森の踏切番日記

ただのグダグダな日記です

ダイヤラッシュ!~初めてのマイクラ生活・第2世界編(11)


f:id:morifumikirikita319:20180510085403j:image

 

⛏️地底の洞窟を発見~初めてのマイクラ生活・第2世界編(10) - 森の踏切番日記の続き

 

前回、地底の洞窟を発見して、ブランチマイニング坑と廃坑をつなげた第2世界の私ですが、上へ向かう洞窟は後回しにして、地底の洞窟周辺を重点的にブランチマイニングすることにしました。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510090455j:image

 

掘り始めてすぐにダイヤ鉱石に行き当たりました!

掘り進めていくと、またしてもダイヤ鉱石が!

さらに、初めてラピスラズリも出てきました!

 

上の画像右の埋め戻した辺りがダイヤ鉱石発見個所の1つです。左の突きあたりの土を掘ると地底の洞窟に出られます。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510091055j:image

 

今回採掘できたダイヤは13個。ラピスラズリレッドストーン、金鉱石なども採掘できました。これでダイヤは合計23個になりました。ダイヤでフル装備するにはまだまだ足りませんが、短時間でかなりの収穫でした。

 

そこで考えたのですが、このままブランチマイニングを続けるよりもピッケルに「幸運」をエンチャントしてから採掘した方がよいのではないか…

エンチャントは運も左右するそうなので、うまくピッケルに「幸運」をエンチャントできるとは限りませんが、そろそろエンチャント部屋を作ってもよい頃合いかもしれません。

エンチャント部屋を作るには本がたくさん必要になります。第2世界でもサトウキビのストックは十分にあるのですが、革が全然足りません。そこで、第2世界でも牧場を作ることにしました。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510094245j:image

 

ニワトリ飼育場の北側に牧場完成…

廃坑にはまだ毒グモがいるので念のため毒消し用にミルクを常備しておきたいということもあります。

廃坑調査や洞窟探検のときに黄色いカーペットを目印に使うので白い羊は黄色に染めました。

黒とグレーと茶色の羊は勝手についてきたのですが、取りあえず飼うことにしました。

繁殖させると手狭になるかなあ…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510101212j:image

 

少し広げてみました…

牛を繁殖させたいのに羊が増えてしまった…

色の違う羊がラブラブになるとどちらかの色の子羊が生まれるようです。

色が混じった子羊が生まれる場合もあるのかなあ?

今度確かめてみよう…

(👉羊の毛の色のフシギ~初めてのマイクラ生活・第1世界編(13) - 森の踏切番日記

 

画面右上の池も柵の中に入れた方がよいかな…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510101924j:image

 

池で溺れかけますた…

死ぬかと思った…

まさか深さ3ブロックもあるとは…

しかも、土ブロックが水面よりも一段高いし…

土ブロックの下まで水があるし…

水中で土を積み上げてやっと脱出できたよ…

土を持ってなかったら死んどったな…

 

深さ1ブロックまで池を埋めて、周囲の土ブロックを一段下げて水面と同じ高さにしてから柵で囲いました。

これで安心…

 

あ、この辺りは花が少なくて殺風景なので、家の前にバラとライラックを植えてみました。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510104941j:image

 

地図も更新しました。

少し分かりにくいかな…

半島の北西(左上)と南西の森(左下)に動物たちが多くいます。

牛狩りをした結果、付近に牛が少なくなってしまいました…

あとは繁殖させて屠殺するしかないようです…

 

そもそもこの半島には動物があまり多くいません。

何故かというと…

 



f:id:morifumikirikita319:20180510110251j:image

 

海水浴場かっ!

みんな海に入ったまま戻って来ないのよ…

 

将来的には、牧場を半島の北西まで広げて、動物たちが海に入らないようにしたいものです…

 

 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20180510112638j:image

 

現実世界では、ベランダの片隅のガラクタ置き場にハトが卵を生んでしまいました…

親鳩が抱卵していますが近づくと逃げてしまいます。親鳩がいない間に撮影しました…

さて、どうしたものか…