森の踏切番日記

人生LARKしたい

『魔女と思い出と赤い目をした女の子/サクラダリセット2』の時間の流れ方のまとめ

WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL

 

🐱これは、『魔女と思い出と赤い目をした女の子/サクラダリセット2』(河野裕著・角川文庫)の時間の流れ方をまとめたものです。あらすじではありませんが、だいたいの内容は分かるようになっていますので、ネタバレ注意です。アニメの方は、多少簡略化されると思います。

 


f:id:morifumikirikita319:20170510085303j:image

 

 

8月7日(月曜日)

💙午前11時49分32秒 セーブ 喫茶店。ケイと春埼。アイスコーヒー。

────────────────────────────

🅰午前11時49分32秒(セーブ直後)ここから

 

8月8日(火曜日)

 

8月9日(水曜日)

午前11時30分頃 咲良田郊外の、とあるバス停。浅井ケイ、非通知くんと電話。「マクガフィンの噂が流れたのは二年前」という情報など。続いて、津島から電話。

▶佐々野宏幸と出会う。ケイは佐々野と会う約束をしていた。

▶佐々野宅。水羊羹。用件は、マクガフィンを譲って欲しいという申し出。

マクガフィンは、津島から渡されたケイが所持している。

※佐々野は、8月3日の夕方に赤い目をした女の子に自身の能力を封じられてしまった。佐々野の能力は、写真の中に入ることができるという能力。 

※ケイは、佐々野が持つ写真に「二年前に死んでしまった」女の子が写っているのを発見する。

午後3時過ぎ ケイ、帰宅。村瀬陽香に電話。続いて、佐々野に連絡。

午後6時47分 非通知くんから電話。佐々野宏幸に関する情報。

※咲良田の能力は38年前に発現し、管理局が創設された。佐々野は創設時の管理局員だった。

▶ケイの回想。二年前、「野良猫みたいな」少女に初めて会った時のこと。

「ねえ、貴方」

「泣いているの?」

 

8月10日(木曜日)

午前7時 ケイ、メールの着信音で起床。春埼から。〈今から行ってもいいですか?〉〈いいよ〉

▶直後、玄関チャイム。春埼美空。

▶春埼手製のサンドウィッチで朝食。

午前9時 管理局員が迎えに来る。

▶ケイと春埼、管理局員の車で移動。

▶街外れのとあるビル。

▶ケイだけ上の階の奥の部屋に案内される。

▶ケイ、魔女と面会。

お久しぶり。それとも、初めましてと言うべきかしら?」

「会いたかったわ、浅井ケイ。ずっと、貴方に謝りたいと思っていたの」

※ケイは、四年前、プチ家出をして乗った電車の中で、魔女と電話で会話をしたことがある。その結果、ケイは咲良田を訪れた。

※魔女の能力は、極めて正確に未来をシミュレーションできる能力。誰かに触れると、相手の未来が思い浮かぶ。自分に触れると、自分の未来が思い浮かぶ。

「私は、咲良田の未来を監視するシステムなの」

▶ケイ、一人でビルの外に出る。通りの向こうから赤い目をした女の子が歩いてくる。

「やっほう、先輩」

◽一方、春埼は魔女と面会。

「貴女は、石に恋することができる?」

▶赤い目をした女の子は、ケイの中学校時代の1学年下の後輩・岡絵里だった。

※岡絵里は、ケイからマクガフィンを奪うことと春埼からリセットを奪い取ることを予告する。

「私はね、先輩が大嫌いなんだ」

▶ビルから春埼が現れ、小走りでケイの元に近づいてくる。

「リセット」ここまではキャンセル🅰

🚫〈アニメ#6(1/3)はここまで〉

────────────────────────────

 

8月7日(月曜日)2回目

💙午前11時49分32秒(セーブ直後)喫茶店。ケイと春埼。アイスコーヒー。

「どうやら、リセットしたみたいだね」 

※岡絵里の旧姓は藤川。両親が離婚して岡絵里になった。ケイは、父親のDVに悩まされていた絵里に「あまりよくない方法」で協力した。

▶移動中、ケイ、電話を3本。非通知くん、村瀬陽香、津島。

▶スワンプマンの話。

「私とまったく同じ世界を持つ人は、存在しないのよ。私の他には」

▶七坂中学校で岡絵里に関する聞き込み。美術部の女の子の証言。

▶午後3時。校庭の隅のベンチ。

「なら私は、決してこの能力を失いません。絶対に」

夜の遅い時間 ケイ。津島から電話。

「お前も深入りするな」

 

8月8日(火曜日)2回目

午前10時30分 岡絵里。回想。

午前11時 村瀬陽香。岡絵里を捜索。

 

