森の踏切番日記

人生LARKしたい

ものづくり名古屋でブラタモリ(3/3)

ブラタモリ』#90ものづくり名古屋(3/3)

~名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?


f:id:morifumikirikita319:20171119175352j:image

ものづくり名古屋でブラタモリ(2/3) - 森の踏切番日記の続き

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:morifumikirikita319:20171119175432j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119175453j:image

松重橋の東側ですか?


f:id:morifumikirikita319:20171119175508j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119175532j:image

ホテルラブ?


f:id:morifumikirikita319:20171119175552j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119175617j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119175642j:image

橋を渡って西側へ。


f:id:morifumikirikita319:20171119180425j:image

右手が名古屋市道江川線ですか?

右に見えるのが名古屋高速4号東海線ですか?

f:id:morifumikirikita319:20171119180446j:image

やっぱりホテルラブだ♥

f:id:morifumikirikita319:20171119180503j:image

名古屋市道江川線の向こう側にも水門がある。


f:id:morifumikirikita319:20171119180600j:image

コウモン


f:id:morifumikirikita319:20171119180547j:image

近江ちゃんに聞く?

f:id:morifumikirikita319:20171119180625j:image

近江(コウモン?)

f:id:morifumikirikita319:20171119185119j:image

近江(まさかね)


f:id:morifumikirikita319:20171119185556j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119185212j:image

校門とか黄門とか後門とかね。

f:id:morifumikirikita319:20171119185233j:image

お尻ですか?

f:id:morifumikirikita319:20171119185302j:image

コウモンの隣にホテルラブがあるのね。

f:id:morifumikirikita319:20171119185330j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119185409j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119185429j:image

近江ちゃんの表情が面白いので長めにお送りしました。

f:id:morifumikirikita319:20171119185449j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119185514j:image

月に工の門ではないのね。

f:id:morifumikirikita319:20171119190924j:image

閘門は、水位の違う川や運河を行き来するための施設。

f:id:morifumikirikita319:20171119190952j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119191007j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119191028j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119191052j:image

1930年(昭和5)輸送能力に限界を迎えていた堀川のバイパスとしてつくられた。

f:id:morifumikirikita319:20171119191107j:image

中川運河の始点は名古屋駅


f:id:morifumikirikita319:20171120165847j:image
向こう側の水門

f:id:morifumikirikita319:20171119191121j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119191138j:image

オッサン確信犯やろ。

f:id:morifumikirikita319:20171119191153j:image

コウモンの中をのぞく!

ということで、名古屋市道江川線を渡って向こう側へ。

f:id:morifumikirikita319:20171119191210j:image

昔の写真

f:id:morifumikirikita319:20171119191228j:image

今は埋め立てられてる。

f:id:morifumikirikita319:20171119191245j:image

🔍松重閘門Google マップ

f:id:morifumikirikita319:20171119192206j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119192225j:image

草彅「船が通れなくなっていたんです」

f:id:morifumikirikita319:20171119192243j:image

草彅「もうひとつ海側に閘門をつくることで」

f:id:morifumikirikita319:20171119192255j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119192311j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119192323j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119192335j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119192350j:image

海側の閘門は今も使われている。

f:id:morifumikirikita319:20171119192148j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119192405j:image

コウモン通過

f:id:morifumikirikita319:20171119192417j:image

言わされちゃった。

f:id:morifumikirikita319:20171119193443j:image

ということで、船に乗り込みました。

f:id:morifumikirikita319:20171119193531j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193607j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193627j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193700j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193725j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193738j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119193815j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193843j:image

長さ約100m、横幅11m、深さ約3m。

f:id:morifumikirikita319:20171119193858j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193912j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193927j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119193945j:image

近江「はい! ほんとに…」

f:id:morifumikirikita319:20171119193959j:image

近江「これで同じ高さになった」

f:id:morifumikirikita319:20171119194013j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119195027j:image

コウモン通過

f:id:morifumikirikita319:20171119195048j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119195103j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119195141j:image

スッキリしました!


f:id:morifumikirikita319:20171119195227j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119195300j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119195317j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119195332j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119200152j:image

次に向かったのは…

f:id:morifumikirikita319:20171119200208j:image

草彅「分かるんです」

f:id:morifumikirikita319:20171119200224j:image

東山動植物園。1937年(昭和12)開園。

f:id:morifumikirikita319:20171119200239j:image

近江「久しぶりですね動物園🎵」

小学生の頃、行ったことがあるなあ。懐かしいというか、ほとんど覚えていない。カバの親子だけ何故か印象に残っている。

f:id:morifumikirikita319:20171119201436j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201454j:image

タモリ「ライオンいます」

近江「お~いたいた」

f:id:morifumikirikita319:20171119201515j:image

じゃなくて、用があるのは…

f:id:morifumikirikita319:20171119201540j:image

後ろ側の斜面でした。

f:id:morifumikirikita319:20171119201555j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201616j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201630j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201645j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201658j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201711j:image

名古屋市東部の丘陵地帯のいろんな場所で陶器が出てくるそうな。

f:id:morifumikirikita319:20171119201726j:image

発掘された陶器。左の黒くて丸いのは古墳時代の終わり頃(7世紀)のものだそうな。須恵器だね。

f:id:morifumikirikita319:20171119201738j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119201750j:image

陶器を焼く窯が発見された場所の分布図。

東山古窯跡群というらしい。

f:id:morifumikirikita319:20171119213239j:image

東山植物園内で見つかった鎌倉時代の登り窯の跡。

f:id:morifumikirikita319:20171119213258j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119213335j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119213351j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119213431j:image

土師器だね。野焼きで焼くと酸化されるので赤くなる。

f:id:morifumikirikita319:20171119213443j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119213458j:image

登り窯だと空気が遮断される。高温にもなるしね。

f:id:morifumikirikita319:20171119213511j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119213524j:image

還元反応だね。酸化第二鉄(Fe2O3)が酸化第一鉄(FeO)になるね。

f:id:morifumikirikita319:20171119214454j:image

朝鮮半島から伝わって、全国に広まった。

f:id:morifumikirikita319:20171119214535j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119214553j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119214628j:image

名古屋周辺には有名な焼き物の産地が多い。

f:id:morifumikirikita319:20171119214650j:image

ガルルルルル


f:id:morifumikirikita319:20171119214708j:image

ガルルルルル


f:id:morifumikirikita319:20171119214729j:image

ゴルア!


f:id:morifumikirikita319:20171119215758j:image

ライオン「動物園に来たら動物見ろや」

f:id:morifumikirikita319:20171119214756j:image

東海地方の焼き物のルーツは名古屋だと主張したかったらしい。

f:id:morifumikirikita319:20171119214808j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119214822j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119215834j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119215848j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119220416j:image

江戸は政治の街から

f:id:morifumikirikita319:20171119215928j:image

京都は文化の街から

f:id:morifumikirikita319:20171119215728j:image

大坂は商いの街から

f:id:morifumikirikita319:20171119215949j:image

そして、尾張はものづくりの街から

f:id:morifumikirikita319:20171119220004j:image

日本の近代化が始まったということでしょうか。 

 

 

 

 

おまけ
f:id:morifumikirikita319:20171121110240j:image
f:id:morifumikirikita319:20171120212809j:image

こちらは、京都伏見の三栖閘門。ミスこうもん。

 

 

 

 

次回は

f:id:morifumikirikita319:20171119220435j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119220452j:image

 

 

 

 

ものづくり名古屋でブラタモリ(2/3)

ブラタモリ』#90ものづくり名古屋(2/3)

~名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?


f:id:morifumikirikita319:20171119123946j:image

ものづくり名古屋でブラタモリ(1/3) - 森の踏切番日記 の続き

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:morifumikirikita319:20171119124023j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124042j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124103j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124117j:image

タモリ「ここから見れば台地の高さが分かる」


f:id:morifumikirikita319:20171119124136j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124148j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124210j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124223j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119124237j:image

どういう事?


f:id:morifumikirikita319:20171119130102j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119130131j:image

ということで、タモリさんが見つけたのは…


f:id:morifumikirikita319:20171119130158j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119130213j:image

ずっと行くと空堀に通じている。

高低差が無いから…

f:id:morifumikirikita319:20171119130239j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119130255j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119130316j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119140007j:image

このカーブはすごいなあ。

f:id:morifumikirikita319:20171119135729j:image

二の丸に名古屋大学がある!

f:id:morifumikirikita319:20171119130433j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119130450j:image

1976年(昭和51)頃の名古屋城周辺。既に線路が無い。明和高校の左上の三角点付近に旧「どいした」駅があったが、さっきの緑地帯付近に移動している。


f:id:morifumikirikita319:20171119134000j:image

見るからに鉄ちゃんな人出てきた。


f:id:morifumikirikita319:20171119134016j:image

昭和50年頃の様子


f:id:morifumikirikita319:20171119134029j:image

瀬戸市まで(東へ約20キロほど)。


f:id:morifumikirikita319:20171119144911j:image

名鉄瀬戸線


f:id:morifumikirikita319:20171119134105j:image

瀬戸電

f:id:morifumikirikita319:20171119134121j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119134134j:image

瀬戸電一筋の山田司さん。

f:id:morifumikirikita319:20171119134145j:image

山田「貨物を運ぶのが大きな目的」

f:id:morifumikirikita319:20171119135547j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119135600j:image

タモリ「木材からもう離れましょう」

近江「引きずられちゃってます」

f:id:morifumikirikita319:20171119135616j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119135628j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119135640j:image

今は瀬戸物とかあまり言わないかも。

f:id:morifumikirikita319:20171119143156j:image

草彅「ここから陶磁器を運ぶことが」

f:id:morifumikirikita319:20171119143209j:image

草彅「台地を上らずに名古屋の中心部まで鉄道を引くのに」

f:id:morifumikirikita319:20171119143227j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119143244j:image

木村「日本の産業に生まれ変わっている」

f:id:morifumikirikita319:20171119143302j:image

明治時代の写真

f:id:morifumikirikita319:20171119143314j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119143326j:image

木村「明治37年に名古屋に工場をつくって、日本初の高級な洋食器をつくった森村組という会社の食器」

f:id:morifumikirikita319:20171119143337j:image

ノリタケ出ました。

f:id:morifumikirikita319:20171119143354j:image

ノリタケカンパニーリミテド

1904年(明治37)森村市左衛門によって日本陶器合名会社として創業された。

f:id:morifumikirikita319:20171119143406j:image

創業地が則武(現名古屋市中村区則武)だったからノリタケ。分かりやすい。(現在の本社は西区則武新町にある)

f:id:morifumikirikita319:20171119144848j:image

草彅「明治以降、瀬戸から運ばれてくる白い陶磁器に絵付けをする工場が名古屋に次々と出来ました」

f:id:morifumikirikita319:20171119144943j:image

草彅「かつて陶磁器を運んでいた電車が、どのように外堀の中を走っていたのか体感してみましょう!」

f:id:morifumikirikita319:20171119145001j:image

本日2度目のヘルメット着用。

f:id:morifumikirikita319:20171119145017j:image

山田「電車が走っております」

f:id:morifumikirikita319:20171119145034j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119151947j:image

