森の踏切番日記

ただのグダグダな日記です/2018年4月からはマイクラ(BE)日記をつけています/スマホでのんびりしたサバイバル生活をしています/面倒くさいことは基本しませんw

サボテン式スライムトラップを考える~第3世界編(78)

スマホでマイクラ生活・第3世界編


f:id:morifumikirikita319:20181001113328j:image

 

ども、バルスことPleiades0319です。クリエイティブの世界に来ております。前回は、この砂の隠し扉を試作してみましたが、これを「石のような硬いブロックでもできないものか」とは誰もが考えることだと思います。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001113617j:image

 

手動で開けるならば、これは比較的簡単なパズルなので、すぐに思いつけます。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001113751j:image

 

こうなるわけですね。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001120256j:image

 

これは、3つのレバーを何回か操作すればできます。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001121328j:image

 

閉める手順は、開ける手順の逆ではないんですよね…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001121403j:image

 

この3つのレバーを1つのスイッチにまとめて、手順通りに一連の動作をさせることができれば自動扉になるんですが…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001120837j:image

 

どういう回路を組めばよいのか、あるいは、回路が組めないのか、さっぱり分かりましぇ~んw

これが出来れば、3×3の自動扉が作れるのですが…

ここまでは、誰でも思い付けると思うんですよね。ただ、ここからが難しい…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001122257j:image

 

レッドストーン回路の研究はまだ始めたばかりですし、この問題は寝かせておくことにしましょう。すぐに答をカンニングしてしまってはつまらないですからね。じっくり取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

サボテン式スライムトラップを考える


f:id:morifumikirikita319:20181001141528j:image

 

さて今回は、サボテン式スライムトラップの仕掛けを試作してみたいと思います。頭の中ではだいたいイメージが固まっていたんですよね。それを具体化したのがこの仕掛けです。

16×16のスライムチャンクのスペースの3辺に誘導路となる溝を掘って水を流して、1ヶ所に集めて一網打尽にするという仕掛けです。画面右の溝にはまだ水を入れていません。本番では17×17にするつもりですが、基本的には同じように出来るはずです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001141801j:image

 

スライムトラップの場合は、大きいスライムをどうやって小さくするかがポイントになると思うのですが、それをサボテンでやろうというのが、この仕掛けです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001141956j:image

 

ここでスライムボールを回収しますって、おい! 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001142412j:image

 

ったく、もう…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001142520j:image

 

こういう風にして、小スライムだけ流して、スライムボールをホッパーで回収するわけです。左のサボテンは自動回収する場合に使います。経験値トラップにする場合は必要ありません。素手でボコっていきます。

 



f:id:morifumikirikita319:20181001143359j:image

 

何回か実験した結果、ここにもホッパーがあった方がよいことが分かりました。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001143216j:image

 

サボテンの裏は空けています。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001143555j:image

 

上を空けておいて、上からボコります。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001143716j:image

 

小さいスライムでも1ブロックは上れるのでトラップドアを付けておきます。遮光する必要がないから、トウヒよりもアカシアのトラップドアの方がよいかな…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001143928j:image

 

ここから素手でボコります。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001144257j:image

 

誘導路は、こんな感じです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001144826j:image

 

ここで曲がって、サボテンゲートで大きいスライムにダメージを与えて小さくするわけです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001144948j:image

 

回収装置から見て左右の誘導路は、こうなっています。スライムチャンクの1辺が16ですから、床と同じ高さに1ブロック、1段掘り下げて7ブロック、さらに1段掘り下げて8ブロックの溝を幅3ブロックで作ります。奥に1ブロック空けた凹みに水ブロックを置きます。

※1辺を17にする場合は、床と同じ高さを2ブロックにすればよいです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001150114j:image

 

正面から見ると、こんな感じです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001145617j:image

 

回収装置から見て手前の誘導路はこのようになっています。左右の誘導路からさらに1段掘り下げてから、上のように凹の字形を残して、さらにもう1段掘り下げます。こうすると、サボテンを植える位置に水が流れません。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001150054j:image

 

正面から見ると、こんな感じです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001150223j:image

 

最後に回収装置へ導く誘導路をさらにもう1段掘り下げます。幅2ブロック、長さ8ブロックです。つまり、出口からは5ブロックの長さになります。中スライムが流れないように、出口の上は塞いでおきます。左右の誘導路の終点の中央に砂ブロックを置いて、その上にサボテンを3ブロックの高さで植えます。

※1辺を17ブロックにする場合は、回収装置へ導く誘導路の幅は3ブロックになります。

 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001151152j:image

 

ここで水流のおさらいですが、水流は水源から7ブロックまで流れます。つまり、水源を含めると8ブロックになります。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001151311j:image

 

1ブロック掘り下げた水路を作って、水流の終点の下のブロックを取り除くと…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001151409j:image

 

水流はさらに7ブロック延長されます。つまり、上の段は7ブロックの長さで下の段は8ブロックの長さの水路ができます。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001151617j:image

 

上の段の水路の長さを短くした場合…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001151708j:image

 

下の段の水路の長さは変わりません。つまり、水路の長さは上の段で調節できるわけです。

 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001152031j:image

 

では、水を入れてみましょう。

壁の凹んだ部分に水を置きます。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001152129j:image

 

こんな感じです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001171918j:image

 

ここにも水を置きます。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001152208j:image

 

こんな感じです。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001152431j:image

 

これで誘導路が完成しました。

 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001152552j:image

 

実験を重ねた結果、上のサボテンは必要ないという結論が出ました。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001153458j:image

 

では、再実験です。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001153607j:image

 

順調ですね…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001153717j:image

 

中スライムもダメージを受けますね…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001153842j:image

 

ここで昇天する小スライムも案外多いなあ…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001154043j:image

 

まあ、流れてくる小スライムも多いか…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001152822j:image

 

サボテンの上に石を置いてと…

この形を採用しましょう。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001160056j:image

 

これでオッケーかな?

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001160202j:image

 

回収装置は改善の余地があるかな…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001163311j:image

 

湧き潰しの照明は、こんな感じかな…

スライムチャンクの y=39 までの高さがスライムが湧く高さだと言われているので、高さ3のスライムの湧き層が7層は作れます。

 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001163829j:image

 

順調、順調♪

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001163911j:image

 

トラップドアを付ける向きを変えて、自動回収用のサボテンを外しました。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001164024j:image

 

本番でもこれくらい湧いて欲しいなあ…

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001164104j:image

 

トラップドアは片方だけ開けて、上から素手でボコるとよいと思います。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001164156j:image

 

数が少ないときは、両方開けるとよいと思います。

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001164309j:image

 

本番では最終誘導路の幅を3にするつもりなので、ここの形状は少し変わるかな…

 

 

 


f:id:morifumikirikita319:20181001164611j:image

 

サバイバルの世界に戻ってきました。この湧き層を最下層(第1層)にしようと思いますが、床の高さが y=15 なので1段掘り下げて y=14 にします。そうすると、第7層の床の高さは y=38 になります。チェストを置く高さは y=8 になります。危険だ…

湧き層の広さは17×17にします。最終誘導路の幅は3になります。手順としては、第1層を作り直してから誘導路と回収場所を作ったあとで、順次湧き層を増やしていくことになります。しばらくはこの作業に時間を取られることになりそうです。

 

 

 

⛏️スライムチャンクについては、こちらをご覧下さい

 

 

 

 

⛏️追記~サボテン式スライムトラップを改良しました

 

※サボテンゲートに小スライムが当たった場合、ドロップしたスライムボールがサボテンに当たると消えてしまうという問題点があることが分かったので改善しました。