読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の踏切番日記

人生LARKしたい

アニメ『サクラダリセット』第7話の感想

#7WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL 2/3


f:id:morifumikirikita319:20170519033918j:image

佐々野氏のアルバムにあったポラロイド写真。


f:id:morifumikirikita319:20170519033934j:image

二年前に死んでしまった少女が写っていた。右手に何か石のようなものを持って、こちらに差し出している。


f:id:morifumikirikita319:20170519033950j:image

原作では、この場面はリセットする前の8月9日(水曜日)、佐々野宅を訪れた日の夜のことになっています。


f:id:morifumikirikita319:20170519083814j:image

浅井ケイは、眠りにつく前に二年前のことを回想します。


f:id:morifumikirikita319:20170519103244j:image

二年前の4月8日(木曜日)、中学2年になったばかりの浅井ケイは、一人でたそがれていた。


f:id:morifumikirikita319:20170519035818j:image

「ねえ、貴方。泣いてるの?」

「どうして、そう思うの?」

「理由なんてないわよ。でも、こう尋ねれば返事をしてくれるような気がしたの」


f:id:morifumikirikita319:20170519034055j:image

原作を最後まで読んでから相麻菫の場面を見ると、相麻菫の気持ちがよく分かって全く違って見えてくる。


f:id:morifumikirikita319:20170519034111j:image

こんな可愛らしい女の子にジッと見つめられたら照れるよな、普通。


f:id:morifumikirikita319:20170519103303j:image

「訊きたいことがあるの。どうしてこんな場所に、テトラポットがあるのかしら?」


f:id:morifumikirikita319:20170519034152j:image

相麻菫は、この時すでに浅井ケイに恋をしていたのだな、と思わせる描き方をしているなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170519034204j:image

「また会いましょう、浅井くん」

「それは約束?」

「貴男が頷けば、約束になるわね」

※そして、4月27日(火曜日)、浅井ケイは靴箱に相麻菫からの手紙を見つける。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519132233j:image

ここからが、前回の続きです。


f:id:morifumikirikita319:20170519034219j:image

8月10日(木曜日)の午前中にリセットを使い、8月7日(月曜日)午前11時49分32秒、セーブ直後に戻る。


f:id:morifumikirikita319:20170519062610j:image

「どうやら、リセットしたみたいだね」


f:id:morifumikirikita319:20170519062626j:image

リセット前に起きたことを春埼に説明するケイ。

佐々野宏幸に会って、魔女に会って、岡絵里に会った。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519135850j:image

岡絵里。二年前は藤川絵里。両親が離婚して岡絵里になった。


f:id:morifumikirikita319:20170519062802j:image

藤川絵里は、父親からのDVに悩まされる日々で疲れ果てていた気弱な少女だった。


f:id:morifumikirikita319:20170519062908j:image

「なら僕は、君のことを岡絵里と呼ぼう」

 

f:id:morifumikirikita319:20170519063006j:image

ケイは、藤川絵里に彼女の父親を脅迫する材料を提供する。

ケイは、ある目的のために市議会議員で有力者の絵里の父親の動向を探っていたのだ。


f:id:morifumikirikita319:20170519063029j:image

それにより、藤川絵里は岡絵里になった。


f:id:morifumikirikita319:20170519063114j:image


f:id:morifumikirikita319:20170519063125j:image

武装完了。カラコンは能力とは関係ないけど、気分の問題。相手に自分の目を注目させる効果もある。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519063139j:image

原作では、ケイと春埼は七坂中学校に岡絵里について聞き込みに行くが、省略されたようだ。村瀬は、ケイから依頼されて岡絵里を捜索。


f:id:morifumikirikita319:20170519063912j:image

夜、津島から電話。岡絵里について。管理局の人間と繋がりがあるということ以外、特に有力な情報は無し。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519063928j:image


f:id:morifumikirikita319:20170519063947j:image

原作ではスパゲッティ・ミートソースだったが、画像を拡大してみたらナポリタンのようだ。どっちでもいいけど。春埼さんは原作通りレモンスカッシュ。


f:id:morifumikirikita319:20170519064506j:image

「私がリセットを使えなくしたとして。私と貴方の関係性は、なにか変化しますか?」

「分からない」


f:id:morifumikirikita319:20170519064522j:image

「なら私は、決してこの能力を失いません。絶対に」


f:id:morifumikirikita319:20170519064536j:image

二人は、能力の相性で結びついている関係なので、リセットが無ければ一緒にいる必然性は無い。春埼はケイと一緒にいたいから能力を失いたくない。ケイが「変わらない」と答えたならば、それは「好きだ」と言うのと同じことだから、「分からない」と答えて自分の気持ちをごまかした。春埼の方は、「貴方が好きです」と言っているようなもの。ケイはその事を知っていて、「分からない」と答えている。


f:id:morifumikirikita319:20170519064549j:image

セーブ。このセーブは、後でキャンセルされるはず。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519064647j:image