メイエキ


f:id:morifumikirikita319:20171119160008j:image

名鉄の正式名称を聞いたことがないな。名古屋鉄道か。

f:id:morifumikirikita319:20171119145048j:image

問題のカーブが見えてきました。

f:id:morifumikirikita319:20171119145845j:image

瀬戸電は、1905年(明治38)瀬戸自動鉄道として開業。翌年、瀬戸電気鉄道と社名を変更した。

1911年(明治44)堀川駅まで延伸され、「お濠電車」として親しまれた。

1935年(昭和10)ご多分に漏れず、日中戦争の影響による電鉄会社の合併で名古屋鉄道が誕生。

1939年(昭和14)瀬戸電も名鉄に合併され、名鉄瀬戸線となる。

f:id:morifumikirikita319:20171119145903j:image

1976年(昭和51年2月15日)お濠区間が廃止される。戦後はどちらかというとお荷物区間になってしまったようだ。

1978年(昭和53)栄町乗り入れを果たす。

ということは、上の地図はその間の貴重な地図ということになるか。

名鉄瀬戸線 - Wikipediaを参考にしました)

f:id:morifumikirikita319:20171119145918j:image

積み荷は壊れ物だし。

f:id:morifumikirikita319:20171119145935j:image

タモリチィー

f:id:morifumikirikita319:20171119145947j:image

近江「大変ですね、鉄道は」

f:id:morifumikirikita319:20171119150003j:image

至芸ですな。

f:id:morifumikirikita319:20171119150016j:image

タモリ「折れていくわけですか」

f:id:morifumikirikita319:20171119150028j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119150040j:image

からくり人形の時よりリアクションが大きい近江アナ。

f:id:morifumikirikita319:20171119150703j:image

からくり人形の時より食いついてる近江アナ。

f:id:morifumikirikita319:20171119150719j:image

ギリギリ

f:id:morifumikirikita319:20171119150735j:image

おお~、リアル!

f:id:morifumikirikita319:20171119150756j:image

Attack on Tamori

f:id:morifumikirikita319:20171119152013j:image

草彅「かつて瀬戸電の終点があった場所です」

f:id:morifumikirikita319:20171119152030j:image

草彅「ここに終点があったんです」

f:id:morifumikirikita319:20171119152044j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119152104j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119152123j:image

山田「ここまで線路が来ていた」

f:id:morifumikirikita319:20171119152139j:image

「ほりかわ」駅

f:id:morifumikirikita319:20171119152152j:image

草彅「駅舎の奥の石垣が今も同じ姿で残っています」


f:id:morifumikirikita319:20171119155213j:image

草彅「実は、ここが終点になった理由が駅のすぐ近くにちゃんとあるんです」

f:id:morifumikirikita319:20171119155227j:image

ということで、向かった先は…

f:id:morifumikirikita319:20171119155241j:image

堀川です。

f:id:morifumikirikita319:20171119155253j:image

渡ってないわけです。

f:id:morifumikirikita319:20171119155304j:image

タモリ「ここで積み込むんだ」

f:id:morifumikirikita319:20171119170303j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119170323j:image

草彅「駅で降ろされた陶磁器は堀川で船に載せられ世界中に運ばれました」

f:id:morifumikirikita319:20171119170335j:image

ノリタケの位置から考えると、堀川駅の西側に絵付けの工場がたくさんあったのだろうな。

f:id:morifumikirikita319:20171119170411j:image

草彅「水運に乗せる目的もあったんです」

f:id:morifumikirikita319:20171119170430j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119170444j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119170459j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119170528j:image

名古屋の陶磁器産業が

f:id:morifumikirikita319:20171119170538j:image

よ~く分かりました。

f:id:morifumikirikita319:20171119171407j:image

木村「産業が発展するにともない大きな問題が出てきた」

f:id:morifumikirikita319:20171119171431j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119171446j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119171509j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119181308j:image

次の記事へと続く 

 


f:id:morifumikirikita319:20171120153219j:image

🍤関連日記

名古屋でブラタモリ(1) - 森の踏切番日記 

名古屋でブラタモリ(2) - 森の踏切番日記

名古屋城と地形の関係など)

 

 

 

ものづくり名古屋でブラタモリ(1/3)

ブラタモリ』#90ものづくり名古屋(1/3)

~名古屋が生んだ“ものづくり日本”とは?


f:id:morifumikirikita319:20171118210135j:image

近江(名古屋はええよ!やっとかめ?)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:morifumikirikita319:20171118210250j:image

二週間ぶりのブラタモリ。やっとかめ。


f:id:morifumikirikita319:20171118210306j:image

いきなりヘルメット着用。


f:id:morifumikirikita319:20171118210333j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118210356j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118210412j:image

すごいですねぇ。


f:id:morifumikirikita319:20171118210431j:image

近江「運転して船に乗り込む」


f:id:morifumikirikita319:20171118210447j:image

近江「海外に!」

タモリ「これすごい数ですね!」


f:id:morifumikirikita319:20171118210503j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118210518j:image

草彅「輸出されています」


f:id:morifumikirikita319:20171118210534j:image

草彅「熟練の運転技術で」


f:id:morifumikirikita319:20171118210547j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118210558j:image

驚きです。


f:id:morifumikirikita319:20171118210615j:image

近江「次から次に」


f:id:morifumikirikita319:20171118210631j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118212129j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118212147j:image

近江「黄色い車で」

タモリ「積み込みが終わったっていう事か」

近江「へぇ~」


f:id:morifumikirikita319:20171118212206j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118213547j:image

願望が口に出てる。


f:id:morifumikirikita319:20171118212228j:image

今回の旅のお題。


f:id:morifumikirikita319:20171118212240j:image

キャラ濃い人また来た。


f:id:morifumikirikita319:20171118212253j:image

都道府県別の製造品出荷額


f:id:morifumikirikita319:20171118212309j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118212325j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118212339j:image

造船が駄目になったからね。


f:id:morifumikirikita319:20171118212354j:image

零式戦闘機も製造してたしね。


f:id:morifumikirikita319:20171118212406j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118212418j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118214153j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118214212j:image

名古屋に自動車産業が生まれたのに大きな役割を果たした川があるそうな。


f:id:morifumikirikita319:20171118214225j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119232014j:image

願望が口に出てる。


f:id:morifumikirikita319:20171119232028j:image
タモリ「ギャングが戻ってきました」


f:id:morifumikirikita319:20171118214252j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118215339j:image

今回の草彅クンのナレは、気のせいか、いつもより声が潑剌としているような気がした。いつの収録だろ?

 

f:id:morifumikirikita319:20171118215408j:image

名古屋はどうやって日本を代表する「ものづくり」を生んだのか、今日は名古屋で「ブラタモリ」!


f:id:morifumikirikita319:20171118220509j:image

草彅「町の中心部を流れる川です」


f:id:morifumikirikita319:20171118220538j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118220554j:image

ネタバレw


f:id:morifumikirikita319:20171118220611j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118220625j:image

6月17日放送の「#76名古屋・熱田」です。


f:id:morifumikirikita319:20171118225702j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118225719j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118225731j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118225745j:image

草彅「江戸時代、堀川の河口でした」


f:id:morifumikirikita319:20171118225802j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118225816j:image

ということで、探してみると…


f:id:morifumikirikita319:20171118231025j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118231117j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118231045j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118231101j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118231208j:image

大正時代に写した写真


f:id:morifumikirikita319:20171118231232j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118231300j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118231316j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118233104j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118233117j:image

草彅「ここに貯木場がつくられたんです」


f:id:morifumikirikita319:20171118233131j:image


f:id:morifumikirikita319:20171120093349j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118233147j:image

橋を渡って貯木場のあった場所に来ました。


f:id:morifumikirikita319:20171118233205j:image

1970年(昭和45)頃の白鳥貯木場

どのあたり?


f:id:morifumikirikita319:20171119090449j:image

あ、その辺りね。


f:id:morifumikirikita319:20171119093450j:image

1976年(昭和51)頃の地図が押し入れにありました。青線の方眼が1km四方です。


f:id:morifumikirikita319:20171119094102j:image

今も残っているのは真ん中の池の一部のようです。

🔍白鳥公園Google マップ 


f:id:morifumikirikita319:20171119092006j:image

タモリ「ちょっとわからないですね (笑) 」

近江「想像がつかない、数字だけでは (笑) 」


f:id:morifumikirikita319:20171118233255j:image

上の地図の熱田球場と比較してください。


f:id:morifumikirikita319:20171118233307j:image

正しくは「ナゴヤドーム」ですね。


f:id:morifumikirikita319:20171118235900j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118235919j:image


f:id:morifumikirikita319:20171118235937j:image

すごいね。


f:id:morifumikirikita319:20171119000000j:image

木材の集積地と「ものづくり」がどうつながっていくのでしょうか?


f:id:morifumikirikita319:20171119000018j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119000034j:image

木材事業者がたくさん集まってきた。


f:id:morifumikirikita319:20171119000103j:image

正のスパイラル的な感じ?


f:id:morifumikirikita319:20171119000049j:image

その一例を体験?


f:id:morifumikirikita319:20171119081520j:image

ここで?


f:id:morifumikirikita319:20171119081534j:image

匠っぽい人出てきた。

茶運び人形だ🎵


f:id:morifumikirikita319:20171119081549j:image

わざわざここまでのご足労、ご苦労様です。


f:id:morifumikirikita319:20171119081606j:image

ギコギコ


f:id:morifumikirikita319:20171119081626j:image

粗茶ですが


f:id:morifumikirikita319:20171119081642j:image

お茶わんを取ると止まります


f:id:morifumikirikita319:20171119081656j:image

どうも


f:id:morifumikirikita319:20171119091014j:image

失礼しま~す


f:id:morifumikirikita319:20171119081720j:image

ちゃんと戻ります


f:id:morifumikirikita319:20171119081732j:image

任務完了


f:id:morifumikirikita319:20171119084054j:image

いや~ん! 見ないで!


f:id:morifumikirikita319:20171119090917j:image

どうも、裸で失礼します玉屋庄兵衛です。


f:id:morifumikirikita319:20171119084145j:image

あ、匠の方か。匠はからくり人形じゃないのか?

