森の踏切番日記

人生LARKしたい

『真田丸』最終回の感想・その3 「敗着」

大河ドラマ真田丸』最終回


f:id:morifumikirikita319:20161221192450j:image

その3「敗着」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:morifumikirikita319:20161221093348j:image

?あ、よく似ているから間違えてしまったじゃないか。

 

有働「戦いは豊臣軍の圧勝」

?有働「ゲームはアントラーズの歴史的勝利」

有働「…に思われた」

?有働「…に思われた」

 

?豊臣軍の圧勝は言い過ぎだよな。真田隊も毛利隊も治房隊も予想外に善戦したことが過大に評価されている節があると思う。最終的には、数の力には勝てないのである。

 

 

◾戦場

f:id:morifumikirikita319:20161221093547j:image

治長「今こそ秀頼公ご出馬の時。城へ戻る!」


f:id:morifumikirikita319:20161223153336j:image

兵「これはどうなされますか?」

治長「むろん持ってまいる」

?どうして、そこでモドリッチ


f:id:morifumikirikita319:20161223153356j:image

有働「この小さな行動が歴史を変えた」

?有働「山本にイエローカードが出され、レアルマドリーにPKが与えられる。このPKが歴史を変えた」

 

勝永「よ~し、進め~!」

兵たち「馬印が!」

勝永「どうした?」

 

有働「戦場のあちこちで戦っていた兵士達は豊臣の馬印である千成瓢箪が城へ戻っていくのを見て動揺した。秀頼が城へ逃げ帰ったと思い込んだのである」

?有働「フィールドのあちこちで戦っていた選手達は、ロナウドが冷静にPKを決めたのを見て動揺した」

 

?丸島和洋氏によると、大野治房が秀頼の馬印を持って出陣していたという(『イエズス会日本年報』)。

?また、丸島氏は、治房が秀頼の出馬を協議するために帰城するときに軍勢そのものを反転させてしまったことが敗走しているように見えてしまい、兵士達の動揺を誘ったのではないかとしている。

?さらに、大坂城に火の手があがったことが敗北の象徴のように映って、大坂方は戦意を喪失させたのではないかとしている。

?イエズス会の宣教師は、これが勝敗を逆転させるきっかけとなったと記しているそうである。

 

?ここで問題となるのは、イエズス会宣教師による情報の信頼性だが、明石全登らキリシタンとともに宣教師も城内にいたということなので、大坂方の情報は入ってきたと思われる。ただ、情勢判断が正しかったかどうかは分からない。

?真田隊も毛利隊も夕方には壊滅しているわけだし、治房隊にしても、かなりの兵力を消耗していたと考えられるから、いずれにしても、限界だったと考えるのが妥当ではないかと思う。

 

 

大坂城内・廚
f:id:morifumikirikita319:20161221093652j:image

?音符が付いていると、楽しそうに見えるな。 


f:id:morifumikirikita319:20161221093704j:image

?この爺さんの火をつけたタイミングが絶妙だったのだろうな。

 

 

◾戦場
f:id:morifumikirikita319:20161221093720j:image

正純「大御所様… 大御所様!」

正純「城中より煙が上がっております」


f:id:morifumikirikita319:20161221094315j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161223153430j:image
有働「この最後の戦国武将は、戦には流れが変わる瞬間がある事を体で知っていた」

?有働「この歴戦の名プレイヤーは、ゲームには流れが変わる瞬間がある事を体で知っていた」

 

?有働「こいつらは、決してそれを逃さない」
f:id:morifumikirikita319:20161221093754j:image
 家康「好機じゃ」

?ジダン「チャンスデース」


f:id:morifumikirikita319:20161222232704j:image

家康「陣を立て直せ~!」

?ジダン「陣を立て直すデース」

 

有働「徳川軍の反撃が始まった」

?有働「試合は延長戦にもつれ込み、レアルマドリーの反撃が始まった」

 

有働「井伊直孝隊と藤堂高虎隊が真田隊に襲いかかった」

?有働「ロナウドベンゼマアントラーズに襲いかかった」

 

秀忠「風向きが変わった!」

?カゼミロ「風向きが変わった!」

秀忠「我らも行くぞ!」

?カゼミロ「我らも行くぞ!」

f:id:morifumikirikita319:20161221094334j:image
 

幸村「秀頼公はまだか~! 秀頼公は!」

?この幸村は察しが悪いな。何かあったと思うだろう、普通は。

 

 

大坂城内・秀頼

f:id:morifumikirikita319:20161221123114j:image

大助「皆、秀頼公のご出馬を待っておりまする!」

大蔵卿「与左衛門は左衛門佐に斬られたと申しておる」

佐助「与左衛門!あの男は徳川と通じていることを知られ自害!」


f:id:morifumikirikita319:20161221123130j:image

佐助「寝返ったのは与左衛門の方でございます!」

 

家臣「廚から火の手が上がりました!」

大蔵卿「すぐ消し止めよ!」

家臣「はっ!」


f:id:morifumikirikita319:20161221123240j:image

 

