読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の踏切番日記

人生LARKしたい

ドラマ『貴族探偵』初回の感想など

面影が思い出せない花の雨

先週は満開だった桜も、あっという間に散ってしまいましたが、散歩道にあるしだれ桜が満開になり見頃です。

 

 

アニメ『有頂天家族2』第2回を視聴。先週は見なかったのだけれども、原作の良さを生かしながらも、アニメらしいスピード感があって面白かった。今回は、幻術師天満屋が登場。原作とは少し順番が異なるようだ。

 

 

森見登美彦の『有頂天家族 二代目の帰朝』は、日曜日に購入して現在読書中。こういう阿呆な小説は大歓迎。アニメの方も時間が合えば、これからも見てみたい。

 

 

アニメ映画『夜は短し歩けよ乙女』の方は、中村祐介の絵をそのままアニメにしていて、それはそれで良いと思うのだが、個人的には羽海野チカのキャラクターで見てみたかった。

 

 

森見作品では、『宵山万華鏡』が最も気に入っているのだが、アニメ化してくれないだろうか。

 

 

日曜日は、書店で湊かなえの『リバース』をチラ見した。ドラマとは関係なしに読んでみようかという気になった。

 

 

騎士団長殺し』は、がっつり立ち読み。一行読んだだけで引き込まれる文章は流石だなと思った。村上春樹は『ねじまき鳥クロニクル』で卒業したのだが、この作品は興味をそそる。ただ、物理的に重い。

 

 

テレビドラマ『貴族探偵』を視聴。月9を視聴するのは、何年ぶりだか。原作小説を気に入っているので、気になって見てみたのだが、原作の良さを生かしながらも、月9らしい味つけでなかなか楽しめた。

 

 

また生瀬かよ、という気がしないでもなかったが、悪くはなかった。相葉クンが出落ちで笑った。相葉クンは、どうしても貴族には見えない。他は言うことは無いのだけれども、それだけが残念。中山美穂のメイドは、意表を突かれた。

 

 

今期は、好きな小説を原作としたドラマやアニメが複数あるので、珍しくテレビをたくさん見そうだ。そんなこんなで、ブラタモリの感想がなかなか終わらない。

 

 

 

📄関連日記

🔘人生いたるところに夏休みあり - 森の踏切番日記

🔘『貴族探偵対女探偵』の感想~かさしのふこのもも - 森の踏切番日記

 

📄この記事の続き

🔘ドラマ『貴族探偵』第2回感想など - 森の踏切番日記