 

f:id:morifumikirikita319:20171119084208j:image

初代玉屋庄兵衛は、京都で活動していたからくり人形師だったが、八代将軍徳川吉宗享保の改革に反発した七代尾張藩徳川宗春によって名古屋に招かれたのだそうな。

玉屋庄兵衛 - Wikipediaを参考にしました)


f:id:morifumikirikita319:20171120185924j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119084300j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119084311j:image

だから、ルーツは京都にあると京都人は主張するかもね。


f:id:morifumikirikita319:20171119084327j:image

前輪と舵


f:id:morifumikirikita319:20171119084348j:image

舵が押されて


f:id:morifumikirikita319:20171119090553j:image

連動して前輪が曲がり、方向が変わる


f:id:morifumikirikita319:20171119084437j:image

舵が外れると


f:id:morifumikirikita319:20171119090640j:image

前輪も元に戻る


f:id:morifumikirikita319:20171119090717j:image

草彅「からくり人形の高度な加工技術は」


f:id:morifumikirikita319:20171119090738j:image

細川半蔵著『機巧図彙』1796年(寛政8)


f:id:morifumikirikita319:20171119090754j:image

豊田佐吉(1867-1930)発明家、実業家。

現在の会社名は「とよた」だが人名は「とよだ」


f:id:morifumikirikita319:20171119090812j:image

草彅「豊田は名古屋で織機の改良を重ね」


f:id:morifumikirikita319:20171119090826j:image

1926年(大正5)、豊田佐吉によって、豊田(とよだ)自動織機製作所が設立された。

現在の会社名は、豊田(とよた)自動織機。


f:id:morifumikirikita319:20171119090843j:image

1933年(昭和8)に豊田自動織機製作所に自動車部が設置された。このときは「トヨダ」。

1937年(昭和12)、トヨタ自動車工業株式会社が設立される。ここから「トヨタ」。

現在の会社名は、トヨタ自動車株式会社。

これはまあ、有名な話ですわな。


f:id:morifumikirikita319:20171119091819j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119092059j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119092118j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119092159j:image


f:id:morifumikirikita319:20171119092211j:image

f:id:morifumikirikita319:20171119092224j:image

草彅「よ~く分かりました!」


f:id:morifumikirikita319:20171119140730j:image

ということは元を正せば、今のトヨタがあるのは、堀川開削を命じた徳川家康のお陰ということになるな。


f:id:morifumikirikita319:20171119140313j:image

次の記事へと続く

 


f:id:morifumikirikita319:20171118215320j:image

🍤関連日記

名古屋・熱田でブラタモリ(1/2) - 森の踏切番日記

名古屋・熱田でブラタモリ(2/2) - 森の踏切番日記

徳川家康と堀川の関係など)

 

📄『ブラタモリ』この記事の前

🔘洞爺湖でブラタモリ(1/3) - 森の踏切番日記 

🔘洞爺湖でブラタモリ(2/3) - 森の踏切番日記

🔘洞爺湖でブラタモリ(3/3) - 森の踏切番日記

 

 

 

 

『デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク』のあらすじと感想

10月の読書録05ーーーーーーー

 デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク

 橘公司

 ファンタジア文庫(2017/08/20)

 ★★★

────────────────────

デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク (ファンタジア文庫)

〈Nibelcole〉

 

 

前作『デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン』に引き続いて、本作を読んだ。やっと最新巻が読めた。ふぅ💨

 

本作のサブタイトル「狂三ラグナロク」のラグナロク(Ragnarøk)は、北欧神話世界における終末の日のことで「神々の黄昏」と訳される。本書のあとがきによると、決戦感が欲しくて、語感がかっこいいからサブタイに決めたとか。北欧神話の用語もいろんな所で使われているから、いろいろ被るよね。

表紙はなんと、ニベちゃん。敵対勢力のボスであるDEMインダストリー業務執行取締役、アイザック・ウェストコット(アイク)が持つ全知の魔王〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉から生まれた擬似的な精霊がニベルコル、通称ニベちゃんなのだ。ニベちゃんは狂三の分身体同様量産タイプなのでウヨウヨ出てくる。「ベルゼバブ」ってスマホで打つと「べるぜバブ」が先に出てくるね。

ベルゼバブは、キリスト教世界における魔界の君主でハエの王とも呼ばれる大悪魔・ベルゼブブ(Beelzebub)にちなむ。天使〈囁告篇帙(ラジエル)〉の反転体にぴったりのネーミングだ(ラジエルは宇宙の神秘の知識をまとめた書物を携えた座天使長の名前にちなむ)。

十六世紀のフランスでニコール(Nicole)という名前の少女にベルゼブブ(フランス語形は Belzébuth ベルゼビュート)が取り憑いて生まれたといわれる子供の名前がニベルコル(Nibelcole)なのだ。ニコールとベルゼビュートでニベルコル。なんだかなあ。この小説のニベルコルは、この事件に基づいた命名だろう。

ということは、二亜がニコールということになるのかな? だから二亜? ニコールは子供の頃を修道院で過ごしたという記述が「ベルゼブブ - Wikipedia」にあるのだけど、だから二亜の霊装はシスターだったのかな。

 

 

それでは、あらすじと感想を始めます。

まずは断章として、アイクとエリオットとエレンとカレンの四人の物語が語られる。四人は「魔術師(メイガス)」の一族の末裔なのだ。彼ら一族は、普通の人々から迫害され山間の小さな村でひっそりと暮らしていたのだが、四人が幼い頃に襲撃され滅んでしまった。生き残った四人は、いつの日か、人類を放逐し、魔術師のための世界を創ることを誓う。

月日が流れ、彼らは十分な資産と隠れ蓑を手に入れ、魔術の研究に没頭した。そしてついに、「精霊術式」を行い精霊を生み出すことに成功したのだ。精霊は全身に淡い輝きをまとった少女の姿をしていた。この精霊は、人が思い描いたことを現実化する随意領域を持っている。その空間は地球を覆い尽くすほどの規模を誇っているという。それこそが「隣界」と呼ばれるもう一つの世界なのだ。

「それが、我々の世界だ。我々は隣界で以て、この世界を上書きする」

 

本章は、前作のラストの続きで時崎狂三の場面から始まる。狂三は、影の中に呑み込んだ〈ファントム〉が自分の力を分け与えてまでも精霊を増やした理由をいぶかしがる。

一方、〈フラクシナス〉に回収された五河士道は、琴里たちに狂三の目的を話す。士道と士道の実妹・崇宮真那は狂三の話に出てきた「崇宮澪」という名前に心当たりがあるのだが、記憶が失われていて思い出せない。そこで天使〈封解主(ミカエル)〉の力を使って士道の記憶の扉を開けようとしたが失敗に終わる。

狂三が影の中に呑み込んだ〈ファントム〉は村雨令音の姿をしていたが、〈フラクシナス〉には普段通りに令音の姿がある。ただ、琴里が令音を見て奇妙な違和感を覚えたという思わせぶりな記述がある。

ここは深読みせずに、

〈ファントム〉=始原の精霊=崇宮澪=村雨令音 

と、素直に解釈しておこう。始原の精霊の霊力については未知だが、「隣界」という随意領域を持っているくらいだから、なんでもありの可能性すらある。狂三の影の中に呑み込まれた令音も〈フラクシナス〉にいる令音も本体でない可能性すらある。

 

少年はある日、空間震と呼ばれる大爆発に遭遇する。彼は運良く無事だったが、何もかもが吹き飛んだ爆心地で美しい少女を見つける。彼女は一糸まとわぬ姿で大地にうずくまっていた。

少女は言葉を持たなかった。少年は少女に自分の上着を着せ、彼女を背負って、大混乱に陥った街をあきらめ、幸運にも無事だった自宅に連れ帰る。さて、どうしよう?

そこへ、妹の真那が帰宅する。互いの無事を確認して安心したものの、半裸の少女の存在を真那は誤解する。必死に弁解する少年。くしゃみをする少女。仕方ねーですね。真那が部屋着を持ってこようとしたその時、少女の周りに淡い光の粒子が纏わり付いたかと思うと、真那が着ているセーラー服と同じものが出現した……

 

士道は久し振りに琴里に手荒く起こされ目覚める。そこへゴスロリ眼帯の狂三の分身体が現れる。彼女は独断で、二月二十日にDEM社が、その総力を持って士道を殺しに来ることを伝えに来たのだ。それは狂三の心を挫くための作戦でもあった。

狂三の分身体がもたらした情報を受けて、〈フラクシナス〉では、司令・琴里を始めとするクルー、精霊たち、AIマリア、士道による作戦会議が開かれる。DEM社の目的は士道殺害により精霊たちを反転させ、その霊結晶(セフイラ)を奪うこと。精霊保護を目的とする〈ラタトスク〉とは、決して相容れない。琴里たちが取るべき手段はただひとつ、DEMを倒すことのみ。〈ラタトスク〉意志決定機関・円卓会議議長、エリオット・ウッドマンの賛同も得て、琴里たちは打倒DEMを誓うのだった。

そういえば〈ラタトスク〉も北欧神話に出てくる世界樹ユグドラシルに住む栗鼠の名前だったね。〈フラクシナス〉はひとひねりあるみたいだけど。

 

少女は瞬く間に言語を習得して話ができるようになった。少女は自分が何者なのかわからないと言う。少年と真那は、取りあえず少女を崇宮家に同居させることにする。両親は長期の出張で長らく家を空けているので問題はない。少女は名前を持たなかった。少年は出会った日が三〇日だったからというアレな理由で、少女に「ミオ」という名前をつけた。対外的なことも考えて、フルネームは「崇宮澪」と決まった。澪は、自分の名前を口すると、涙が溢れてくるのを押さえることができなかった……

 

対DEM作戦会議の翌々日。精霊たちは決戦までの間延びした時間の中でそれぞれの過ごし方をしていた。折紙と真那は陸自のASTを説得に行くが簡単な話ではない。十香と六喰は差し入れのおにぎりづくり。そこへ四糸乃と七罪が加わる。みんな何かの役に立ちたいのだ。とはいうものの、彼女たちのすることなのでなんだかおかしな方向に。二亜と美九と夕弦と耶倶矢の四人は、古今東西、エロくないのにエロく聞こえる言葉ー。ええと、マンゴスチン? パイタン? そこへ十香たちから連絡が入り、二亜たちもおにぎりづくりに参戦。

一方、〈フラクシナス〉では、クルーたちが作業に追われていた。琴里もいらだち気味。士道は時間を持て余していた。休むことも仕事のうちというやつなのだが、平均的日本人な小心者の士道は落ち着かないのだ。士道は狂三のことを心配する。琴里は〈ファントム〉の目的をいぶかしがる。令音は「くだらないことかもしれないよ」とつぶやいて、肌身離さず持ち歩いているクマのぬいぐるみの頭を撫でる。そこへ差し入れのおにぎりを持って十香たちがやって来る。士道のおにぎりの具は何だったのやら。

日付が変わった深夜、決戦に備えて狂三も準備に余念がない。一方、十香と語らう士道は何かを思いついた様子。

ゲームとかはやらないので分からないのだが、AIマリアはやはり或守鞠亜のキャラとかが反映されているのだろうか。マリアは前作より、かなり人間くさくなったような気がする。二亜とのからみはそこそこ面白かった。 

 

少女が澪となってから二週間後、少年は澪を外へ連れ出した。好奇心で目を輝かせる澪。そんな彼女を見ながら思案を巡らせる少年。彼女は自分の存在を「精霊」のようなものだと言う。澪には、わからないことが多すぎる。澪がクレーンゲームに興味を示す。