治長「直ちにご出馬を。今こそ、その時」

治長「兵たちの士気も上がり必ず勝ちまする!」

秀頼「あい分かった!」

 

家臣「一大事でございます!」

秀頼「何があった?」


f:id:morifumikirikita319:20161221120431j:image

家臣「殿様のお馬印が戻ってきた事で、負け戦と思い込んだ雑兵どもが逃げ出しております!」


f:id:morifumikirikita319:20161221120348j:image

治長「なぜ持ってきた~!」

?視聴者「お前が言ったからだろ!」


f:id:morifumikirikita319:20161221120546j:image
秀頼「まだ負けた訳ではない」

秀頼「私は今から出馬する。皆にそう伝えよ!」

家臣「はっ!」

 

家臣「真田勢、敵に押し返され退きました!」

家臣「毛利勢も苦戦の様子!」

治長「何だと…」


f:id:morifumikirikita319:20161221120407j:image

治長(秀頼に)「どうやら、流れが変わったようです」

?視聴者「お前のせいだろ!」


f:id:morifumikirikita319:20161221123200j:image

?有働「ロナウド、ゴーーーーール!」


f:id:morifumikirikita319:20161221123210j:image

?有働「ロナウドハットトリック!」

 

 


f:id:morifumikirikita319:20161221131323j:image

?有働「サポーターが天を仰いでます」

 

 

◾戦場・幸村

f:id:morifumikirikita319:20161221125343j:image

 

 

f:id:morifumikirikita319:20161221123327j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221123337j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221123349j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221123358j:image

?あるある。

 

 

大坂城内・秀頼 
f:id:morifumikirikita319:20161221123417j:image

秀頼「これより討って出る」

大蔵卿「殿!」

秀頼「私とて太閤の息子である。おめおめと城の中で腹を切るなど真っ平じゃ」

秀頼「修理ついてまいれ」

 

茶々「なりませぬ」
f:id:morifumikirikita319:20161221134813j:image

秀頼「母上…」

秀頼「どいて下さい」

茶々「城から出る事はならぬ!」

秀頼「武士らしく死なせて下さい」

茶々「死んではならぬ。生きる手だてはまだあります!」

秀頼「もはや勝つ見込みなど…」

茶々「勝てと言ってはおらぬ!」

茶々「生きよと言うておる」

茶々「母に生き延びるための策があります」

茶々「望みを捨てなかった者のみに道は開けるのです」

?思いっ切り、幸村の受け売りやん。

?秀頼「どっかで聞いたことがあるなあ」


f:id:morifumikirikita319:20161221130422j:image

茶々「恐れる事はありません」

?幸村が変に期待を持たせた結果、秀頼ついに出馬ならず。どちらにしても、もう遅いけどね。

?これだけ主人公のやることなすことが全部裏目に出るというドラマも珍しいな。

 

 

大坂城内・千姫

f:id:morifumikirikita319:20161221130437j:image

きり「千姫様!」

きり「急いで!」


f:id:morifumikirikita319:20161221131354j:image

きり「姫様!」

きり「あなた様に大坂城の全てが懸かっているんです!」

?可愛くうなずく千姫。

?もう遅いけどね。

 

 

大坂城内・高梨内記
f:id:morifumikirikita319:20161221133029j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221130501j:image

内記「若は、秀頼公のおそばへ!」

大助「内記も参れ!」

内記「わしは、ここで敵を防ぎまする」

大助「内記…」

内記「早く行かれよ!」


f:id:morifumikirikita319:20161221192938j:image

 

 

f:id:morifumikirikita319:20161221133926j:image

?ぶすり。 


f:id:morifumikirikita319:20161221134003j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221133010j:image

高梨内記討死

 

?長さん「やはり、真田関係者は最期の見せ場をちゃんと作ってもらえますな」

?又兵衛「そんなもんか?」

?塙ちゃん「所詮、我々中途採用組の扱いはあんなもんすよ」

?木村クン「世の中、きびしいすね」

?又兵衛「そんなもんか~!」

?勝永「俺、今どこにいるんだろ?」

?ミサスキー「あ~めん」

 

 

大坂城内・堀田作兵衛

f:id:morifumikirikita319:20161221131639j:image

?時代劇ファンタジー。 


f:id:morifumikirikita319:20161221134105j:image



f:id:morifumikirikita319:20161221131458j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221133207j:image


 
f:id:morifumikirikita319:20161221131511j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221131521j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221131539j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221131549j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161224144347j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221131602j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221135439j:image

堀田作兵衛討死

 

?えーと、作兵衛は徒だったから、茶臼山の南から大坂城まで走って帰ってきたのかな?わざわざ自分で耕した畑で死ぬ場面のために。時間的には幸村が死んだ後かもな。 

 

 

◾戦場・千姫ときり

f:id:morifumikirikita319:20161221210518j:image

?とりあえず、千姫かわいい。


f:id:morifumikirikita319:20161224172318j:image

?時代劇ファンタジー。

f:id:morifumikirikita319:20161221134915j:image

?戦場を駆け抜ける幸村を見つめるきり

 


f:id:morifumikirikita319:20161221134925j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221151907j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221180156j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221151926j:image

 

 

◾家康

f:id:morifumikirikita319:20161221151941j:image

?時代劇ファンタジー。

f:id:morifumikirikita319:20161221151847j:image

家康「なんじゃ?」

正純「真田でございます」


f:id:morifumikirikita319:20161221152113j:image

家康「またか!」


f:id:morifumikirikita319:20161221152037j:image

家康「あれは左衛門佐…」


f:id:morifumikirikita319:20161221152056j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221182112j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221182137j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221182203j:image

?ここ、一瞬よく分からなかったんですけど、外しちゃったの? 