村瀬、岡絵里を発見。


f:id:morifumikirikita319:20170519072554j:image

「食べる?」


f:id:morifumikirikita319:20170519072646j:image

昔から、このアイスの意味が分からん。棒を一つにするか、最初から二つに分けておくか、どちらかにしろよと思う。交互に食べないと溶けちゃうんだよね。まあ、おいしいけど。


f:id:morifumikirikita319:20170519072700j:image

この二人は、どう考えても相性が悪そうだ。


f:id:morifumikirikita319:20170519103807j:image

「そろそろ先輩の弱さを証明しておくべきかもしれない」

 


f:id:morifumikirikita319:20170519075342j:image

自宅の庭に佇む佐々野宏幸。


f:id:morifumikirikita319:20170519075357j:image

佐々野氏が撮った写真を撮った場所で破ると写真の中に10分間だけ入れる。管理局を欺くために写真を破るときも能力が必要だと偽っていたが、能力が必要なのは写真を撮るときだけ、写真を破るときには能力を必要としない。従って、誰でも佐々野氏の写真を破れば写真の中に入れる。


f:id:morifumikirikita319:20170519075420j:image

28年前の魔女さん。34歳。「名前のないシステム」になる直前の頃。可愛らしい。彼女は10分間だけ存在するコピーに過ぎない。


f:id:morifumikirikita319:20170519075452j:image

佐々野氏に触れて未来視。管理局が佐々野氏の能力に対する間違いに気が付いた。


f:id:morifumikirikita319:20170519103412j:image

「別の誰かを不幸にすることになっても?」

 


f:id:morifumikirikita319:20170519075553j:image

村瀬から電話。

「お願い、助けて。すぐに来て」


f:id:morifumikirikita319:20170519075607j:image

「ちょっと用ができた」

「私も行きます」

「いや、ひとりで行く」


f:id:morifumikirikita319:20170519075620j:image

財布を置いていった浅井ケイ。春埼は自分の財布で会計を済ませている。

ケイとしては、春埼を危険から遠ざけようという判断が働いたようだ。


f:id:morifumikirikita319:20170519075634j:image

自宅に向かう春埼。一人のときの春埼は、ぼんやりさんに見える。


f:id:morifumikirikita319:20170519075652j:image

「みつけた」


f:id:morifumikirikita319:20170519075704j:image

迷わず逃げる春埼。スイッチが入った。

「おいおい、それってひどくない?」

 

f:id:morifumikirikita319:20170519080816j:image

自転車に蹴りを入れる春埼。どちらも非力。

「さすが。躊躇ないね」


f:id:morifumikirikita319:20170519080835j:image

ケイの財布落とした。


f:id:morifumikirikita319:20170519080851j:image

自転車で突っ込む岡絵里。

「躊躇わないのには、私も自信あるんだ」


f:id:morifumikirikita319:20170519080925j:image

「これ特注品なんだ。ここにうっすら文字があるの、みえる?」 


f:id:morifumikirikita319:20170519080941j:image

素直な春埼さん。


f:id:morifumikirikita319:20170519103455j:image

「ほうら、ここ。よく見てよ」

 


f:id:morifumikirikita319:20170519081003j:image

「私が野ノ尾盛夏だ。私に三月堂のシュークリームを買ってくるのだ。これはコードギアスではないぞ。それだけは言っておく」

 


f:id:morifumikirikita319:20170519082758j:image

「ねえ、浅井。誰も、追いかけてきてない?」

「猿とか」

「とりあえず、猿はいません」

「本当に?」

猿に怯える村瀬。案外、かわいいとこあるやん。


f:id:morifumikirikita319:20170519082819j:image

「本当に。振り返って見てください」

「いない、わね」

 
f:id:morifumikirikita319:20170519203441j:image

「猿がじっとこっちを見てた。猿は眉間から上が切り取られていて、血が流れて脳が見えてて、なのに無表情で、とても怖かった。以上、わかった?」

わかりたくない。


f:id:morifumikirikita319:20170519082843j:image

原作では、ケイが岡絵里の魂胆に気が付いて春埼に電話するのだが、アニメでは春埼から着信。この違いは小さいようで大きいと思うのだが。 


f:id:morifumikirikita319:20170519112334j:image

春埼のケータイを使って岡絵里が電話してきた。

「リセットを返して欲しければ、マクガフィンを寄越せ」

 