「取ってやろうか?」

少年は苦労してクマのぬいぐるみをゲットする。少年はクマのぬいぐるみを澪に手渡す。

「──ありがとう。嬉しい。私、あなたのことが『好き』」

少女の微笑み…… 

 

その日の朝がやってきた。空間震警報が鳴り渡り無人となった天宮市上空に旗艦〈レメゲトン〉(魔術書の名前にちなむ)以下三〇隻もの空中艦を擁するDEMインダストリー空中艦隊が姿を現す。迎え撃つ〈ラタトスク〉の空中艦は〈フラクシナス〉以下五隻。

DEM艦隊から機械人形〈バンダースナッチ〉第一陣が射出される。そこへ現れた狂三の分身体たちが〈バンダースナッチ〉に取りついて破壊していく。さらに、DEM艦隊が地上から砲撃を受ける。なんと、天宮市の幾つもの民家が街路がビルが銭湯の煙突がスーパーマーケットが魔力砲にトランスフォームして砲撃を始めたのだ。

余裕を見せるウェストコットは、〈バンダースナッチ〉第二陣、魔術師(ウィザード)部隊、エレン、アルテミシア、〈ニベルコル〉たちを出動させる。兵力に勝るDEM艦隊は圧倒的物量でもって〈ラタトスク〉を殲滅させるつもりなのだ。

 

狂三分身隊に襲いかかるニベルコル隊。どちらも同じ顔した集団だから、なんか絵面がすごそう。

DEM社の要請を受けて出動した日下部燎子隊長以下AST隊員たちは、捨て駒にされそうになったところを精霊たちに助けられて混乱する。

〈バンダースナッチ〉相手に奮闘する折紙と真那。ASTを助けたあと二人に合流する四糸乃と六喰。彼女たちの任務は、DEMに記憶処理を施されたと思われるアルテミシアを捕獲するという困難なミッションだ。〈フラクシナス〉には琴里と二亜。その前方にいる美九と七罪は皆をアシスト。十香と八舞姉妹は〈ニベルコル〉に対応する。

 

折紙に襲いかかるアルテミシア。迎え撃つ折紙。真那や四糸乃、六喰は雑魚どもの対応に追われて加勢できない。折紙は〈絶滅天使(メタトロン)〉を駆使して応戦するが、苦戦を強いられる。その時二亜から、エレンが接近中という絶望的な通信が!

高速で一直線にアルテミシアの応援に駆け付けようとするエレンに衝撃が襲う。エレンの行く手を阻むように空中に立った魔術師は、金髪の若い男、かつてエレンやウェストコットたちとともにDEMを創設した同志にして、裏切り者。

 

天宮市街に点在する魔力砲の破壊という塩っぱい任務に当てられた〈ニベルコル〉たちはブーブー言いながら地上に降りた。そこへ十香と八舞姉妹が現れる。「遊び相手」が出てきて喜ぶ〈ニベルコル〉たち。だが、十香たちは攻撃を仕掛けようとしない。なぜなら、彼女たちは護衛に過ぎないからだ。〈ニベルコル〉の相手をするのは他ならぬDEMのターゲット、五河士道その人だったのだ。

まさかのターゲットが無防備にも最前線に出てきて〈ニベルコル〉たちは驚くが、すぐさま攻撃に転じる。士道に肉薄する一体の〈ニベルコル〉。その時、

「──愛してるよ」

予想外の言葉に、一瞬隙を見せた〈ニベルコル〉を抱き寄せ唇にキスする士道。恍惚の中で淡い光とともに消えていく〈ニベルコル〉。その光景を見ていた付近の〈ニベルコル〉たちまでもが同じように消えていく。

 

これは、マリアが解析した〈ニベルコル〉対処法なのだ。擬似的とはいえ〈ニベルコル〉も精霊には変わりないので士道の力で封印できるという理屈なのだ。普通は、相手が心を開いた状態でなければ封印出来ないのだが、〈ニベルコル〉は〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉が生み出した精霊で、〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉は、もともと二亜の天使〈囁告篇帙(ラジエル)〉だったわけで、その霊結晶(セフイラ)は全てが二亜から奪われたわけではないのだから、二亜の好感度と連動しているという理屈なのだ。はあ。

また、〈ニベルコル〉は、一にして全、全にして一の群体生命なので、一人がキスされると、それを見ていた他の個体にも効果が現れるのだ。はあ。

 

「──さあ始めようか〈ニベルコル〉。俺とおまえの、戦争(デート)の時間だ」

封印を免れた〈ニベルコル〉たちが怒り心頭に発して、一斉に襲いかかる。天使の力を借りて対応する士道。唇を奪われた個体が、その光景を目撃した個体が、次々と光の粒になる。警戒して遠くから飛び道具で応戦する〈ニベルコル〉たちには、投げキッス! 逃げまどうニベちゃんズ。

「逃がさないぜ──子猫ちゃん」

──そして、愛の嵐が巻き起こった。

なんだ?この小説!

その姿、まさに精霊無双。

斜め上を行ったね。

周囲の〈ニベルコル〉の大半が光と消えたが、未だ〈ニベルコル〉の姿は地上に溢れている。場所を移動しようとした士道の背後から現れたのは、狂三だった。

ニベちゃんズは書物の形をした魔王〈神蝕篇帙(ベルゼバブ)〉の頁からできているので、なんか水に弱そうだな。

 

その日、いつものように街を歩いていた少年と澪に謎の外国人集団が襲ってきた。どうやら澪を追ってきたらしい。澪の手を引いて逃げる少年の前に金髪黒服の欧米人の男が立ちふさがる。ところが、仲間からウッドマンと呼ばれたその男はなぜか二人を見逃してやる。さらに逃げ続けた二人だったが、ついにくすんだ銀髪の男(アイクだろ)に追いつめられてしまう。その男は、真那を人質にとったことをほのめかす。澪は観念して追っ手の方へ行こうとするが、少年は澪の手を引いて逃げ出す選択をする。男が銃を構える。少年の胸を熱い感触が襲う。がくりと崩れおちる少年……

 

折紙とアルテミシアの一騎打ちは、折紙が劣勢ながらも膠着状態が続いていた。そこへASTが現れる。アルテミシアの応援要請を受けたAST隊員たちが一斉射撃を行ったのは、そのアルテミシアに向けてだった。それが燎子の結論だった。その一瞬の隙を逃さず折紙はアルテミシアに斬りかかる。その攻撃を受けながら折紙を斬り付けるアルテミシア。相打ちかと思われたその時、鍵の形をした六喰の天使〈封解主(ミカエル)〉がアルテミシアの側頭部に突き刺さる。よみがえる記憶の波。

 

戦場の真っ只中で分身体ではない本物の精霊・時崎狂三と出会った士道は、狂三に命を助けてもらったことに感謝の言葉を告げる。〈ニベルコル〉と戦いながら、狂三を説得しようとする士道と抗弁する狂三。士道は狂三との出会いを無かったことにしたくないと告げる。士道は狂三の天使の力で狂三の記憶を追体験したとき、狂三の士道に対する熱い乙女の感情までも感じとってしまっていたのだ。

士道が思いついた士道と狂三双方の希望を叶える方法とは、まず、士道が狂三の霊力を封印する。それから、士道が霊力を使って〈刻々帝(ザフキエル)〉で三〇年前に戻る。そして、始原の精霊をデレさせて、その霊力を封印する。そうすれば、その霊力を使って歴史をやり直すことができるはず。しかも、展開を取捨選択し、悪かったことだけやり直して、ご都合主義的な理想的な歴史を作り出すことが出来るはず。士道の言葉に、動きが止まる狂三。

その時、一人の〈ニベルコル〉に結集し、紙の鎧を纏った〈ニベルコル〉となった〈ニベルコル〉が凄まじいスピードで狂三に迫ってきた。狂三の銃弾は紙の鎧に弾き返され、士道の投げキッスも通じない。紙の鎧は〈ニベルコル〉の目元を覆い隠していたのだ。腕部の鎧を円錐状に変形させた〈ニベルコル〉の右腕が狂三の胸元に迫る!

その瞬間、狂三の影の中からあの眼帯の分身体が現れ狂三をかばう。狂三の視界に鮮血の華が咲き乱れる。冷静さを取り戻した狂三は時間を巻き戻す【四の弾(ダレット)】を〈ニベルコル〉に撃ち込み紙の鎧をバラバラの紙へと戻す。その隙を狙って唇を奪う士道。〈ニベルコル〉は甘い声を残し光の粒と消える。なんだかなあ。

一度は消そうかと思った分身体に助けられて危機を脱した狂三は、DEMを退け、士道から命の危機が去った後なら霊力を封印されても構わないと士道に告げる。その言葉に喜び、狂三に手を差し出す士道。狂三がその手を取るように手を伸ばしたその瞬間──

 

少年が凶弾に倒れた瞬間、澪は怒りと悲しみと混乱に支配され、周囲を破壊しその場を逃れた。澪は霊力で少年の傷を塞いだが少年は最早目覚めなかった。澪の霊力をもってしても命を取り戻すことだけは出来なかったのだ。澪は悲嘆に暮れた。彼が澪の中でどれほどかけがえのない存在だったか。ひたすら考え続けた澪は一つの結論にたどり着いた。

「──作り直せば……いいんだ」

澪は少年の身体を自分の身体の中に取り込んだ。澪の胎内で少年の身体を再構成しようというのだ。そして、澪の精霊の力を分け与える。ヒトの身体はあまりに脆いから少しずつ与えなければならない。最初に用意する力は「力を吸収するための、力」一つだけでよい。それから一つずつ力が手に入れられるように「種」を撒いておけばよい。澪はそれをそばで見守っていればよい。少年が全ての力を手に入れたそのとき、彼は何者にも害されぬ力と永劫にも近い命を持った、澪の永遠の恋人となるだろう。

「だから……待っててね。──シン」

 

戦場の中。士道に手を伸ばしつつあった狂三の胸元から、狂三のものではない別の手が現れた。狂三が苦しげな声を発する中、少しずつ腕が伸び出てくる。思わず狂三の名を呼ぶ士道。やがて姿を現した『それ』は──

というところで To Be Continued となる。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20171118111314j:image

 

 

え~! 狂三はどうなっちゃうの?