?外しちゃってるわ。これが幸村の人生を象徴しておるな。


f:id:morifumikirikita319:20161221182226j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221182303j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221152201j:image

家康「手を出すな!」

?あるある。


f:id:morifumikirikita319:20161221183127j:image
家康「殺したいなら、殺すがよい」


f:id:morifumikirikita319:20161221152215j:image

家康「されど、わしを殺したところで何も変わらん」

家康「徳川の世は既に盤石!」

家康「豊臣の天下には戻らん!」

 
f:id:morifumikirikita319:20161221180235j:image

家康「戦で雌雄を決する世は終わった!」


f:id:morifumikirikita319:20161221152245j:image

家康「お主のような、戦でしか己の生きた証しを示せぬような手合いは、生きていくところなど、どこにもないわ!」


f:id:morifumikirikita319:20161221152301j:image

幸村「そのような事は百も承知~!」


f:id:morifumikirikita319:20161221183220j:image

幸村「されど、私はお前を討ち果たさねばならぬのだ!」


f:id:morifumikirikita319:20161221183236j:image

幸村「我が父のため!」

幸村「我が友のため!」


f:id:morifumikirikita319:20161221183254j:image

幸村「先に死んでいった愛する者たちのために!」


f:id:morifumikirikita319:20161221183319j:image

?この語りの場面は余分だよなあ。言わずもがなだよなあ。


f:id:morifumikirikita319:20161221174707j:image

?あと、やっぱりちょっと違うと思う。そういうことではないと思う。


f:id:morifumikirikita319:20161221174726j:image

?とっとと殺ってしまえば良かったのに。最後まで詰めが甘い幸村でした。


f:id:morifumikirikita319:20161221174802j:image

秀忠「父上!」

?あるある。


f:id:morifumikirikita319:20161221192739j:image

秀忠「お助けに参じました!」

?平匡「家康さん、あんな走れたんだなあ」


f:id:morifumikirikita319:20161221180329j:image

家康「遅い!」

?家康「うるさい!みくりと江と二股かけやがって!」

f:id:morifumikirikita319:20161221180344j:image

秀忠「真田左衛門佐、ここまでじゃ~!」

?平匡「運命が覆った瞬間です」


f:id:morifumikirikita319:20161221181219j:image

幸村「佐助!」

?幸村「佐助!本物の奥さんじゃないか!」

f:id:morifumikirikita319:20161221181038j:image

秀忠「放て~!」

?平匡「今更ですよ」


f:id:morifumikirikita319:20161221191418j:image

?幸村「待て、ここは応相談で、じゃないのか?」


f:id:morifumikirikita319:20161221174849j:image

?みくり「面倒を背負う必要はありません。やめるなら今です」 


f:id:morifumikirikita319:20161224172824j:image

?平匡「一度出てしまった言葉は無かったことに出来ない」 


f:id:morifumikirikita319:20161221215738j:image
?あ、よく似ているから間違えてしまったじゃないか。

f:id:morifumikirikita319:20161221185545j:image



f:id:morifumikirikita319:20161221185300j:image

?上杉景勝伊達政宗、いつから仲良しになったのだ?


f:id:morifumikirikita319:20161221191330j:image

政宗「見事な戦いぶりよ」


f:id:morifumikirikita319:20161221185346j:image

景勝「武士として生まれたからには」


f:id:morifumikirikita319:20161221190516j:image

景勝「あのように生き、あのように死にたいものだ」

?まだ死んでないよ。


f:id:morifumikirikita319:20161221185404j:image

兼続「戦は終わり申した。戻りましょう」


f:id:morifumikirikita319:20161221190537j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221190550j:image

 


f:id:morifumikirikita319:20161221192721j:image

 

?この後、すっ飛ばして、信之の場面にしても良かったのではないだろうか? あとは蛇足だったような気がする。

 

 

?さて、真田幸村
f:id:morifumikirikita319:20161221220631j:image

①力尽きるまで戦って討死

切腹

③家康に土下座して謝る

④秀頼を連れて逃亡

 

?やっぱり、①だよなあ。②は無いよなあ。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20161222072126j:image

?あ、アントラーズのエンブレムとよく似ているから間違えてしまったじゃないか。

?クラブワールドカップ・ジャパン2016決勝戦結果

鹿島アントラーズ2-4レアル・マドリード

 

 

 

 

?この記事の続き

 

 

?この記事の前

 

?関連日記

 

 


f:id:morifumikirikita319:20161222085118j:image

?乙葉「佐助の家内でございます」