◾ビルの一室にいる魔女。未来視。

「やっほう。私はあんたを奪いに来た」

 

午前11時45分 喫茶店。ケイと春埼。スパゲッティ・ミートソースとレモンスカッシュ。

午前11時49分32秒 セーブ(このセーブは後でキャンセルされる)

同時刻 とあるコンビニ前。村瀬陽香。コンビニから岡絵里が出てくる。

 

午後0時過ぎ。佐々野宅の庭。佐々野宏幸。10分間だけ存在する写真の中の世界で28年前の魔女と会う。(写真の中は桜の季節。魔女は34歳)

 

午後0時15分 喫茶店。ケイに村瀬から電話。

「お願い、助けて。すぐに来て」

▶ケイ、財布を春埼に投げて、春埼を置いて外へ飛び出す。

◽春埼、自分の財布で会計を済ませて自宅へ向かう。最後の角を曲がったとき、後ろから叫び声。

「見つけた」

▶一方、ケイは村瀬を発見。

「ねえ、浅井。誰も、追いかけてきてない?」

▶公園へ移動。ケイ、岡絵里の目的に気が付き春埼に電話。

「やっほう、先輩」

「リセットを返して欲しければ、マクガフィンを寄越せ」

午後1時30分 春埼の部屋。ケイと春埼。

「お願いです。リセットを取り戻して下さい」

▶春埼自宅前。村瀬、ケイと春埼。

▶村瀬、岡絵里を尾行するため去る。ケイと春埼。

「君ももう少し友達を作った方がいいよ?」

「ちなみに、おすすめは?」

「野ノ尾さんかな?」

「善処します」

午後2時15分 佐々野宅近くのバス停。岡絵里。管理局員Xと電話。

※岡絵里は管理局員Xから佐々野宏幸の写真を全て処理するように指示されている。

午後3時 とある小さな公園。ケイと春埼。津島と待ち合わせ。岡絵里の能力に関する情報。

午後5時過ぎ ケイ。岡絵里から電話。

「私は絶対、あんたを許さない」

午後8時45分 海辺の灯台。ケイ、階段を上がって灯台を周回する通路へ。そこに岡絵里がいる。

「私は先輩を倒す。先輩が弱くなったって証明する」

▶ケイを写真の中に閉じ込めた岡絵里は、階段を下りる。途中、春埼に電話。

灯台の下。春埼がいる。岡絵里、春埼と対峙する。

🚫〈アニメ#7(2/3)はここまで〉

灯台の扉の向こうから、村瀬陽香登場。

▶岡絵里、退散。

▶春埼、灯台の上のケイの元へ。階段に座り込む二人。

「能力の使い方を思い出しました。ありがとうございます」

💚午後9時28分55秒 セーブ

────────────────────────────

🅱午後9時28分55秒(セーブ直後)ここから

 

8月9日(水曜日)2回目

午前9時30分 ケイ。ベッドの上で考えごと。キッチンで立ったまま食事。

郵便小包が届く。中には佐々野所有の写真が三枚。一枚は佐々野の家の庭の写真、一枚は二年前に死んだ「彼女」の写真、残る一枚は海岸に立つ若い頃の魔女の写真。最後の写真にメモ。

──今すぐ私に会いに来て。あとの二枚はプレゼント。

▶ケイ、バスで海岸へ。写真の中の若い頃の魔女に会う。(写真の中は肌寒い季節。魔女は、おそらく34歳)

※佐々野の写真は、写真に写っている場所で破らないと効果がない。写真の中の人物は、実在の人物のコピーに過ぎない。

「こんな未来、私はみていなかった」

「つまり、私が、私を裏切ったのね」

「8月9日、午後9時18分、岡絵里は私の前に現れる」

 

◾ビルの一室にいる実在の魔女。未来視。

「そこまでだよ、岡絵里」

 

午前11時 ケイ、バスで移動。佐々野宏幸に電話。春埼と村瀬にも連絡。

午後4時 ケイ、春埼・村瀬と合流。バスで移動。

▶佐々野宅。三人、佐々野と打ち合わせ。

「僕は意外と頑固なんだ」

「それは知っています」

▶佐々野の車で移動。

午後8時45分 ケイ達、魔女のいるビルに到着、待機。

午後9時10分 岡絵里が現れて、ビルに侵入。3分後、ケイ達も侵入。

「そこまでだよ、岡絵里」

▶管理局員と対峙するケイ。佐々野は通路の写真を撮り、村瀬が受け取りビルを脱出。

※村瀬の能力はリセットの効果を無視できるので、リセット後の世界に写真を持ち込む事ができる。ただし、リセット後もリセット前の場所に留まってしまうので、村瀬がビル内にいる間はリセットを使えない。だから、ケイは時間稼ぎをする必要がある。