あとがきによると、今回は作者が「前々から書きたかったシーンがいろいろ書けて非常に楽しかった」とか。なんだろ? 古今東西とか精霊無双とかだろうか。特に、ラストの部分は構想時から考えていたシーンだったとか。つまり、これが書きたくてここまでやってきたということになるか。将棋にたとえると、狂三という大駒を捨てて詰ませにかかったという感じがする。(あるいは、新たなステージへの入口となるのか)

そんなこんなで、今作は濃厚な内容で読み応えがあった。始原の精霊の誕生、それに崇宮澪と崇宮兄妹との関わりが明らかになり、村雨令音に関する幾つかの伏線(クマのぬいぐるみとか令音が士道を「シン」と呼ぶこととか)が回収された。妹が真那だから、「シン」は「真」、あるいは真がつく「真一」とかだろうか。士道に合わせて「真路」かもしれない。

ていうか、シン死んでんじゃん。士道は、崇宮澪から生まれたってことじゃん。令音の士道に対する態度に母性的なものが感じられるのも納得できる。この場合、シンと士道は同一の存在とは言えないよね。クローンと変わりないよね。

始原の精霊の霊力ならば、狂三のように時間を巻き戻してやり直すことも可能だと思うが、それだとシンはいつか死んでしまうから澪としては不満なのだろう。愛するものに不死の力を与えようとするところは神話的だといえる。澪は精霊というよりは神的な存在に近い感じがする。

士道はシンであってシンではない。澪は「愛」という概念の理解の仕方を間違えてしまったようだ。その辺りが、今後の展開に関わってくるのかどうか。

精霊の存在理由も明らかになったが、全ては士道のためだったとは、これまでの全てを覆す驚きの理由だった。この真実を知ったとき士道の自我はどういう反応を示すのか、そこが問題だ。

それにしても、悪いのはシンを殺したアイクだよな。結局、自分で話をややこしくさせたってことになるよな。

 

士道の狂三に対する「好き」は、他の精霊に対する「好き」と同質のものだろうか。それが気になる。士道は男女間の愛として究極の選択を迫られたとき誰を選ぶのか。それが気になる。「みんなを幸せに」というのは、男女の愛とは別物だと思うし。「みんな好き♥」というのは、単なる性欲の権化だと思うし。

 

さて、『それ』は素直に考えると、〈ファントム〉、つまり、崇宮澪だろう。あのタイミングで出てきたのはなぜだろうか。士道に分け与えるべき霊結晶はあと二つとすると、澪の計画は達成間近ということになる。「最後まで」と言っていたが、全てのケリをつけるつもりなのか。

謎として残っていることのひとつに、〈ファントム〉と〈フラクシナス〉の令音の関係がある。素直に考えると〈フラクシナス〉の令音も崇宮澪なのだろう。狂三の体内から出てきた『それ』が崇宮澪の本体だとすると〈フラクシナス〉の令音は、単なる分身体のようなものなのだろうか。逆の可能性もあるし、どちらも本体で偏在できるという可能性すらある。作者の設定が読みづらい。

士道や琴里たちをずっと見守っていた〈フラクシナス〉の令音がキーパーソンになる展開を一応想像してみる。彼女が澪の暴走を止めるストッパーの役割を果たすとか、そんな感じの展開はアリかナシか。

崇宮澪の計画は、士道の思惑を越えたものだし、アイクの思惑さえ越えたものだといえるだろう。この先の展開がどうなるのか。個人的には、狂三の運命が一番気になる。次回作は、来年の初め頃だろうか、春頃だろうか。それまでは、いろいろ展開を想像して楽しむことにしようと思う。

 

 

 

デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク (ファンタジア文庫)

デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク (ファンタジア文庫)

 

 

 

 

 

 

『デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン』のあらすじと感想

10月の読書録04ーーーーーーー

 デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン

 橘公司

 ファンタジア文庫(2017/03/20)

 ★★★

────────────────────

デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン (ファンタジア文庫)

〈TOKISAKI Kurumi〉

 

 

今回は、久し振りに時崎狂三がメインキャラクターということで、ストーリーが大きく動くことを期待して読み始めた。

 

 

まず、序章で精霊になる前の狂三について語られる。十七歳の狂三は、あるきっかけで崇宮澪と知り合う。

「崇宮」は五河士道の実妹の崇宮真那と同姓。「澪」はこれまでに話題に出てきた「ミオ」と呼ばれる謎の人物と同じ音。「澪」という漢字も気になるところ。

 

前作は最悪の精霊・時崎狂三が士道たちのクラスに復学したところで終わったが、本章はその続きから始まる。放課後、士道は屋上で狂三と話をしようとするが、強い目眩を覚える。

上空には本気で士道を殺(と)りにきたDEM社のエレンがいたが、真那が迎え撃つ。エレンに20人の〈ニベルコル〉が加勢するが、狂三の分身体が真那に味方する。

我に返った士道は違和感を覚えるが、狂三の提案を聞く。

「──わたくしと士道さん、相手をデレさせた方が勝ち……というのはいかがでして?」

狂三の目的は士道が体内に蓄積した10人分の霊力を士道ごと食らうこと、つまり、士道の死を意味する。

士道の目的は、狂三の霊力を封印して、罪の償いをさせて、その上で狂三に幸せな生活を送ってもらうこと。両者は相容れない。士道は、この勝負を受けて立つことにする。

ここまでの文章に不自然な個所があり、作者が何か仕掛けていることがわかる。どうでもよいことだが、〈ニベルコル〉をうっかり〈ニコルベル〉としてしまいそうになる。

 

その夜、五河家に一同集合して対策を話し合う。二亜と折紙の話から狂三が霊力を狙う目的は、30年前に現れたという始原の精霊をぶっ殺して、その精霊の存在を「なかったこと」にすることだと分かる。狂三の天使〈刻々帝(ザフキエル)〉を使えば時間を越えることができるが、そのためには膨大な霊力が必要なのだ。

真那の話では、彼女がエレンの襲撃を予測できたのは、前夜に狂三から教えられたからだという。分身体を使っての諜報活動が得意な狂三が士道の霊力をDEM社に横取りされたくなかったからだろうという結論になるが、士道はイマイチ納得できない。

この場面は、説明的だが合間にギャグを挟みながら進めて読者を飽きさせない工夫をしている。ただ、二亜が前に出てくるとギャグのセンスがどうもなあ…

 

翌朝から狂三の攻勢が始まる。狂三の大人の色気に守勢気味の士道。女子力の高い士道は昼休みのお弁当攻撃で反撃に転じるが、狂三も意外と女子力が高かった。狂三も士道にお弁当攻撃を仕掛ける。十香、折紙、八舞姉妹が息をのんで見守る中、このお弁当対決は激しい攻防の末、引き分けに終わったのだった。勝負は、次の水曜日、バレンタインデー決戦に持ち越される。

この場面は、作者の筆が乗っていて面白かった。もう少しパロディ的に大げさにやっても良かったと思う。合間に狂三の分身体たちの思わせぶりな会話が入る。

 

その日の夜、精霊マンションの一室で、琴里を議長に精霊オールスターズによる狂三対策会議が開かれる。会議の結果、バレンタインデーには狂三のチョコに対抗して、みんなも士道にチョコを贈ることと、当日までに士道に大人の魅力に対する耐性を付けさせることが決定する。

 

そして、深夜、士道の布団の中には一二九トリオが忍び込んでいた。そのあと士道は、「一応」精霊の〈ニベルコル〉たちに襲撃され惨殺される。という悪夢を見る。階下へ下りると士道を待っていたのは、なぜだか大人に成長した精霊たちのお色気攻勢だった。一二九トリオは抜け駆けしたペナルティで逆に子供になっていた。魔女っ子が一人いると便利だわ。ここのたたみかけ方も良かった。最後のトドメも効果的。大人化した四糸乃が良いなあ。オトナ四糸乃の♡♡♡エプロン💓 嫁にしたいっ! よしのんはいらんけど。

 

数時間後、琴里たちは、士道にトドメを刺した村雨令音とともに、チョコの材料を買いに製菓材料専門店にやってきていた。ここで令音の恋バナが語られる。過去に忘れることができない恋人が一人だけいたそうな。

この場面の「現実は伏線とか展開とか気にせずに襲ってくるしー」という二亜のセリフが意味深。創作には伏線とか憑きものだしー。

そんなところに現れたのが狂三だった。彼女もチョコの材料を揃えに来たのだ。

 

それからおよそ一時間後、精霊マンション一階の厨房スペースには、精霊たちとともに狂三の姿があった。狂三の提案で一緒にチョコ作りをすることになったのだ。なぜだかそういうことになったのだ。製菓材料専門店ではさり気なく琴里をフォローしていた令音が〈フラクシナス〉ってスマホで打つと〈フラグ死なず〉って出てくる!に戻ったことで、琴里に悲劇がっ!

普段は精霊たちにいろいろこの世界のことを教える立場にある琴里だが、なんといってもまだまだ十四歳の女の子、チョコの作り方を知らなかったことに気がついて頭がテンパリング、ドタバタを繰り広げる。ここは七罪がチョコの作り方を知っていて、なんとかチョコ作りが始まる。琴里は、狂三が微笑ましげに見守っているかのような気がしたのだった。

「……まさかね」

 

そして、二月十四日の朝がやってくる。士道は精霊たちからチョコをもらい、狂三の分身体たちは意味深な会話を交わし、あっという間に放課後になり、士道と狂三の決戦(デート)が始まる。

デートコースは、昨年の6月にしたデート(第3巻)と同じコースをたどるものだった。といっても、あの時のデートの相手は実は狂三の分身体だったわけで、真の狂三とは初めてたどるコースということになる。ということでランジェリーショップ・アゲイン。

ここで確認のため第3巻を読み返す。やっぱり第3巻は出来が良いなあ。この小説は「半眼を作る」という表現がやたら出てきて気になるのだが、第3巻でもやはり使われている。表現力の幅が狭くね?

