森の踏切番日記

人生LARKしたい

大宮でブラタモリ(1/2)

ブラタモリ』#77大宮(1/2)

~なぜ大宮は鉄道の町になったのか?


f:id:morifumikirikita319:20170701185114j:image

「1日中山道」って言った女子アナ誰だったっけ?

 

────────────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20170702175115j:image

大宮といえば、鉄道博物館アルディージャかなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170701213852j:image

関東地方のあの辺はようわからへん。


f:id:morifumikirikita319:20170701213909j:image

何するんでしょう。


f:id:morifumikirikita319:20170701213932j:image

ディズニーランドも無いしね。


f:id:morifumikirikita319:20170701213950j:image

「てっぱく」って言うんだ。


f:id:morifumikirikita319:20170701214005j:image

鉄道以外無い?


f:id:morifumikirikita319:20170701214909j:image

六系統すべて大宮にとまる。


f:id:morifumikirikita319:20170701214928j:image


f:id:morifumikirikita319:20170701214946j:image

都心までは電車で30分。

遠くもなく近くもなく。


f:id:morifumikirikita319:20170701215012j:image


f:id:morifumikirikita319:20170701215050j:image


f:id:morifumikirikita319:20170701215115j:image


f:id:morifumikirikita319:20170701215130j:image


f:id:morifumikirikita319:20170701215143j:image


f:id:morifumikirikita319:20170701215157j:image

草彅「そんな大宮は、なぜ鉄道の町になったんでしょう」


f:id:morifumikirikita319:20170702083558j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702083611j:image

「氷川」というと、「ひかわ」から出雲との関係を連想させる。


f:id:morifumikirikita319:20170702083625j:image

氷川神社 - Wikipediaによると、景行天皇の御代に出雲の氏族が素戔嗚尊を奉じてこの地に移住したとか。

神社の来歴としては、水神信仰とか色々な神様が習合しているのだろう。


f:id:morifumikirikita319:20170702184942j:image

まずは、ご挨拶。 


f:id:morifumikirikita319:20170702083654j:image

なかなか立派な神社ですなあ。


f:id:morifumikirikita319:20170702083708j:image

昔は見沼という広大な沼があったそうな。


f:id:morifumikirikita319:20170702083725j:image

本殿があるのが一番高い所。


f:id:morifumikirikita319:20170702083803j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702084914j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702084934j:image

広がっている。

埼玉県人はみんな知っているらしい大宮台地。


f:id:morifumikirikita319:20170702084958j:image

草彅「という事で近江さん、水が湧く理由分かりますね」


f:id:morifumikirikita319:20170702085012j:image

近江「台地のへりの所に出て来てぇ」

相変わらずたどたどしい説明。


f:id:morifumikirikita319:20170702085025j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702085040j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20170702085056j:image

続いてタモリさんがやって来たのは、参道の入口。


f:id:morifumikirikita319:20170702085112j:image

草彅「いよいよその理由に迫ります」


f:id:morifumikirikita319:20170702090446j:image

氷川神社から南に向かって2km、まっすぐ続いている。


f:id:morifumikirikita319:20170702090511j:image

境内まで徒歩30分。


f:id:morifumikirikita319:20170702090529j:image

重要な道があった。


f:id:morifumikirikita319:20170702090611j:image

氷川参道ではなくて、こちらの道。


f:id:morifumikirikita319:20170702090630j:image

近江さん、五街道分かります?


f:id:morifumikirikita319:20170702090655j:image

なんとなく正解した。


f:id:morifumikirikita319:20170702092632j:image

大宮は、氷川神社門前町でもあり江戸から4番目の宿場町だった。


f:id:morifumikirikita319:20170702092645j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702092704j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702092719j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702092741j:image

ガソリンスタンド「蝋燭屋」


f:id:morifumikirikita319:20170702092754j:image

昔の屋号をそのまま使っているそうな。


f:id:morifumikirikita319:20170702092808j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702092824j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702092836j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702094456j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702094002j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702094507j:image

タモリ「出会い頭の事故が多い」

十字路にすると、馬を驚かせて事故を起こすことがある。だから、十字路を作らなかった。


f:id:morifumikirikita319:20170702094638j:image

参勤交代の時、家来が泊まるのが脇本陣


f:id:morifumikirikita319:20170702094018j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702094142j:image

大宮は脇本陣の数日本一だった。

一方で、庶民が利用する旅籠の数は少なかった。

このことが、明治16年に鉄道が開通した時、大宮に駅が作られなかった事につながる。


f:id:morifumikirikita319:20170702094031j:image


f:id:morifumikirikita319:20170702094044j:image

浦和は、明治2年に県庁が置かれた。


f:id:morifumikirikita319:20170702094055j:image

参勤交代の時に重用された大宮は


f:id:morifumikirikita319:20170702094108j:image

特殊な宿場町だったことで


f:id:morifumikirikita319:20170702094119j:image

鉄道の駅が置かれるのが遅れた。


f:id:morifumikirikita319:20170702094131j:image

なるほどね。人口自体も少なかったようだ。

では、そんな大宮にどうやって駅が置かれるようになったのでしょうか。

 


f:id:morifumikirikita319:20170702175149j:image

次の記事へと続く

 

 

 

 

📄この記事の前

🔘名古屋・熱田でブラタモリ(1/2) - 森の踏切番日記

🔘名古屋・熱田でブラタモリ(2/2) - 森の踏切番日記