▶ケイのケータイに村瀬から着信。

「リセット」ここまではキャンセル🅱

────────────────────────────

 

8月8日(火曜日)3回目

💚午後9時28分55秒(セーブ直後)灯台の階段に座り込むケイと春埼。

「リセットしたみたいだね」

※村瀬は能力を使ってリセットの効果を打ち消したので、写真を持って魔女のいたビルの外にいる。(リセットは、過去を再現する能力であって、時間移動する能力ではない)

▶村瀬を迎えに行くために立ち上がるケイ。

「手を」

「いいんですか?」

「階段を踏み外すと危ないよ」

◾ケイ、電話で佐々野にリセット前にあった出来事を説明。

 

8月9日(水曜日)3回目

午前9時30分 ケイ、ベッドから抜け出してキッチンで立ったまま朝食。トーストとレタスとオイルサーディン。

午前10時 郵便小包が届く。三枚の写真。

午前10時30分 ケイ、外出。

 

◾ビルの一室の魔女。未来視。

「これは回避されるべき未来です」

※まずケイは、村瀬の能力を使ってビルに侵入し魔女に写真を手渡す計画を立てる。魔女は、その計画が実行された未来を未来視する。魔女は、その未来を回避するために、ケイがビルに来られるように手配することになる。

 

午前11時 岡絵里が住むマンションの前。ケイ、岡絵里を電話で呼び出す。

「先輩は、ずるい」 

「私は先輩に勝たないといけないのに。戦いたいのに、戦わせてくれない」

▶ケイ、岡絵里と別れる。津島から電話。

「ある人物がお前に会いたがっている」

午後1時30分ごろ ケイ帰宅。

午後4時 管理局員がケイを迎えに来る。

▶管理局員の車で移動。魔女のいるビルへ。

▶ケイ、魔女のいる部屋に案内される。

お久しぶり。それとも初めましてと言うべきかしら?」

▶ケイ、魔女に写真を手渡す。

「会いたかったわ、浅井ケイ。ずっと、貴方に謝りたいと思っていたの」

「貴方は、石に恋することができる?」

▶ケイ、ビルを出る。春埼からメール。

──少しだけ会えませんか?

▶ケイ、春埼に電話。

▶ケイ、バス停で春埼と待ち合わせて会う。

「私はいつも、貴方が正しいのだと、信じています」

「だから私は、いつでも貴方に従います」

「それが間違っているのだと、ケイは思いますか?」

「ごめん。答えられない」

「春埼…」

午後8時過ぎ ケイ、佐々野宅の近くで待機。タクシーがやって来て、少し離れた位置に停車。魔女が降車。

「貴女の未来が、幸福なものであることを願っています」

▶魔女は、浅井ケイの未来について、ほんの数分間だけ語る。

「貴方は彼女に、もう一度出会う」

▶魔女は、佐々野宏幸の家へ向かう。

※魔女は、一週間後に自分が死ぬことを未来視によって知っていた。彼女は、最後の一週間を佐々野宏幸と過ごすために岡絵里と浅井ケイを利用して、監視状態にあったビルからの脱出を計画した。浅井ケイは、岡絵里が犠牲にならない方法で彼女の計画が成功するように変更させた。

🚫〈アニメ#8(3/3)はここまで〉

 

 

 

8月11日(金曜日)

◽春埼美空、ケイに言われた通りに野ノ尾盛夏と友達になるために野ノ尾のいる社へ行く。

🐱「ある日の春埼さん ~友達作り編」(『さよならがまだ喉につかえていた/サクラダリセット4』収録)

 

8月12日(土曜日)

💛午後0時29分02秒 セーブ 佐々野宅の庭。ケイ、春埼、村瀬。

────────────────────────────

❌午後0時29分02秒(セーブ直後)ここから 三人、写真の中の世界に入る。満開の桜。村瀬は花びらを一枚持って能力を使いリセットに対抗。セーブから1分後。

「リセット」 ここまでキャンセル❌

────────────────────────────

💛午後0時29分02秒(セーブ直後) 村瀬の手の中には花びらが一枚。

※つまり、写真の中の物質を実在の世界に持ち出せるということになる。

「僕は、相麻菫を生き返らせる」

「写真の中の彼女は、本物の彼女なのですか?」

「僕には、わからない」

 

 

 

📄関連日記

 

🔘アニメ『サクラダリセット』第6話の感想 - 森の踏切番日記

🔘アニメ『サクラダリセット』第7話の感想 - 森の踏切番日記

🔘アニメ『サクラダリセット』第8話の感想 - 森の踏切番日記

 

 

📄この記事の前

🔘『猫と幽霊と日曜日の革命/サクラダリセット1』時間の流れのまとめ - 森の踏切番日記