デート開始からおよそ二時間、第3巻の時はせわしないデートだったが、今回は余裕のあるデートでいい感じ。ところが、なぜか狂三は極度のストレス下にあるようだ。

午後十時、二人はあの時と同じルートを巡り「思い出」の公園にたどり着く。そこでチョコを交換する二人。女子力の高い士道もチョコを用意していたのだ。士道はもう士織でいいのではないかと思う。

二人はいい雰囲気になるが、狂三の心に何か大きな壁があって、霊力を封印する状況にはならない。士道は意を決して狂三に始原の精霊を倒そうとしている理由を尋ねる。廃ビルの一室に連れて行かれた士道は、狂三の天使〈刻々帝(ザフキエル)〉の力によって狂三の記憶を追体験する。

 

十七歳の狂三は、「正義の味方」を自称する崇宮澪から、精霊を倒し世界を救ってほしいと頼まれ、精霊の力を与えられた。その日から狂三は澪とともに世界を救うために怪物のような精霊と戦い、倒していった。しかし、ある日狂三は知ってしまった、自分が倒した精霊が実は親友だったことを。そして、これまで倒した精霊も実は全て人間だったことに気づいてしまった。

澪の目的は霊結晶(セフイラ)を精製することにあった。本来の霊結晶は人間の属性とは相容れないものなのだが、人間の身体を何度か通すと精製されるのだ。精製された霊結晶を適性のある人間に与えれば、きちんと自我を持ったまま精霊になれるが、精製される前の霊結晶を与えられた人間は暴走してしまう。それが、狂三が倒した怪物のような精霊だったのだ。狂三は澪に利用されただけだった。

次に気がついたときには、狂三は記憶を失って現界した。狂三は天使〈刻々帝(ザフキエル)〉の力を使って記憶を取り戻し、全てを思い出した。そして決意したのだ。たとえ、どんな犠牲を払ってでも、時間に干渉する力を持つ天使〈刻々帝(ザフキエル)〉を使って、歴史を作り直すことを。

精霊とは、精製された霊結晶によって始原の精霊・澪の力を分け与えられた人間ということになる。ここで、第15巻で反転体の十香が言っていたことの意味がはっきりする。そして、DEM社は霊結晶を元の状態に戻そうとしているということになる。

 

狂三は士道に「士道の命」が欲しいと懇願する。狂三の記憶を追体験してしまった士道の心は揺さぶられる。

「──わたくしの霊力(いのち)以外のすべてを、あなたに、捧げますわ」

一糸纏わぬ姿となった狂三が士道に迫る……

その時、一応精霊の〈ニベルコル〉たちが襲撃してくる。狂三は一撃のもとに「贋作風情」を撃退するが、倒れ込んでしまった。

 

あわてる士道の前に狂三の分身体が姿を現す。彼女が言うには、狂三は疲れ切っているのだという。そこにもう一人、五年前のゴスロリ眼帯の分身体が現れ、驚愕の事実を士道に語る。

士道が狂三と屋上で話した二月九日の放課後、実は士道はDEM社の襲撃でエレン・メイザースの手によって殺されていたのだ。

狂三は炎の精霊・琴里に攻撃され深手を負った際、士道に助けられたことがあった(第4巻)。その時狂三は、影の中に逃げる寸前、お礼代わりに意識を失った士道の唇にキスを残した。狂三はその戦いで天使の文字盤の『Ⅵ』を失ったのだが、それは士道とキスしたことによって霊力の一部を封印されたためだった。

死んでしまった士道に我知らずキスをした狂三は、その霊力を取り戻した。【六の弾(ヴァヴ)】は撃った対象の意識のみを過去の身体に飛ばす弾だった。狂三はその弾を使って二月八日に意識を飛ばし、士道の死を回避したのだ。

以来、この六日間で士道は二〇四回殺されている。その度狂三は【六の弾(ヴァヴ)】を自らに撃ち込み意識を過去に飛ばし、士道の死を回避し続けていたのだ。狂三の精神は限界に近づこうとしていた。

狂三は、すぐに士道を「喰おう」と思えばできたはず。でもそれをしなかったのは、士道にはちゃんと納得してもらった上で「命を借り」たかったのだろう。士道の命を「喰らう」ために士道の命を救うという行為を繰り返すうちに彼女の心境が変化していったということもあるだろう。彼女は本質的には誠実な人柄なのだろうとも思える。彼女は士道に既に心を開いているようだが、デレたというよりも、情が移ったという感じがする。「食べちゃいたいくらい好き」っていうのもありか。

とここで狂三が目を覚まして、士道の前から消えてしまう。士道は、今度は自分が狂三を救う番だと心に誓う。

この場面で「半眼を作りながら」という表現(326頁)は良くない。こういう自動的な記号的な表現は多用すべきではないと思う。特にデリケートな場面では、もっと表現に気を配るべきではないだろうか。

 

とあるビルの屋上で、狂三がおしゃべりな分身体ともめているところに〈ファントム〉が現れる。〈ファントム〉の正体を察した狂三は〈ファントム〉を攻撃する。その攻撃で障壁を剥がされて実体を現した〈ファントム〉の姿は、狂三も士道も琴里もよく知るあの人物だった。その姿を見て全てを理解した狂三は〈ファントム〉を影の中に引きずり込む。

というところで、To Be Continued となる。 

 

 
f:id:morifumikirikita319:20171116003914j:image

 

 

前作までで精霊は、十香、四糸乃、狂三、五河琴里、八舞姉妹、美九、七罪、鳶一折紙、二亜、六喰と、一から十まで出そろっている。精霊はこれで打ち止めなのだろうか。スピンオフなどのキャラは分からないが、映画では万由里がいるから「万」は使用済みだとして、この先、「百」とか「千」とか「億」とか「兆」とか「京」などの名を持つ精霊は登場するだろうか。私自身、昔々考えたキャラに「那由多」と名付けた前科があるが、登場するだろうか。

察しのよい読者は、前作までに原始の精霊の名前をある程度予想できたことだろうと思う。「澪」という名前には「零」という字が含まれている。そして、「零」という字には「令」という字が含まれている。精霊の名前が一から十までなのだから、始原の精霊の名前は「零」が関係するだろうと思っていた。「ミオ」が「澪」とは思いつかなかったが、「零」から「令」を連想するのはそれほど難しいことではない。

第4巻の終章で『何か』(ファントム)は、狂三の目的が 三十年前に飛んで始原の精霊を亡き者にすることを聞いて知っている。物語の展開から考えても、このまま狂三にやられてしまうはずもない。第11巻で〈ファントム〉は仮の姿で現れることもできることが分かっているので、「澪」と「令」の関係もこの段階では、はっきりとは言えない。

 

今回は久し振りに満足のいく内容だった。やはり、このシリーズは狂三に尽きる。あとがきによると、狂三は『デート』で最初に出来たキャラクターらしい。作者が高校二年の頃に書いた小説に狂三の原型となるキャラクターが存在しているという。納得のいく話だ。このシリーズのキャラの中では狂三が一番造形がしっかりしているし、キャラが複雑で深みがある。作者にとっても思い入れのあるキャラクターなのだろう。

 

 

この次は、なんだか『リゼロ』が読んでみたくなってきたのだが、どんなもんだろうか。

 

 

 

 

 

 

📄この記事の続き

『デート・ア・ライブ17 狂三ラグナロク』のあらすじと感想 - 森の踏切番日記

 

📄関連日記

まとめ読み『デート・ア・ライブ』(1)~(12) - 森の踏切番日記

まとめ読み『デート・ア・ライブ』(13)~(15) - 森の踏切番日記

まとめ読み『デート・ア・ライブ アンコール』(1)~(6) - 森の踏切番日記

 

 

 

 

 

吉村昭の『高熱隧道』を読む(2)

10月の読書録03ーーーーーーー

高熱隧道 (新潮文庫)

高熱隧道 (新潮文庫)

 


f:id:morifumikirikita319:20171111175437j:image


f:id:morifumikirikita319:20171111175535j:image

吉村昭の『高熱隧道』を読む(1) - 森の踏切番日記の続き

 

 

仙人谷に向かって本坑を掘削しはじめた阿曽原谷側工事班の岩盤温度は、依然130℃台を記録し、日によっては、140℃を大幅に越えることもあった。仙人谷側の岩盤温度も12月に入ると遂に100℃を突破、上昇の気配を一向に止めない。

ところが、逆に工事は快調に進んだ。ポンプで汲み上げる渓流の水温が氷点近くまで下がって冷却効果が増したのだ。また、防熱のためのエボナイト管をファイバー管に変え、複数のダイナマイトを縦に一列に並べ、それを二本の割竹ではさむことで作業を効率化させた。

この頃から、技師や人夫たちの中に招集令状をうけて下山する者が増えてきた。

12月20日、阿曽原谷側工事班と仙人谷側工事班の距離は540mにちぢまった。仙人谷側坑道の岩盤温度も130℃を突破、阿曽原谷側坑道の岩盤温度は常時140℃台を記録するようになった。熱湯の噴出による火傷事故も何度か発生し、その度に工事は中断され、工事の進度が鈍りはじめた。

この年(1938年:昭和13年)、ここまでの人命の損失は31名で、工事着工以来の死者は85名に達していた。

 

12月27日深夜、第二工区志合谷で大事故が発生する。鉄筋5階建て(実際は4階建て)の宿舎が百人近い人員とともに一瞬にして消えてしまったのだ。

正確な行方不明者の数は84名だった。坑内にいた49名は無事だった。宿舎は、専門家の意見も参考にして雪崩が発生しない絶対安全な場所に頑丈な建物を建設したはずであった。

猛吹雪の中、救出作業は難航した。年が明けて、1939年(昭和14)1月10日、ようやく雪の除去作業が終わったが、宿舎跡からは遺体は一体も発見されなかった。それどころか、建物の残骸すら発見されなかった。辺り一帯の雪の掘り出し作業が続けられたが、2月に入っても遺体も残骸も見つからない。2月下旬になって、宿舎はホウ雪崩(泡雪崩)に遭遇したことが分かった。遺体と残骸は、奥鐘山の岩棚に積み重なって発見された。

 

泡雪崩は、表層雪崩の一種で、乾いた新雪の雪粒と空気の混合体が圧縮されて塊となって落下するもので、雪煙が時速200km以上の速度で流下する(全層雪崩は時速40~80km)。それが障害物に激突すると、圧縮された空気が爆発し、その衝撃力は建造物を破壊するほどの大きさになり、爆風をともなう。本書によると、爆風は秒速1000m以上になる可能性もあるという。

この事故では、泡雪崩は宿舎から700mの距離にある峻嶮な山の傾斜で発生したと推定される。宿舎は、運悪く急斜面を流下した泡雪崩の通過線上に位置していて、泡雪崩の衝撃力によって宿舎の二階から上部が破壊され、爆風により直線的に吹き飛ばされ、前方の比高78mの山を越え、宿舎地点から580mの距離にある奥鐘山の大岸壁にたたきつけられた。その直後、宿舎裏の山の雪が雪崩れて宿舎跡を埋めたということのようだ。

3月に入り、雪融けを待って遺体の収容作業が始まった。小説では遺体は全て収容されたことになっているが、実際の記録では、宿舎利用者124名のうち無事だったのは32名、重軽傷者8名、遺体が収容されたのは37名、行方不明者47名となっている。

泡雪崩 - Wikipediaなども参考にしました)

 


f:id:morifumikirikita319:20171112141034j:image

宿舎の位置を赤印辺りだとして、後方の急斜面(緑線は尾根)から泡雪崩が襲い、宿舎は対岸の比高78mの尾根を越えて、奥鐘山の岸壁にたたきつけられたということになる。想像を絶する話である。(青線は川、黒の破線は軌道トンネル、黒の実線は日電歩道)

Google Earthストリートビューが、赤印辺りにあるのだが、辺りの山は急峻な地形だった。

 


f:id:morifumikirikita319:20171112135443j:image

奥鐘山(出典:奥鐘山 - Wikipedia

 


今度ばかりは、富山県庁も県警察部も工事の全面的な中止の意志が固かったが、志合谷事故の犠牲者全員に天皇から金一封が下賜されたことから風向きが変わり、3月22日、工事再開指令が通達された。
3月28日、工事再開。仙人谷・阿曽原谷間の軌道トンネル工事は残り280mになっていたが、工事の遅れを取り戻すため水路本坑工事も並行して推し進められることになった。

