森の踏切番日記

読書録など気ままな日記をグダグダやってます

ドラマ『貴族探偵』第5回の感想と第6回の予想


f:id:morifumikirikita319:20170516181857j:image
 

ドラマ『貴族探偵』第5回

🐱今回は、原作小説『貴族探偵』収録の短編「春の声」を基にした話の前編。桜川家という由緒ある大富豪の邸宅で同時多発密室殺人事件が発生する。

🐱これまでの放送からドラマとしては最早期待していないのだが、原作小説の中で最も複雑で秀逸なミステリをどのように映像化するのか見てみたかった。

🐱登場人物は、桜川家当主の桜川鷹亮(車椅子)、孫娘の弥生、外孫の皐月、代々執事を勤める愛知川とその息子の友也(片脚が不自由)、弥生の婿候補の金山、水口、高宮(左利き)、尼子の4人である。そこに女探偵高徳愛香と貴族探偵が加わる。金山はドラマオリジナルの登場人物で、今回毒殺未遂事件の被害者となり病院に送られる。

🐱殺人事件は、別邸の中で婿候補の3人がほぼ同時刻に各部屋で殺されたというもの。原作では、外に雪が積もっていて外部からの人の出入りが無いことが明らかにされているが、外部から人の出入りが無いことが分かればシチュエーションはどうでも良い。別邸は密室状態で婿候補の3人しかいなかったことが分かれば良い。

 

🐱まず、水口から「尼子が殺された」という内線電話があり途中で応答が無くなった。一同が水口の部屋に駆けつけてみると、背中にナイフを突き立てられて死んでいた。ナイフは各部屋に常備されている果物ナイフだが、水口の部屋のナイフはサイドボードに置いてあった。つまり、別の部屋のナイフが凶器として使われたことになる。灰皿にはタバコの吸い殻。

🐱次に尼子の部屋へ行くと、尼子は鈍器で側頭部を殴られて死んでいた。凶器はエントランスにあったオブジェの一部で、長さ50センチほどの金属製の棍棒状のもの。エントランスのオブジェには同じような棒が3本並んで立てられていたが右端が一つ欠けていた。この部屋のナイフが見当たらない。ゴミ箱にはリンゴの皮と芯が捨てられている。尼子はタバコを吸わないが、灰皿には片方のレンズがひび割れたメガネが中に入っていた。これは尼子が掛けていたメガネだった。灰皿の下には貴族探偵の黄金の名刺が敷かれていた。

🐱最後に高宮の部屋へ行くと、高宮は首を紐で絞められて死んでいた。右手に金メッキされた上着か何かのボタンを一つ握っていた。

🐱原作で与えられたヒントは、だいたいこの程度だった。今回の放送でも同様だったと思う。ここまででは、まだ情報が十分ではない。

 

🐱原作に無いドラマオリジナルの事件としてドラマオリジナルの登場人物である金山の毒殺未遂事件があったが、こちらの犯人も情報が不足していて分からない。今回は2回に分けて放送するので、話をふくらませる必要があるのだろう。弥生と友也の身分違いの恋なんかもありそうだが、陳腐な話になりそうだ。

 

🐱原作のこの後の展開を少しだけ紹介すると、貴族探偵は例の3人の使用人に3つの殺人事件をそれぞれ担当させ調査と推理をさせる。

🐱それによると、水口の刺傷は即死ではないが致命傷。ナイフには尼子の指紋。水口の額にはたんこぶが二つ、一つは事件当日の朝に出来たもの。

🐱尼子は、右側頭部を正面から三度に亘り殴られて殺害された。つまり、凶器を左に持っていた可能性が高い。凶器に指紋は無し。灰皿には割れたメガネの細かい破片。灰皿の方にも少し亀裂が有り。その灰皿から高宮の指紋が検出された。現場の他の場所からは検出されなかった。

🐱高宮の死因は窒息死。索状痕は一筋だけ。つまり、犯人は背後から一気に絞め殺した。右手に握られていたボタンは水口のもので、確かに水口のクロゼットに掛かっていたジャケットの右袖のボタンがなくなっていた。このジャケットは、水口がその日の昼に着ていたもの。夕食時にはボタンは着いていた。ただし、水口が入浴中に何者かが部屋から持ち出した可能性が無いわけではない。

🐱そして、奇妙なことに高宮の遺体が身につけていたのは、尼子の上着とスラックスだった。

🐱以上のことから、これらの事件は一見すると、尼子が水口を刺殺し、水口が高宮を絞殺し、高宮が尼子を撲殺したことになる。そんなことがあり得るのか。果たして真相は如何に、ということになる。

 🐱これだけのヒントで、この事件の驚愕の真相を全て解明出来る人はかなりの強者だと思う。ミステリ部分のプロットについては、ドラマの方も原作に忠実なので、おそらくドラマもこのような展開になるのではないかと思う。

 

🐱原作には女探偵は登場しないが、ドラマでは女探偵が誰を間違えて犯人扱いするかも見所になる。お約束としては貴族探偵を犯人だと断定するのだが、どうなるのか。

🐱金山の毒殺未遂事件の犯人については、婿候補の3人のうちの誰かだとストーリーに影響がないし誰が犯人でも構わない。友也が犯人という可能性も無いわけではないが、そうなるとつまらない話になりそうだ。

🐱来週の月曜日は所用があって、残念ながらテレビは見られそうに無い。🐥

 

 

📄この記事の前

🔘ドラマ『貴族探偵』第4回感想など - 森の踏切番日記

 

 

 

貴族探偵 (集英社文庫)

貴族探偵 (集英社文庫)