森の踏切番日記

ただのグダグダな日記です/2018年4月からはマイクラ(BE)日記をつけています/スマホでのんびりしたサバイバル生活をしています/面倒くさいことは基本しませんw

『オリエント急行の殺人』を久し振りに読んでみた

11月の読書録03ーーーーーーー

 オリエント急行の殺人

 アガサ・クリスティー

 山本やよい

 ハヤカワ文庫(2011/04/25:1934)

 ★★★★

────────────────────


f:id:morifumikirikita319:20171206145152j:image

「〈前略〉友よ。あらゆる階級、あらゆる国籍、あらゆる年齢の人が集まっている。これから三日間、この人々が、知らない者どうしが、一緒に過ごすことになる。ひとつ屋根の下で眠り、食事をする。離れて過ごすことはできない。その三日間が終わると、別れていく。それぞれの目的地へ向かい、おそらく、二度と会うことはない」

 

 

十代の頃に読んだ本をもう一度読み直してみようということで、ここ数年はコナン・ドイル江戸川乱歩横溝正史などの推理小説を読み返すということをしていました。ホームズものは昔読んだのが阿部知二訳だったので、『シャーロック・ホームズの事件簿』以外の全作品は阿部知二訳で読み返しました。『シャーロック・ホームズの事件簿』は深町眞理子訳で読みました。ついでに、ジューン・トムソンのホームズ・パスティーシュものも新たに読んでみたのですが完成度が高くて驚きです。

 

去年ガラケースマホに変えて、このブログを始めてからは、読書時間が減ってしまって、なかなかそこまで読書の幅を広げられないのが残念です。ブログを書くのに時間を取られるというのもありますが、やっぱりスマホは読書の敵です。

 

私は推理小説マニアではないので、海外の推理小説に関してはクリスティーやクイーンなどの有名な作品を読んだ程度です。エルキュール・ポワロ(ハヤカワ文庫では「ポアロ」)ものについては代表作はだいたい読んでいるはずですが、全作品は読んでいません。

 

ブログを始める前には『そして誰もいなくなった』と『ABC殺人事件』を新訳で読み返しました。そして、今回は『オリエント急行の殺人』です。この小説は、小学六年か中学一年の頃に読んだきりなので大人になってから読むのは初めてということになります。『アクロイド殺し』や『スタイルズ荘の怪事件』、『ナイルに死す』なんかも読み返したいと思うのですが、いつになることやら。

 

ポワロものについては、やはり英国のテレビドラマ『名探偵ポワロ』の印象が強いです。エルキュール・ポワロはデヴィッド・スーシェで声は熊倉一雄じゃないとしっくりこない感じがします。原作を読んでいても、頭の中ではスーシェのポワロと熊倉さんの声がイメージされます。

 


f:id:morifumikirikita319:20171206194417j:image

デヴィッド・スーシェ

David Suchet as Hercule Poirot | HATENA | Pinterest

 

 

こちらはテレビドラマ『名探偵ポワロ』の “Murder on the Orient Express” の予告編でしょうか、2分ほどのダイジェストです。

🔘Poirot : Murder on the Orient Express ( David Suchet, Eileen Atkins, Brian J. Smith) - YouTube

 

 

 

この『オリエント急行の殺人』については、1974年の映画『オリエント急行殺人事件』の印象も強いです。テレビの洋画劇場か何かで見たのが最初だったでしょうか。監督はシドニー・ルメット、ポワロ役はアルバート・フィニーです。私は映画オタクでもないので詳しいことは分かりませんが、アンソニー・パーキンス(ヘクター・マックィーン役)、ショーン・コネリーアーバスノット大佐役)、ローレン・バコール(ハバート夫人役)、イングリッド・バーグマン(グレタ・オールソン役)は、さすがに分かります。

 

アンソニー・パーキンスアンソニー・ホプキンスが、たまにゴッチャになってしまいます。パーキンスはレクター博士じゃない方ね。サイコな人ね。『日の名残り』はホプキンスの方ね。ややこしい。

 

f:id:morifumikirikita319:20171206194917j:image

映画『オリエント急行殺人事件』(1974)

Murder on the Orient Express (1974) - Anthony Perkins and Albert Finney | HATENA | Pinterest | Jacqueline bisset, Ingrid bergman and Orient express

 


f:id:morifumikirikita319:20171206195032j:image

アルバート・フィニー

Albert Finney as Poirot in MURDER ON THE ORIENT EXPRESS. | HATENA | Pinterest | Orient express, Search and Agatha christie

 


f:id:morifumikirikita319:20171206185655j:image

撮影で使われた蒸気機関車

 

 

こちらが1974年の映画『オリエント急行殺人事件』(Murder on the Orient Express) の予告編です。

🔘Murder on the Orient Express (1974) Trailer - YouTube 

 

 

 

今年リメイクされた映画『オリエント急行殺人事件』ではシェイクスピア俳優のケネス・ブラナーが監督とポワロ役だということですが、これまでのポワロと比べて体格が立派な感じがします。見所は矢張り口髭でしょうか。明らかに異様な感じがします。「口髭を濡らさないようにしてスープを飲む仕事」が大変そうです。アルバート・フィニーデヴィッド・スーシェの口髭と比較すると面白いです。

 

ラチェット役のジョニー・デップの悪人面もいい味を出しています。ペネロペ・クルスも気になります。海賊つながりでしょうか。ペネロペ・クルスが演じる宣教師は、原作ではグレタ・オールソンという名前でしたが、今回はピラール・エストラバドスと名前が変わっているようです。原作ではスウェーデン人ですが、ペネロペ・クルスはどう見てもラテン系だからでしょう。1974年の映画ではイングリッド・バーグマンが好演した役なので比較されたりするのでしょう。

 

他にもアーバスノット大佐がアーバスノット医師に、私立探偵のハードマンが教授に、セールスマンのフォスカレッリの名前がマルケスになっている点が原作と異なります。展開に大きく影響することはないのでしょうが、原作のコンスタンティン医師が省略されて、ドクター・アーバスノットに併合されたことになるので、この役どころは気になります。

 


f:id:morifumikirikita319:20171206200047j:image

映画『オリエント急行殺人事件』(2017)

Murder on the Orient Express 2017 | HATENA | Pinterest | Orient express, Movies online and Movies

 

 

比較のためこちらの予告編も貼っておきます

🔘映画『オリエント急行殺人事件』予告B - YouTube

 

 

 

人間社会は全ての悪を裁くことはできない。どんな法律も万能ではない。法律の網をうまくくぐり抜けて素知らぬ顔で生きている悪人を許すことができるのか。殺されても当然だと誰も同情しないような悪人を正義の名のもとに殺すことは許容されるのか。私刑や仇討ちを許容してしまっては法秩序が破綻してしまうのではないか。

 

このジレンマから様々なフィクションが生み出されるわけですが、アガサ・クリスティーにしてみれば、フィクションなのだからこんな結末でもいいんじゃない、ということでしょうか。シャーロック・ホームズ金田一耕助ならどうしただろうかなどと考えてみると面白いです。ホームズも金田一耕助も似たようなことをしそうです。

 

 

 

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)