4月10日、工事着手以来の犠牲者に対する慰霊祭が行われる。

5月に入っても岩盤温度の上昇はやまず、仙人谷坑道でも阿曽原谷坑道と同じように岩盤温度が140℃を越え、さらに上昇の気配をみせていた。仙人谷側は坑内が奥にいくほど下がっていて、冷却のために放水した水が排水ポンプによる排水では追いつかず、45℃の湯が絶えず人夫たちの腰あたりまでひたしていた。人夫たちの顔は苦痛でゆがんでいた。

6月5日、阿曽原谷側坑道の岩盤温度が162℃を記録する。火薬係の人夫たちが再び怯えはじめたので、ダイナマイトをはさむ割竹を四本に増やし、ダイナマイトを装填する穴に、細竹を冷凍機にさし入れて作った氷の棒を事前にさし込んで温度を下げる工夫をした。

以後、岩盤温度は常時155℃前後を記録する。坑内温度も上昇し、人夫たちの熱に対する忍耐も限界に達した。6月初旬には熱中症による死者も出るようになった。

6月末日、軌道トンネル工事は、残り100mを切る。

7月5日、阿曽原谷側坑道の岩盤温度が165℃を記録、最高記録を更新する。

7月中旬、不発ダイナマイトの自然発火による事故で、2名死亡、7名重傷。県警察部からは、最早何も言ってこない。この事故の後、次第に坑道内に重苦しい緊張感がただよいはじめ、人夫たちの表情も殺気立ってくる。

8月10日、軌道トンネル工事は、残り29m になる。岩盤温度は両側とも154℃。ここから懸賞金をかけて、仙人谷工事班と阿曽原谷工事班の激しい掘進競争が始まる。こうなると、熱いとか、事故が怖いなどと言ってる場合ではない。人夫頭にとってはプライドがかかっている。人夫たちは狂ったように作業を続けた。

8月17日、両班の距離は6mを切る。坑内作業を指揮する技師たちの表情が重苦しくなる。設計図通り貫通した際に両側の中心線が正確に重なり合わなければ意味がない。中心線の完全な一致が技師たちの誇りであり喜びなのだ。

8月20日早朝、仙人谷側工事班の先着でついに貫通する。その日の午後、貫通祝いが行われた。測定の結果、坑道の食い違いは横にわずか1.7cmの誤差だった。技師たちは喜んだ。

2日間の特別休暇の後、人員は二分され、水路隧道の掘削工事と貫通した軌道トンネルの仕上げ工事に取りかかる。

この年の5月11日にノモンハン事件が勃発している。9月1日、ドイツ軍がポーランドに侵入、第二次世界大戦始まる。技師・人夫の出征のため、工事現場の人員不足が深刻化する。人夫の平均年齢も上昇し、中年以上の者が圧倒的に多くなる。

 

秋になり、陸軍省から阿部信行陸軍大将が視察に訪れる。

すでに軌道トンネル工事は完了し、欅平・仙人谷間の全ルートが開通、レールの敷設も終わろうとしていた。レールの敷設が終われば、ダム構築用資材は、第三工区の竪坑のエレベーターで運び上げられ、約5738mの軌道トンネルを運搬車で一気に運ぶことができる。

水路隧道工事は、第一工区が遅れているだけで、第二、第三工区は1、2ヶ月中に貫通が予定されていた。翌年中には、全ての工事が完工することが確認された。

 

11月中旬、第三工区水路隧道工事が完工期限よりも1ヶ月早く貫通、続いて第二工区水路隧道工事も貫通された。第二工区水路隧道工事は、阿曽原谷に近づくにつれて岩盤温度が急上昇し、最高温度は148℃を記録した。第一工区と違って人夫たちは高熱に順応していなかったので、工事はしばしば中断した。熱湯噴出事故のため、5名死亡。

11月20日、黒部渓谷は一夜にして雪におおわれた。

12月に入って、第二工区の人夫たちも第一工区の工事に合流したが、第二工区で148℃を経験した人夫たち以外は、第一工区の高い坑内温度に耐えきれなかった。

前年の泡雪崩事故を受けて、宿舎は補強され周囲に石の壁も作られたが、降雪が本格的になると、人夫たちはおびえはじめた。 

 

1940年(昭和15)1月9日午後、阿曽原谷で発生した泡雪崩が、またしても宿舎を直撃した。建物は倒壊し火災が発生した。焼失したのは6階建ての阿曽原谷宿舎の4階以上の木造部分だった。泡雪崩は裏山のブナ林を通過、ブナの木はなぎ倒され、爆風によって空中に舞い上がり、一斉に宿舎に突き刺さったのだ。調査の結果、平均して直径70cm、長さ20mのブナの木が推定300本、宿舎から渓谷一帯に散乱していた。死者28名。

監督官庁からは何の指令もなく、2月初旬には工事が再開された。阿曽原谷宿舎は放棄され、坑道内の避難所を拡張して寝泊まりすることになった。坑内温度は平均32℃で雪崩の危険がないことに人夫たちは安心したが、湿度が高く虱が大発生した。

主人公の工事課長は、阿曽原谷事故以後人夫たちの間にこれまでとは異なった気配が広がってきているように思えてならなかった。

 

4月末日、水路隧道を掘進する仙人谷側・阿曽原谷側両坑道間の距離がついに100mになった。岩盤温度は上昇を続け、5月上旬には、阿曽原谷側坑道で166℃を記録、最高記録を更新した。仙人谷側坑道では湯のたまる量が多くなり人夫たちを悩ませた。

5月中旬、爆発事故が仙人谷側坑道で起こり、3名死亡、5名重傷。3日後、阿曽原谷側坑道で熱湯噴出事故が起こり、2名死亡。人夫たちは、事故が起こってもはっきりした反応を示さなくなり、その顔もほとんど無表情に近かった。主人公は、彼らの沈黙と強ばった表情におびえた。

5月末日、両班の距離が残り38mとなる。

6月4日、両班の間で激しい掘進競争が開始された。その作業には無言の殺気が感じられた。軌道トンネル掘進競争で敗れた阿曽原谷工事班の進度はすさまじかった。

6月14日早朝、ついに阿曽原谷工事班の先着で、阿曽原谷・仙人谷間約705mの水路隧道は貫通された。その日の夕方、人夫たちの不穏な空気を恐れた工事課長の主人公、上司の事務所長、日本電力工事監督主任の3人は、一目散に軌道トンネルを下った。

 

1940年(昭和15)11月21日、仙人谷ダム完成をもって、黒部第三発電所建設工事は完工。第一・第二工区の人命損失は233名、全工区の犠牲者は300名を越えた。

 


f:id:morifumikirikita319:20171113080930j:image

関西電力黒部専用鉄道の阿曽原・仙人谷間のコンクリートで覆われた区間

(出典:仙人谷ダム - Wikipedia


f:id:morifumikirikita319:20171113080945j:image

関西電力黒部専用鉄道の阿曽原・仙人谷間の素掘り区間

(出典:関西電力黒部専用鉄道 - Wikipedia

 

 

本書のあとがきによると、著者は黒部第四発電所建設工事の大町トンネル(関電トンネル)工事現場を見学した際、岩盤に取り組む技術者や労務者の自身とは明らかに異質な世界に住む人間の姿に大きな衝撃を受けたという。そのとき味わった「はかない人間としての自分の存在を見せつけられたような萎縮した卑屈感と孤独感」が、この小説の主題に反映されている。

この小説の登場人物は、作者の創作である。小説としては、第二工区担当土木会社に勤める工事課長を主人公に、技師たちと人夫たちとの人間関係を中心に描かれている。

 

技師と人夫。そこには、監督する者と従属する者という関係以外に、根本的に異なった世界に住む違和感がひそんでいる。それは、一言にしていえば、技師は生命の危険にさらされることは少ないが、人夫は、より多く傷つき死ぬということである。と言うより、人夫たちには、死が前提となっているとさえいってよい。

 

技師たちの立場は、主人公の上司である事務所長の「おれたちトンネル屋は、トンネルをうまく掘ることさえ考えていりゃいいんだ」という言葉に尽きる。 人夫の死にいちいち感情移入していては、トンネル屋はつとまらないのだ。

登場する若手技師二人のうち一人はそうした世界に染まっていくが、もう一人は最初の泡雪崩事故の後、精神に変調をきたして雪山に消えていく。人の死の重みに耐えきれなかったのだ。

一方、人夫たちが高熱に喘ぎ、死の危険にさらされながらも工事現場から離れないのは、高い日当がもらえるからにほかならない。彼らは生きるために、家族に少しでも楽な暮らしをさせてやりたいがために働いているのである。

技師たちは、人夫たちが持つ潜在的な不満や憎悪に対して、常に細心の注意を払わなければならない。主人公は、工事が進むにつれて、彼らの怒りがいつか暴発するのではないかという恐怖心を募らせていく。

著者は、この両者の決して相容れない、しかし、互いに依存し合わなければならない、死と隣り合わせの現場を目の当たりにして、この地下世界では自身の方が異質な存在であることに卑屈感と孤独感を味わったのだろう。

 

この渓谷は、人の住みつくことを頑強に拒否している。はげしい造山運動を繰り返す黒部渓谷は、思うままに雪崩を起し崖くずれを発生させて、人を近づくことを許さないのだろう。

 

本書を読んで深く印象に残ったことの一つに黒部峡谷の自然の恐ろしさがある。それでも、人はそこに分け入っていくのである。この隧道工事史上稀に見る難工事が、十五年戦争中(満州事変から敗戦まで)に行われたという事情がなければ、果たして完工されたであろうか。国家のために国民が犠牲になるのは当然のことであると考えていたのが当時の大日本帝国である。戦後の日本国であっても、国家的事業とあらば完工させるだろう。国家とはそういう性質のものである。この第三発電所の完成がなければ、第四発電所の建設もなかった。その事を考えると、この高熱隧道の完工は大きな意味をもつと云えるだろう。

 

 

 

 

 

吉村昭の『高熱隧道』を読む(1)

10月の読書録03ーーーーーーー

 高熱隧道

 吉村昭

 新潮社(1967/06/20)

 ★★★☆

────────────────────

我が家の押し入れには、祖母や伯父が遺した昭和の本がしまってあるのだが、その中に吉村昭の作品が何冊かあって、以前読んだことがある。読んだのは、『戦艦武蔵』『大本営が震えた日』『零式戦闘機』『陸奥爆沈』『海の史劇』『関東大震災』『漂流』の七作品である。いずれも史実に基づいた濃密な作品で深く印象に残っている。

もう一冊、『高熱隧道』もあったのだが、これだけは未読だった。トンネルを掘るだけの話だし、他の作品に比べると地味な印象なので、スルーしたのだろう。すっかり忘れていたのだが、先日のNHKブラタモリ』の放送で、黒部ダムが取り上げられているのを見て思い出した。そこで、押し入れから発掘して読んでみることにした。

 


f:id:morifumikirikita319:20171113140658j:image

黒部峡谷

※本書では「黒部渓谷」と表記されているので、以下の文では「黒部渓谷」と表記します。

 

 