f:id:morifumikirikita319:20170519082929j:image

「これを、返します」

f:id:morifumikirikita319:20170519103527j:image

「右手、岡絵里の能力」


f:id:morifumikirikita319:20170519103544j:image

「リセット」

「すみません。やっぱり、使えません」

 
f:id:morifumikirikita319:20170519083101j:image

「お願いです。リセットを取り戻して下さい」

 


f:id:morifumikirikita319:20170519083113j:image

「ケイは気が付くと女の子と仲良くなっていますね」

割と焼きもち焼きか?

「君ももう少し友達を作った方がいいよ?」

はぐらかしたか?

「ちなみに、おすすめは?」

聞くか?

「野ノ尾さんかな?」

不思議なカップルだ。


f:id:morifumikirikita319:20170519083133j:image

「善処します」

お役人か!

 


f:id:morifumikirikita319:20170519083148j:image

岡絵里は管理局員Xの指示で、佐々野宏幸の所持する写真を処分しに行くところ。

彼女は、最強になるために魔女の未来視能力を狙っている。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519084049j:image

津島から岡絵里の能力に関する情報を入手。

岡絵里の能力は、記憶を足し引きする能力。

※記憶保持能力を持つケイには、岡絵里の能力は通用しない。

岡絵里の能力の弱点は、

①5秒以上目を合わせなければ発動しない。

②外からきちんと指摘してやると、正しい記憶を思い出す。

※リセットの使い方は春埼自身しか知らないので、誰も指摘できない。

③一人の人物に対して一種類の効果しか発揮しない。一度能力を使った相手に、再び能力を使いなおすと、前の効果は消える。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519084105j:image

夜の燈台。七坂中学校の図書室から見える。


f:id:morifumikirikita319:20170519085650j:image

藤川絵里は、中学時代の浅井ケイのような「悪くて強い」人間になりたいと思って、岡絵里になった。


f:id:morifumikirikita319:20170519085704j:image

ところが、最近のケイは「悪く」なくなった。それどころか、二年前の自分自身は間違っていたと思っている。それが岡絵里には今の自分を否定されたように感じられた。だから、今の浅井ケイは許せない。


f:id:morifumikirikita319:20170519085719j:image

自分が正しいと確信するためには、浅井ケイを倒して彼が弱くなったと証明しなければならない、という理屈のようだ。彼女は、藤川絵里の頃のような自分の弱さを否定したいのだ。


f:id:morifumikirikita319:20170519085735j:image

浅井ケイにとっては、あの頃はガキだったなあ、という感じなのだろうが、岡絵里は未だにガキのままだから、それが理解できない、というように見える。幼稚といえば幼稚だが、本人にとっては心の拠り所になっているから切実なのだろう。


f:id:morifumikirikita319:20170519085755j:image

岡絵里の狙いは、浅井ケイからマクガフィンを奪い取って、浅井ケイの弱さを証明すること。


f:id:morifumikirikita319:20170519085812j:image

ところが、マクガフィンを重要視していないケイは、あっさりマクガフィンを岡絵里に渡してしまい勝負にならない。勝負をしなければ負けないという理屈のようだ。


f:id:morifumikirikita319:20170519085827j:image

狙いを春埼美空に変更。それなら、ケイも本気になるに違いない。


f:id:morifumikirikita319:20170519103715j:image

佐々野氏の写真を処分するときに、一枚くすねておいた。


f:id:morifumikirikita319:20170519103728j:image

写真の中に入ってしまったケイ。10分間は外に出られない?


f:id:morifumikirikita319:20170519085908j:image

燈台の下で待つ春埼。


f:id:morifumikirikita319:20170519085918j:image

春埼の前に立ちはだかる岡絵里。

 


f:id:morifumikirikita319:20170519085933j:image

📄この記事の続き

アニメ『サクラダリセット』第8話の感想 - 森の踏切番日記

 

 

📄この記事の前

アニメ『サクラダリセット』第6話の感想 - 森の踏切番日記

 

📄関連日記

『魔女と思い出と赤い目をした女の子/サクラダリセット2』の時間の流れ方のまとめ - 森の踏切番日記