読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の踏切番日記

人生LARKしたい

アニメ『サクラダリセット』第1話の感想(やっと見れた)

#1 MEMORY in CHILDREN 1/3


f:id:morifumikirikita319:20170505195713j:image

アニメ『サクラダリセット』の第1話は見逃したのだが、ようやく見ることができた。ついでに、第2話も見直したので合わせての感想を簡単に書きとめて置こうと思う。

この第1話と第2話は原作小説『機械仕掛けの選択/サクラダリセット3』が基になっているが、この物語世界の設定を説明しながら、浅井ケイと春埼美空と相麻菫の3人をめぐる話とクラカワマリの話を同時に進めていかなければならないので、原作をかなり簡略化して分かりやすくする工夫をしている。

この工夫は、ある程度は成功していると思うが、それでも原作小説を読んでいない人には分かりにくかったかも知れない。原作小説を読んでいても集中して見ていないと内容を把握しきれない部分があった。第2話は1回目は深夜に見たこともあってあまり集中して見ていなかったので見直してみて見落としに気がついた。第1話も、もう一度見直さないと見落としがあるかも知れない。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505201339j:image

中学時代の春埼美空を見直してみて、ロングヘアーで無表情の春埼も良いなと再認識した。今も昔も声優さんに興味を持ったことはないが、この声優さんは結構気に入った。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505201708j:image

春埼美空の内面の問題については、アニメでもよく表現されていたと思う。彼女は感受性が強すぎるがあまりに自分の感情を封印してしまったのだと思う。この物語は彼女が感情を取り戻していく物語でもある。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505203518j:image

相麻菫の方は、自分がイメージしていたのとは少し違っていたのが残念だったが、見直してみてこれもまあ有りかな、と妥協した。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505204003j:image

原作小説を最後まで読んでいるので、相麻菫の一言一言に意味があることがよく理解できた。彼女の言葉は全てこの緻密に構成された物語の伏線と云ってよい。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505204422j:image

そして、これは原作小説を読んでいない人にはネタバレになるから詳しくは云わないが、彼女とケイの会話の一つ一つ、その時の彼女の表情の一つ一つが、意味を持っていることがよく分かるので、彼女がどういう思いでいるのかを考えると、彼女の切なさがよく伝わってくる。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505205248j:image

第1話と第2話から相麻菫が浅井ケイが大好きだということがよく伝わってきた。そして、彼女は自分が失恋することを分かっていたことも伝わってきた。

彼女が、何故浅井ケイを好きになってしまったのか、何故浅井ケイを春埼美空と引き合わせたのか、それが今後の展開の鍵となる。

第1話の終わりに、相麻菫が橋から落下する場面が唐突に挿入されていたと思うが、必要だったか疑問に思う。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20170505210947j:image

クラカワマリの問題の方は難しい問題を含んでいて、真面目に考えると長くなるので、ここでは触れません。

 


f:id:morifumikirikita319:20170505210412j:image

そういえば、猫形キーホルダーのエピソードは無かったような気がする。『MEMORY in CHILDREN』は、3回に分けるようなので、後の1回を、『WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL』のエピソードの後に持っていくつもりのなのか。

 

 

 
f:id:morifumikirikita319:20170505220349j:image

📄関連日記

🔘アニメ『サクラダリセット』第2話を視聴 - 森の踏切番日記

🔘アニメ『サクラダリセット』第3話を視聴 - 森の踏切番日記

🔘アニメ『サクラダリセット』第4話の感想 - 森の踏切番日記

🔘アニメ『サクラダリセット』第5話の感想 - 森の踏切番日記