この小説は、日本電力株式会社が計画し、1936年(昭和11)8月中旬に着工した黒部第三発電所建設工事の中でも、稀にみる難工事となった隧道工事を中心に工事の過程と人間模様を、工事課長を務める土木技師の視点で描いた作品である。

本書のあとがきによると、著者は本書を執筆する十年ほど前に黒部第四発電所建設工事のおこなわれていた黒部渓谷を訪れたことがあるという。その時、欅平から仙人谷まで隧道の中を走る軌道車(関西電力黒部専用鉄道)に乗り込んだ著者は、異様な熱気と湯気を体験した。それが、著者が高熱隧道の存在とその工事が隧道工事史上きわめて稀な難工事であることを知るきっかけになった。

著者は二十日近く黒部渓谷に滞在し、貫通を急いでいた大町トンネルの工事現場の光景に大きな衝撃をおぼえた。著者は何度か作品化を試みるが、その都度失敗したという。やがて、著者の胸中に高熱の充満する隧道と大町トンネルの工事現場の光景が結びついて生まれたのが本書だということだ。

著者はこのあとがきで、工事過程については出来る限り正確さを期したが、登場人物は創作であることを断っている。

 

ここでは、この記録小説のおもに「記録」の部分を抽出し、難工事の経過を再現してみようと思う。

 


f:id:morifumikirikita319:20171109155016j:image

黒部ダム完成後の黒部川発電所関西電力のみ)

NHKブラタモリ』より)

 


f:id:morifumikirikita319:20171111144757j:image

宇奈月から欅平下部までの区間黒部峡谷鉄道本線)が約21km。

欅平下部から上部まで竪坑エレベーターが約200m。欅平上部から仙人谷までの区間関西電力黒部専用鉄道)が約5.5km。

その先、黒部第四発電所を経て黒部ダムまでが約17km。

 


f:id:morifumikirikita319:20171113141510j:image

黒部峡谷鉄道本線欅平駅付近

 


f:id:morifumikirikita319:20171111144930j:image

(50年前の単行本なので少し黄ばんでますが) 

 

 

第三発電所建設工事は、第三発電所のある欅平から第四発電所より少し下流にある仙人谷ダムまでが工事区間だった。工事は三工区に分けられた。

第一工区は、上流の仙人谷でのダム構築・取水口・沈砂池の建設と仙人谷から下流方向の阿曽原谷付近までの水路・軌道トンネルの掘削。

第二工区は、阿曽原谷付近から下流方向の(折尾谷、志合谷を経て)蜆坂谷付近までの水路・軌道トンネルの掘削。

第三工区は、蜆坂谷付近から下流部分の水路・軌道トンネルの掘削と欅平に設けられる竪坑(エレベーターを使用)と発電所の建設工事。

これらの三工区は、落札に成功した土木会社三社がそれぞれ分担して請け負うことになった。主人公の勤める土木会社は第二工区を担当することに決まった。

第二工区の工事根拠地となる、志合谷は欅平から約7km、折尾谷はさらに約4kmの道程があった。

 


f:id:morifumikirikita319:20171109160720j:image

日電歩道

(出典:水平歩道 - Wikipedia


f:id:morifumikirikita319:20171109185801j:image

NHKブラタモリ』より)

 

 

当時の黒部渓谷は、地元の猟師でさえ足を踏み入れない秘境で、資材を運び込むだけでも困難がともなった。上の写真のような岩をうがった細道を伝って人力で資材を運び込まなければならず、転落死亡事故が絶えなかった。

Google Earth には、日電歩道辺りにも何ヶ所かストリートビューがあるのだが、それで見てみると本当に細い道で、まさに秘境という感じがする。

 


f:id:morifumikirikita319:20171109185448j:image


f:id:morifumikirikita319:20171109185503j:image

こちらは、黒四ダム(黒部ダム)建設時の写真。

NHKブラタモリ』より)

 

 

1年目は、冬が訪れる前に全員下山して工事は中断した。

翌1937年(昭和12)4月、工事再開。

7月、盧溝橋で日中両軍が衝突、日中戦争が始まる。当然のことながら、人夫からも徴兵されるので人員確保も課題のひとつだった。

8月上旬、第二工区で本格的に隧道工事が始まる。工事は、まず、志合谷と折尾谷から横坑を掘削していき、本坑位置に達すると、そこから上流下流両方向へ向かって本坑工事を進める。上流側、下流側からも同様に工事が進められ、それぞれ中間地点辺りで貫通させるわけである。

ここで、最も工事量が多い第一工区を請け負った土木会社が、阿曽原谷横坑の岩盤温度の上昇を理由に工事放棄する。坑口から30m掘っただけで、65℃の岩盤に突き当たったのだ。付近が温泉湧出地帯であることは分かっていたが、想定外の出来事だった。

冬期に工事を停止すると、昭和13年11月末日の完工期限に間に合いそうもないので、第二工区では、工事課長の主人公を長とした二百人を越える越冬隊を組織し、地下宿舎を設けて、豪雪で閉ざされる冬期も工事を進めることになる。

年が明けて、放棄された第一工区の全工事を主人公が勤める第二工区担当の土木会社が引き受けることが決定する。

 

1938年(昭和13)4月、国家総動員法が公布される。

黒部渓谷には技師や人夫が大量に入山してくる。主人公が勤める土木会社の作業は、進行中の第二工区本坑掘削工事、新たに第一工区隧道工事、五カ所の根拠地に設けられる本宿舎建築工事の三つに分けられた。

主人公は、第一工区隧道工事の総指揮を一任される。第一工区では、ダム建設地の仙人谷への資材運搬を容易にするために、まず軌道トンネルを貫通させる。上流の仙人谷で本坑を掘り進める一方、下流からは阿曽原谷で横坑を260mうがって本坑地点に達し、仙人谷に向かって掘進することになっていた。

阿曽原谷横坑は坑口から60mの地点で岩盤温度が75℃を記録した。仙人谷の軌道本坑も30m掘っただけで岩盤温度が40℃を越えた。以後も、掘り進むに従って岩盤温度が上昇していく。人夫たちは、熱気のこもる坑内で作業しなければならなかった。

人夫たちが動揺し始めたので、工事を中断し地質学者に再調査を依頼する。調査の結果、高温の断層を越えれば温度は下がるだろうという地質学者の見解を信じて、人夫たちにポンプで汲み上げた水を放水し、人夫と岩盤を冷やしながら作業を進めることになる。換気用の竪坑も掘られた。これらの対策は効果があったが、水はすぐにお湯になった。

※作業をする人夫たちにホースで水をかける「かけ屋」と呼ばれる係も熱いので、その後ろに「かけ屋」に水をかける「かけ屋」を配置し、その「かけ屋」も熱ければ、さらにその後ろに「かけ屋」を配置した。

 

7月1日、阿曽原谷横坑は坑口から80m地点で、岩盤温度が95℃を記録する。地質学者の見解では、ここからは温度が下がるはずであった。

7月20日、岩盤温度が107℃を記録する。地質学者もあてにならないという結論になる。

7月28日、ダイナマイトが岩盤の熱のために装填中に自然爆発を起こす。死者8名。主人公の上司である工事事務所長は、バラバラになった肉塊を、顔まで血と脂にまみれながら筵に並べ、黙々と遺体の復元作業を続けた。工事は、その夜から中止された。

富山県庁と富山県警察部からは、工事中止命令が出される。岩盤温度が120℃に達していて、火薬類取締法違反が適用された。すでに70名近い人命も犠牲になっていた。ところが、中央からは工事再開の指示が出る。黒部第三発電所建設工事は、国家的要請からきわめて重要視されていたのである。

技師たちの研究の結果、坑内の冷却装置に工夫をこらし、排気装置も取り付け、ダイナマイトをエボナイト管に入れ自然爆発を防ぐことになった。また、医師に常駐してもらうことにし、作業シフトも改訂することにした。日本電力本社からは、隧道ルートの変更計画がもたらされた。ルートを少しでも熱が低いと期待される黒部川沿いの地表に近い方に引きつけたのだ。

※坑内の上部に導水用の鉄管を通し、各所にシャワーなどが設けられた。「かけ屋」は、シャワーを浴びながら放水できるようになり、「かけ屋」の「かけ屋」を配置する必要がなくなった。

 

10月1日、工事が再開される。だが、ダイナマイトを装填する火薬係の人夫たちは、ダイナマイトの自然発火を恐れて作業を拒む。主人公は人夫頭とともに自ら作業しダイナマイトを点火させる。発破は無事成功する。人夫たちは安堵し、作業は順調にすすめられる。

10月5日、ルート変更のため阿曽原谷横坑工事の掘削距離が短縮されたこともあって、新ルートの軌道本坑位置に到達する。そこから左右両方向に向かって本坑工事がはじめられることになる。

上流側の仙人谷坑口までは約719mの距離があるが、仙人谷からの坑道はすでに105m進んでいるので、残り約614mを両側から貫通を目指して掘り進むことになる。

下流方向へは、下流の折尾谷から掘り進んでいる第二工区工事班が順調に工事を進めていて、残り120mを余すだけになっていた。折尾谷工事班の坑道は岩盤温度も40℃程度だった。

上流方向への工事は困難が予想された。横坑突き当たりの岩盤温度がすでに132℃を記録し、仙人谷側工事班の岩盤温度は92℃まで高まっていた。この先岩盤温度がさらに上昇する覚悟をしなければならなかった。

 

第二工区の折尾谷から下流方向と第三工区の軌道トンネルが、予定期限通り次々と貫通されていった。

阿曽原谷横坑から下流方向に向かった工事班は、予想通り岩盤温度が低下し、順調に掘り進んだ。11月8日午前1時35分、はげしい掘進競争の末、折尾谷工事班の先着で折尾谷・阿曽原谷間も貫通した。

これをもって、欅平から阿曽原谷にいたる4464mの軌道トンネルは開通された。これらの区間では、引き続き、水路トンネルの掘削に全力で取りかかった。主人公を班長とする阿曽原谷・仙人谷間の工事区だけが取り残される形になり、主人公は焦りを覚えた。

しかし、これから越冬をしなければならない主人公たちにとって、阿曽原谷から下流の軌道トンネルの完成は、冬期も欅平を経て宇奈月までの通行が可能になり、精神的な安心感だけでなく、越冬中の工事にもよい影響を与えることが期待できた。各工事現場の本宿舎も、ほぼ完成し入居可能となった。

11月下旬、降雪が本格的になり、たちまち渓谷は雪におおわれた。技師・人夫全員の越冬が始まった。

 

ここまでで、この小説のまだ折り返し地点である。本当の試練はここからなのである。

 


f:id:morifumikirikita319:20171113142054j:image

♨次の記事へと続く

 

 

📄関連日記

🔘黒部ダムでブラタモリ(1/3) - 森の踏切番日記

🔘黒部ダムでブラタモリ(2/3) - 森の踏切番日記

🔘黒部ダムでブラタモリ(3/3) - 森の踏切番日記