳。思わず「MariaAmanda」ボードを作ってしまった。

🐱そう言えば、桜庭一樹の『GOSICK RED』をまだ読んでなかったな。読まなくては。

 

 

🐱こちらが Maria Amanda

 

f:id:morifumikirikita319:20170307190323j:image

✝✞✝ ᾔ૯ℴ~√ḯℭィℴ૨ḯaᾔ Ɠℴ†ℎḯℭ ✝✞✝ | MariaAmanda | Pinterest | Goth dress, Victorian gothic and Skirt pants

 

 

🐱エルサそっくり


f:id:morifumikirikita319:20170307214335j:image

MariaAmanda (Maria Amanda) - DeviantArt

 

 

🐱それはともかく、実を言うと、スチームパンク作品自体にはあまり興味がない。スチームパンクは設定が全てで内容的には他愛のないものが多いという印象(偏見)がある。小説にいたっては、ほとんど読んだことがない。スチームパンクは蒸気が出てナンボのものだから絵がないと面白くない。

 

🐱スチームパンクは設定が全てだから、スチームパンク・パイレーツとか、スチームパンク・バンパイアハンターとか、スチームパンクシェイクスピアとか、スチームパンク不思議の国のアリスとか、スチームパンクスターウォーズとか、スチームパンクスパイダーマンとか、スチームパンク・ニンジャとか、とにかく何でもありである。

 

 

🐱こちらはスチームパンク・赤頭巾


f:id:morifumikirikita319:20170307202306j:image

Steampunk Red Riding Hood | Steampunk | Pinterest | Steam punk, Red riding hood and Steampunk fashion

 

 

🐱こちらはスチームパンクハローキティ


f:id:morifumikirikita319:20170307190748j:image

Etsy.com | 世界中のクリエイティブな人々からユニークなショッピング体験より

(現在は販売していません)

 

 

🐱そういう訳なので、当然のことながらスチームパンクシャーロック・ホームズもあるのだ。上に挙げた『シャーロック・ホームズヴィクトリア朝の怪人たち』は、ホームズ・パスティーシュのアンソロジーで、全部で14本の短編が収録されている。作者はプロフィールから判断して、英国を中心としたB級の作家が多いという印象である。内容の方もB級の作品が多いが、そのB級の味わいが良いといえる。

🐱H・G・ウェルズの『宇宙戦争』の世界観で描かれたエリック・ブラウンの「火星人大使の悲劇」では火星人が出てきたり、デイヴィッド・バーネットの「ハドソン夫人は大忙し」では、実はハドソン夫人が名探偵だったり、本格的なホームズ・パスティーシュもあったりと、バラエティーに富んだ内容なので、それなりに楽しめた。

🐱中でも気に入ったのが、ニック・カイムの「シャーロック・ホームズフランケンシュタインの怪物」である。これには、フランケンシュタインの怪物だけでなく、スティーヴンスンのあの有名なキャラクターまで登場するという破天荒な内容である。そう言えば、『屍者の帝国』を本棚に突っ込んだまま未読だった。読まなくては。

🐱そして、編者ジョージ・マン自身の作品「地を這う巨大生物事件」がスチームパンクの世界で活躍するシャーロック・ホームズを描いている。ジョージ・マンはスチームパンクのシリーズ物を手がけていて、そのシリーズの世界にホームズとワトソンを登場させているのである。話としては他愛のない話だが、蒸気仕掛けの怪物と対決するホームズが見物である。

 

 

🐱こちらは、言わずと知れたGuy Ritchie監督によるRobert Downey Jr.Jude Lawの“A Game of Shadows”(2011)

 

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム (字幕版)

 

 

 

 

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち1 (扶桑社ミステリー マ 34-1)

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち1 (扶桑社ミステリー マ 34-1)

 

 

 

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2 (扶桑社ミステリー)

シャーロック・ホームズとヴィクトリア朝の怪人たち 2 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

 

 

📄関連日記

🔘ピンタレストで見つけたゴスな画像 - 森の踏切番日記 

🔘Steampunk Girls 2 - 森の踏切番日記